【地上波放送スケジュール】4月22日(土)全国ネット:午後3:30〜4:25、4月23日(日)関東ローカル:午後1:00〜1:35、全国ネット:午後1:35〜3:00

あの女子プロに密着!ギャラリー気分でライブ観戦しよう!3日間18ホール注目組を無料配信!

スポット動画

15秒バージョン

60秒バージョン

スペシャル動画 選手たち
                        の意気込みやハイライト動画を続々と

注目ポイント!! 今年の川奈は見どころたっぷり!!

  • これぞ、世界の名コース!

  • 豪快な打ち下ろし 海沿いの16H

  • 戦いの舞台となるのは「世界のゴルフ場ベスト100」にも選出されている川奈ホテルゴルフコース・富士コースです。太平洋に面し自然の地形を生かして雄大に作られたこの川奈は、ほとんどのホールで海と選手を同時に見ることができます。また、その美しさとは裏腹に、波打つフェアウェイや気まぐれな風、あごの高いアリソンバンカーといった厳しさも併せ持ちます。そんな川奈の「美しさ」と「過酷さ」、また、「雄大さ」と、わずかなミスでと大トラブルを招く「繊細さ」といった川奈の魅力をたっぷりお伝えします!

  • ドラマティック川奈

  • 2016年 大山志保が劇的な逆転優勝

  • 終盤に特に厳しいホールが待ち受ける川奈では、これまでも最後まで予測不能な激しい戦いが繰り広げられてきました。2015年は、最終組が18番グリーンに来た時点で6人がトップに並ぶ大混戦、最後はグリーンの狭いサイドを果敢に狙った藤田光里がバーディーを奪い初優勝。また去年は、18番で大山志保がピンそば1mにつけるスーパーショットでバーディーを奪うと、最終組のアン ソンジュはアリソンバンカーにつかまりまさかのダブルボギー、大逆転劇が起こりました。

    小さな砲台グリーンを外せばがけ下まで落ちていく17番、海風の影響と、海に浮かんだように錯覚するグリーンが距離感をつかみづらい15番、オーガスタの様な華やかな雰囲気を持ちながらティショットの落としどころが難しい上に、グリーン周りにアリソンバンカーが待ち構え、毎年難易度1位、2位を争う18番などの華やかでタフな舞台が、今年もドラマティックな戦いを演出してくれることでしょう。劇的川奈の決着の瞬間を是非LIVEでご覧ください。

  • 全18ホールをワイヤレスカメラがカバー

  • ショットの弾道がわかる「プロトレーサー」

  • 今年も地上波BSCSの3波を使い全18ホールを生中継します!特に今年は機動力に優れたワイヤレスカメラが全18ホールをカバーしますので、ピンチやチャンスを撮り逃すことなく動き回れるほか、ワイヤレスカメラならではの選手の目線に近い映像を駆使し、これまで以上に臨場感たっぷりでお届けします!また、そんなワイヤレスカメラに選手のショットの弾道が映像で表現できる「プロトレーサー」を搭載しました。難コース・川奈の風の影響を受けた、また風を計算したショットの弾道を見ることができる予定です。是非こちらもお楽しみに!!

  • 気になる優勝争いは?! 序盤6戦を終えて・・・

  • 今年も韓国をはじめとした海外勢は強く、ここまでの存在感は抜群です。しかしながら日本勢も負けてはいません。最近2戦でトップ10入り。スタジオアリス女子オープンでは6連続バーディと好調をキープしている原江里菜、更に地元静岡出身で豪快なビッグドライブが魅力の23歳渡邉彩香も2位が2回と今季初優勝まであと1歩に迫っています。
    そしてアメリカツアーに参戦中の横峯さくらも3年ぶりに川奈へ帰ってきます。フジサンケイレディスが川奈に移ってから、5度のトップ10フィニッシュを数えるなど相性の良いこの川奈でどんな戦いを見せてくれるのか?さくらスマイルに期待大です。

    • 3年ぶりの川奈 横峯さくら

    • 2016年 優勝争いをし2位となった笠りつ子

    また、昨年4月14日に発生した熊本地震を受け、被災地、そして故郷・熊本のために涙をこらえて戦い、3日間優勝争いを演じた笠りつ子も楽しみな存在です。惜しくも2位タイに終わったものの、この川奈から昨年の笠の快進撃は始まっており、昨年の悔しさを晴らすため、そして熊本のため、様々な思いの詰まったこの川奈での、笠の戦いに大注目です!

  • 解説

    戸張捷(ゼネラルプロデューサー)
    森口祐子プロ
    平瀬真由美プロ
    馬場ゆかりプロ(ラウンド解説)
  • 実況

    塩原恒夫(フジテレビアナウンサー)
    竹下陽平(フジテレビアナウンサー)
  • ラウンドリポート

    福永一茂(フジテレビアナウンサー)
    谷岡慎一(フジテレビアナウンサー)