アルガルベカップ2017 inポルトガル W杯、オリンピックに次ぐ 女子サッカーの世界大会!!3月1日(水) 開幕!

なでしこジャパン 全4試合をフジテレビ系列にて 全国生中継!(一部地域除く)

  • アルガルベカップとは
  • 注目選手
  • アルガルベカップ2017 メンバー23選手
  • なでしこジャパン 試合結果
  • グループステージ順位表
  • フジテレビこサッカー公式Twitter @cxfootball

データ放送プレゼント企画

新ゲーム「リフティングゲーム」に参加して
ボールを高く蹴れば蹴るほど、素敵なプレゼントが当たる!
※全4試合を通してのプレゼントになります

  • 金賞 なでしこジャパンサイン入りユニフォーム
  • 銀賞 試合で使用したボール
  1. 1

    試合中にリモコンのdボタンを押してデータ放送画面を表示させます。

  2. 2

    データ放送画面内の「プレゼント」ボタンを押してゲームに参加します。
    ※ハーフタイム以降に参加可能

  3. 3

    ゲームをクリアすると応募に必要なキーワードが表示されます。
    ※締め切りは3月9日(木)の23:59となります

応募は締め切りました

放送日程

3月1日(水)23時30分〜25時40分

日本 日本 × スペイン スペイン

会場:ベラヴィスタスタジアム

  • 解説:佐々木則夫
  • 実況:西岡孝洋アナウンサー
  • リポーター:日々野真理

3月3日(金)23時30分〜25時40分

日本 日本 × アイスランド アイスランド

会場:ベラヴィスタスタジアム

  • 解説:加藤與惠・岩清水梓
  • 実況:渡辺和洋アナウンサー
  • リポーター:日々野真理

3月6日(月)23時30分〜25時40分

日本 日本 × ノルウェー ノルウェー

会場:アルガルベスタジアム

  • 解説:佐々木則夫
  • 実況:福永一茂アナウンサー
  • リポーター:日々野真理

3月8日(水)23時30分〜25時40分

順位決定戦

日本 日本 × オランダ オランダ

会場:アルガルベスタジアム

  • 解説:加藤與惠・岩清水梓
  • 実況:西岡孝洋アナウンサー
  • リポーター:日々野真理

アルガルベカップとは

ポルトガル南部のアルガルベ地方で開催され、W杯やオリンピックに次ぐ国際大会と言われている。1994年から開催されているこの大会に 日本は2011年第18回大会から出場。最高成績は2012年と2014年の準優勝。

なでしこジャパンにとって今大会は2016年4月に就任した高倉麻子新監督体制での初の国際大会。2011年W杯で頂点に輝いたなでしこジャパンが、2019年フランスW杯で再び、そして、2020年東京オリンピックで五輪初の世界一を取るためにまさにこのアルガルベカップが、新たなスタートとなる。

今大会では、これまで世界と渡り合ってきたメンバーに加え、去年11月のU-20女子W杯で世界3位に輝いたメンバーから、FW籾木結花、MF長谷川唯、DF北川ひかるの3名が招集。若手の逸材へ、高倉監督が寄せる期待も大きい!

12カ国を3グループに分けて優勝を争うこの大会。近年急成長を遂げているスペイン、前回大会3位のアイスランド、そして過去4度の優勝を誇る北欧の強豪ノルウェーと同じグループのなでしこジャパン。世界を相手に新生なでしこジャパンがどのようなプレーを見せてくれるのか注目!

注目選手

DF4 熊谷紗希 KUMAGAI Saki 新キャプテン

26歳 リヨン (フランス)
代表通算:81試合 / 0得点
W杯・オリンピック出場歴:’11ドイツW杯 ’12ロンドン五輪 ’15カナダW杯

10代からなでしこジャパンのレギュラーに定着。フル代表での初めての世界大会だった2011年のW杯では20歳ながら落ち着きと力強い守備で世界と渡り合い、決勝では最後のPKを決め世界一に。

その後ドイツ、フランスと海外でプレー。2013年から所属するフランスの強豪リヨンでは昨季リーグ10連覇とチャンピオンズリーグ優勝を達成。決勝戦ではMVPに選出。

今年高倉監督からなでしこジャパンの「新キャプテン」に指名された。キャプテンとしてどのようにチームをまとめ、引っ張っていくのかに注目!

MF10 阪口夢穂 SAKAGUCHI Mizuho

29歳 日テレ・ベレーザ
代表通算:103試合 / 28得点
W杯・オリンピック出場歴:’11ドイツW杯 ’12ロンドン五輪 ’15カナダW杯

阪口夢穂

10代の頃はFWとしてプレー。2008年北京オリンピック前に、ボランチで起用され始めると攻守のバランスを上手く取り、澤穂希の相棒として、2011年のW杯優勝に大きく貢献。

豊富な運動量で中盤から攻め上がり、決定機にも多く絡む。2014年にはベレーザでチーム最多得点(13ゴール)。2015・2016年と2年連続なでしこリーグのMVPに輝いた。

新生なでしこジャパンでは澤穂希が背負ったエースナンバー「10」を託されている。

DF21 北川ひかる KITAGAWA Hikaru

19歳 浦和レッズレディース
代表通算:0試合/0得点
主な世代別代表成績:’14 U-17W杯優勝 ’16 U-20W杯3位

北川ひかる

世代別代表では高倉監督の下で常にレギュラーとして活躍し世界一も経験。今年1月の国内合宿で、なでしこジャパンに初選出。

武器は守備での1対1とヘディングの競り合いの強さ。さらに超攻撃的サイドバックとして積極的に攻撃参加。2016年なでしこリーグでは、ディフェンダーながらチーム最多得点を記録(3ゴール)。憧れとする選手はマルセロ(レアルマドリード)。

なでしこジャパンとして出場する初めての国際大会で持ち前の怪我を恐れない激しいプレーと高い得点力でスタメン奪取を狙う!

FW22 籾木結花 MOMIKI Yuka

20歳 日テレ・ベレーザ
代表通算:0試合/0得点
主な世代別代表成績:’12 U-17W杯ベスト8 ’16 U-20W杯3位

籾木結花

2016年U-20W杯を戦った“ヤングなでしこ”の中心選手として大会4得点を挙げ3位に貢献。

日テレ・ベレーザに所属しながら、慶応義塾大学に通う現役女子大生でもある。15歳でなでしこリーグデビューすると、すぐさま初ゴールを奪った「神童」。2016年から20歳ながらエースナンバー「10」を託され、7得点でチームの優勝に貢献、ベストイレブンにも選出された。

憧れの選手は、同じ左利きのメッシ(バルセロナ)。

FW11 岩渕真奈 IWABUCHI Mana

23歳 バイエルン ミュンヘン(ドイツ)
代表通算:37試合/8得点
W杯・オリンピック出場歴:’11ドイツW杯 ’12ロンドン五輪 ’15カナダW杯

岩渕真奈

2008年U-17W杯で3試合出場2得点を挙げる大活躍でMVPに輝いた。その後、16歳という若さでなでしこジャパンデビューを果たし、若くして世界の主要大会を経験してきた。

2013年からは、ドイツでプレー。武器であるドリブルに磨きをかけ、昨年のリオオリンピックアジア最終予選では、全5試合出場3得点を挙げ、チーム最多得点を記録。

怪我に悩まされる時期も多く、天才と言われながらも思うようなプレーができない日々も続いた。今大会で真のエースになることができるか、 大きな期待がかかる。

監督

なでしこジャパン 高倉麻子 TAKAKURA Asako

高倉麻子監督

2016年4月 なでしこジャパン初の女性監督として就任した高倉麻子氏。育成世代の監督として、アンダーカテゴリーのアジア大会で2度、W杯でも1度優勝に導いたことがある。(2013年AFC U-16女子選手権中国、2014年FIFA U-17女子W杯コスタリカ、2015年AFC U-19女子選手権中国)

現役時代は読売サッカークラブ ベレーザ(現:日テレ・ベレーザ)やアメリカなどでプレー。代表として79試合出場30得点を記録。司令塔としてチームをけん引。アルガルベカップではいまだ優勝を成し遂げられていない、なでしこジャパン。育成世代で数々の結果を残してきた高倉監督が、初優勝を狙う!

アルガルベカップ2017 メンバー23選手

GK

  • 1
    山根 恵里奈
    ジェフユナイテッド市原・千葉レディース
  • 12
    山下 杏也加
    日テレ・ベレーザ
  • 23
    池田 咲紀子
    浦和レッズレディース

DF

  • 3
    鮫島 彩
    INAC神戸レオネッサ
  • 2
    有吉 佐織
    日テレ・ベレーザ
  • 5
    川村 優理
    アルビレックス新潟レディース
  • 4
    熊谷 紗希
    リヨン(フランス) ※キャプテン
  • 18
    中村 楓
    アルビレックス新潟レディース
  • 15
    高木 ひかり
    ノジマステラ神奈川相模原
  • 21
    北川 ひかる
    浦和レッズレディース

MF

  • 10
    阪口 夢穂
    日テレ・ベレーザ
  • 6
    宇津木 瑠美
    シアトル レイン(アメリカ)
  • 7
    中島 依美
    INAC神戸レオネッサ
  • 19
    佐々木 繭
    ベガルタ仙台レディース
  • 8
    千葉 園子
    ASハリマアルビオン
  • 14
    中里 優
    日テレ・ベレーザ
  • 17
    長谷川 唯
    日テレ・ベレーザ

FW

  • 9
    菅澤 優衣香
    浦和レッズレディース
  • 11
    岩渕 真奈
    バイエルン ミュンヘン(ドイツ)
  • 20
    横山 久美
    長野パルセイロレディース
  • 16
    田中 美南
    日テレ・ベレーザ
  • 13
    増矢 理花
    INAC神戸レオネッサ
  • 22
    籾木 結花
    日テレ・ベレーザ

なでしこジャパン 試合結果

第1戦 3月1日(水)

日本 1-2 スペイン
後半35分 20横山   後半14分 15メセゲル
後半26分 17オルガ

第2戦 3月3日(金)

日本 2-0 アイスランド
前半11分 長谷川
前半15分 長谷川
   

第3戦 3月6日(月)

ノルウェー 0-2 日本
    後半14分 横山
後半44分 横山

順位決定戦 3月8日(水)

(6位) 日本 2-3 オランダ (5位)
前半19分 横山
後半32分 オウンゴール
  前半13分 デッケル
前半18分 マルテンス
後半45+2分 ミーデマ

グループステージ 順位表

2017年3月7日更新

グループA

順位 国名 勝点 得点 失点 得失
1 カナダ(4)

カナダ

7 2 1 0 3 1 +2
2 デンマーク(15)

デンマーク

6 2 0 1 12 2 +10
3 ロシア(23)

ロシア

3 1 0 2 3 8 -5
4 ポルトガル(38)

ポルトガル

1 0 1 2 0 7 -7

グループB

順位 国名 勝点 得点 失点 得失
1 スペイン(14)

スペイン

7 2 1 0 5 1 +4
2 日本(7)

日本

6 2 0 1 5 2 +3
3 アイスランド(20)

アイスランド

2 0 2 1 1 3 -2
4 ノルウェー(11)

ノルウェー

1 0 1 2 1 6 -5

グループC

順位 国名 勝点 得点 失点 得失
1 オーストラリア(6)

オーストラリア

6 2 0 1 5 4 +1
2 オランダ(12)

オランダ

6 2 0 1 4 3 +1
3 スウェーデン(8)

スウェーデン

4 1 1 1 1 1 0
4 中国(13)

中国

1 0 1 2 1 3 -2

※() 内は12月23日現在のFIFAランキング