CHARACTER
  • 紗崎玲奈(ささき・れな/26)…北川景子
    探偵の探偵。最愛の妹がストーカーに殺害され、そのきっかけを作った悪徳探偵=死神を見つけ出すために、自ら探偵となった。PIスクール(養成所)での2年間の修行を経て、中堅調査会社のスマ・リサーチ社に入社。社長の須磨とともに、悪徳探偵業者を調査・追及する「対探偵課」を新設。たったひとりの調査員として、対探偵課を切り盛りしてきた。冷静沈着で頭脳明晰、抜群の記憶力の持ち主。身体能力も高く、護身術にも長けている。
  • 峰森琴葉(みねもり・ことは/22)…川口春奈
    「対探偵課」の新人。就職活動がうまくいかず、たまたま目にした求人広告から軽い気持ちでスマ・リサーチ社に応募した。探偵業に対して「知的な仕事」というイメージを持っていたが、初仕事で玲奈が暴力沙汰に巻き込まれるのを目の当たりにして以来、危険と隣り合わせの仕事に嫌気がさすことも。反面、勉強熱心で素直な性格のため、探偵の仕事の飲み込みは悪くない。玲奈と社員寮で同居するうち、玲奈を姉のように慕い力になりたいと思うが…。
  • 窪塚悠馬(くぼづか・ゆうま/31)…三浦貴大
    警視庁捜査一課の刑事。ノンキャリア組の警部補。寡黙だが、強い信念を持った正義漢で、正しいと信じることは組織の意思に反しても貫き通す。最愛の妻を亡くし、8歳になるひとり娘がいるが、多忙なため実家の母に預けがちになっている。「警察は刑事、探偵は民事」という区別から、事件捜査に探偵が介入することに嫌悪感を抱いている。のちに玲奈の過去を知り、その境遇に同情にも似た共感を覚えるように…。
  • 桐嶋颯太(きりしま・そうた/29)…DEAN FUJIOKA
    スマ・リサーチ社「探偵課」の探偵。玲奈も卒業したPIスクール(養成所)の1期生。人当たりが良くスマートな立ち振る舞いは、一見、探偵らしくないが、実際その能力は高い。「対探偵課」で孤軍奮闘してきた玲奈を見守り、サポートすることも。理性的な現実主義者だが、個人行動を好み本心も見せないため謎も多い。
  • 土井修三(どい・しゅうぞう/52)…伊藤正之
    スマ・リサーチ社「探偵課」の課長。探偵業法が施行されて以降のコンプライアンスに敏感で、事件やトラブルに巻き込まれることを嫌う。秘密裡な個人行動が多い部下の桐嶋とは反りが合わず、衝突することも。社長の須磨には逆らえないと思っている。
  • 佐伯祐司(さえき・ゆうじ/38)…六角慎司
    スマ・リサーチ社「探偵課」の探偵。デジタル系の最新技術に詳しく、データや映像の解析を得意とする。実は「対探偵課」に対して偏見はないが、気の強い涼子に合わせて嫌いな振りをしている。
  • 伊根涼子(いね・りょうこ/25)…高山侑子
    スマ・リサーチ社「探偵課」の探偵で、主に盗難車の捜索や所在調査を担当する。違法行為ギリギリの調査活動をする「対探偵課」の玲奈を嫌悪し、何かにつけてクレームを付ける。
  • 長谷部憲保(はせべ・のりやす/27)…渋谷謙人
    警視庁捜査一課の刑事。薬学部出身。窪塚の後輩で、組織のやり方に反発する窪塚をなだめようと努める。一方で、信念を貫く窪塚を尊敬もしていて、次第に影響を受けるように。
  • 船瀬卓(ふなせ・たく/48)…阪田マサノブ
    警視庁捜査一課の主任。坂東の部下で、その指示にはすべて従うが、内心では疑問に感じることもあるため、窪塚の気持ちも理解する。直観力が鋭く、刑事としても優秀。
  • 紗崎咲良(ささき・さくら)…芳根京子
    5年前、高校3年生だった時に殺害された玲奈の妹。ストーカーから逃れるために親戚の家に身を寄せ、学校も変わったが、ある探偵からもたらせた情報により、ストーカーの手にかかる。玲奈は、殺害のきっかけを与えた悪徳探偵を追い続けている。
  • 坂東志郎(ばんどう・しろう/51)…相島一之
    警視庁捜査一課の係長。組織の力学を重んじる現実主義者で、上層部が決めた方針には逆らわない。ことある度に反発してくる部下の窪塚を諫めることが多いが、腹の中では自分なりの行動指針を持っているくせ者。スマ・リサーチ社に対して何らかの因縁があるが…。
  • 織田彩音(おだ・あやね/28)…中村ゆり
    琴葉が敬愛する姉。織田哲哉との結婚を機に、琴葉と暮らした家を出た。普段は優しく家族思いの優しい姉で、琴葉と違いひとりで何でもできてしまうしっかり者。その反面自分の価値観にないものに対して厳しい一面もあり、琴葉がスマ・リサーチ社に入ったことを快く思っていない。
  • 阿比留佳則(あびる・よしのり/42)…ユースケ・サンタマリア
    阿比留綜合探偵社社長。大手の中でもリーダー格の阿比留探偵社は、警察からの信頼も厚く、警察への捜査協力を積極的に行う。阿比留は、そのことで名前を売り、マスコミに登場することも好む、自己顕示欲の塊のような男。大勢の刑事たちを前にした気取ったプレゼンテーションで、事件に対する見解を述べたり、知識を披露するのが好み。自分に反感を持つ者を察知する能力も高く、邪魔な存在は排除しようとする。玲奈の過去についても知っているようで…。
  • 矢吹洋子(やぶき・ようこ/43)…高岡早紀
    大学附属病院に勤務する医師で、愛知県警の嘱託医も務める。5年前、殺害された咲良のDNA鑑定を担当した。ある日、玲奈の前に現れ、衝撃の事実を告げる。
  • 須磨康臣(すま・やすおみ/42)…井浦新
    かつては優秀な探偵で、現在は、中堅調査会社、スマ・リサーチ社の社長を務める。副業として、PIスクール(養成所)を運営している。探偵業について独自の価値観を持つとともに、どこよりも早く「探偵業法」に基づいた健全な会社運営をしようと心がける、堅実なビジネスマンでもある。一方で、「探偵の行動はすべて自己責任によるもの」との考えを持ち、玲奈が窮地に陥ろうとも介入はしない。自らの過去にまつわる闇を抱え、そのことが玲奈に「対探偵課」を任せた理由のひとつであるようなのだが…。