トピックス

ライブ配信

組合せ抽選会のライブ配信は全て終了いたしました。
当日の動画は「スペシャル動画」ページに掲載されています。

春高バレーとは

  • 高校生バレーボールの日本一を競う大会。
    47都道府県の予選を勝ち抜いた男女各52校、計104校が日本一を目指して熱戦を繰り広げます!
    1970年から、春の風物詩として多くのバレーボールファンに愛されてきた『全国高等学校バレーボール選抜優勝大会』(通称:春の高校バレー)は、2010年3月でその41回の歴史に幕を下ろしました。
    そして2011年、それまでは夏の全国高等学校総合体育大会(高校総体・インターハイ)に冠されていた『全日本バレーボール高等学校選手権大会』のタイトルを引き継ぎ、親しまれた通称はそのままに、1月開催の新しい『春の高校バレー』として新たなスタートを踏み出しました。

    • 2010年3月まで 2011年1月から
      大会の正式名称 全国高等学校バレーボール
      選抜優勝大会
      全日本バレーボール高等学校選手権大会
      通称 春の高校バレー 春の高校バレー
      開催時期 3月下旬 1月上旬
      会場 代々木競技場第一体育館 東京体育館
      ※65回大会はさいたまスーパーアリーナ
      出場校数 男女各52校 計104校
      ※38回大会は開催地変更により106校出場
      男女各52校 計104校
      出場できる学年 1・2年生 1・2・3年生
      記録 第1回~41回まで 2009年8月開催の62回全日本バレーボール高等学校選手権大会までの記録を引き継ぐ。
      ※出場校数・優勝回数のカウントは6人制バレーボールとなった第16回以降の記録を対象としている。選抜優勝大会時の出場回数・優勝回数は含めない。
      歴代優勝校・
      準優勝校
      優勝校リスト(全国高等学校バレーボール選抜優勝大会)pdf 優勝校リスト(全日本バレーボール高等学校選手権大会)pdf

    過去の大会とのちがい

過去の大会