スズキ スポーツスペシャル 2016富士山女子駅伝〜大学日本一決定戦〜

12/30(金)9時50分〜12時40分 生中継

男の箱根、女は富士山!2016富士山女子

富士山女子駅伝とは—

2013年に場所を静岡県・富士市、富士宮市に移し生まれ変わった駅伝の大学女子日本一決定戦。正式名称全日本大学女子選抜駅伝。世界遺産・富士山の麓で行われ、コースのどこからでも富士山が見える絶景コースで行われる。

4年生はこの大会で引退、またチームとしも集大成の戦いになるため学生の思いは熱く、女子大学生らしい笑顔や涙がとても多い大会。

レースは7区間43.4kmで争われ、90mもの下り(2区)や166mもの急激な登り(7区)、また、3.3km(3区)から10.5km(5区)まで高低長短入り混じった個性豊かな区間編成となるため、見ている方は面白い反面、非常に苛酷で真の実力が問われる。ちなみに166mはビルの約50階にも匹敵する。出場は全21チーム。過去4年は立命館大が4連覇。2015年大会から毎年12月30日に開催されることになった。

富士山女子駅伝の楽しみ方~誰でも楽しめる6つのポイント~

注目校紹介&全出場チームの目標 今年の注目校は?

ココに注目!見どころ満載!番組の注目ポイントは?

15秒Ver

30秒Ver

  • 元女王の意地か?新女王か?戦国時代突入!

    昨年、10月の杜の都では絶対女王だった立命館大に地方の星・松山大が土をつけましたが、12月の富士山では立命館大がリベンジを果たしました。しかし今年になって10月の杜の都では、今度は名古屋の名城大が、その立命館大も松山大も破り新たな女王となりました。大学女子駅伝は、まさに百花繚乱入り乱れ戦国時代に突入です!

    '17全日本大学女子駅伝優勝 名城大学

    百花繚乱入り乱れ戦国時代 出場校タスキ

  • 気になる女王候補たち

    杜の都で新女王に輝いた名城大は、昨年富士山を走った選手が全員残っている上に、スーパールーキー1年生の加世田梨花を迎え、今もっとも勢いがあります。対抗する松山大はエース・高見澤安珠(4年)がケガのためやや出遅れていますが、しかしそこは50日間を超える合宿や、地道な雑草魂で日本一を勝ち取ってきたチーム、最後の最後にどんな意地を見せるか楽しみです。立命館大も5000m現役大学生最速ランナー佐藤成葉(2年)を中心に据え、幾多の修羅場を潜り抜けた常勝のDNAを引き継ぐ選手たちが多くいるのは魅力的ですが、それよりも杜の都での口惜しさを胸に、生まれ変わるべく苦しみ、そして一丸となり努力する姿が新たな成長を生み出しそうです。関東の強豪・大東文化大も初めての栄冠に向けて意気込みます。成長著しいエースの関谷夏希(2年)を中心に、杜の都で2位に入った実力は3強から見ても要注意な存在。さらには16年ぶりに関西大学女子駅伝を制した京都産業大も棚池穂乃香を中心にスピードランナーをそろえ、上位に割って入る可能性十分です。

    名城大学

    松山大学

  • 駅伝の難しさとは・・・

    「流れを変えろ!絶対エース」

    日本インカレの長距離種目である5000m、10000mの入賞者の中に、同じ大学で重複する選手が1人もいません。つまり現在、特定の大学に戦力が偏ってはいない、まさに大混戦の状態だと言えます。そうなると、1つは流れを変えるエースという存在が大事になってきます。流れが厳しい時に劣勢をひっくり返す走りができるか?激しい接戦ならば頭一つ抜け出し、仲間を勇気づけるような走りができる選手がいるか?エースの走りが1つの注目になってきます。

    名城大学 加世田梨花

    大東文化大学 関谷夏希

    ⇒そんな強くてかわいいエース候補たち!

    立命館大には5000m現役大学生最速タイムを持つ佐藤成葉、名城大には上りに強い「坂の女神候補」玉城かんな、松山大には今夏のユニバーシアード代表・古谷奏、その他にも関東の強豪日体大にはこちらもユニバーシアード日本代表・細田あい、東農大には10000m現役学生最速・棟久由貴、城西大にはクールビューティー・福居紗希など数多くのツヨカワエース候補が富士の麓を駆け抜けます!

    立命館大学 佐藤成葉

    日本体育大学 細田あい

    「たすきの重みを力に変えろ!」

    松山大学 高見澤安珠

    一方でもう一つ大切なのは、タスキへの思いです。皆でたすきをつなぐ駅伝は120%の力を出させてくれることもあれば、少しのミスも許さない故に、大プレッシャーになることもあります。このプレッシャーに打ち勝てなければ、いつもは簡単に走れる距離でもブレーキとなってしまったり、勝敗を左右しかねないミスが起こったりします。駅伝が持ちタイムだけでは測れない、難しい競技と言われる要因であります。

  • 最高の戦いは最高のコースで!

    そして何より、この富士山女子駅伝にはその名の通り、世界遺産富士山の麓を駆け抜ける日本一個性的なコースが待ち受けます!
    雄大な富士山のふもとを駆け抜ける43.4kmは、まさに絶景、迫力満点!
    しかしながら、一方で真のチーム力が問われる厳しい区間編成になっています。
    1区は「前半上って、後半下る4.1km」、2区は「約90mも駆け下りる下りの6.8km」。前半での出遅れは敗戦に直結しかねないため、ともに超スピード区間になること必至です。
    3区は「最短3.3km」。「5区は最長10.5km」。最長5区にはエース級が集うことが予想されます。昨年は松山大のキャプテン・中原海鈴が脱水状態になりながら、何とかタスキをつなぎましたし、過去にはごぼう抜きやエース同士のつばぜり合いも見られた見どころたっぷりの区間です。そして最終7区は日本最大級の最難関区間「魔の坂の7区」。8.3kmの長さに加え、約170m、ビルでいうと50階に匹敵する高さを1人で上っていかねばなりません! このバラエティに富んだコースを攻略し、日本一になるためには、多彩な戦力及び戦略も重要になってきます。

    最長5区の10.5km

    最難関区間「魔の坂の7区」

    日本一になるために、青春のすべてを陸上に捧げてきた彼女たちの集大成の戦いは、情熱、仲間への思い、懸命さに溢れた熱くて、切ない物語です。
    「本気の戦い」に有名、無名は関係ありません。彼女たちの激しく熱い戦いに、是非胸を熱くしてください。

放送日時

12月30日(土)

9時55分〜12時40分生中継

  • 解説
    増田明美、金哲彦、高橋尚子
  • 実況
    森昭一郎、竹下陽平、谷岡慎一ほか
  • MC
    西山喜久恵
  • インタビュー
    佐野瑞樹
  • ゲスト
    鍋島莉奈(日本郵政グループ)