ショムニ2013 7/10 Wed. 10:00 p.m. ON-AIR START

2013.9.18. wed. on-air Story #10 第10話あらすじ

坪井千夏(江角マキコ)の傷害容疑が晴れ、ショムニメンバーもフォローウィンドエージェンシーが主催する船上コスプレパーティーに乗り込むことができた。出港直後、ケガをして満帆商事に残っていたはずのフォローウィンドエージェンシーの社長・剣崎(戸次重幸)が、モニター越しに満帆商事を傘下におさめたと発表した。パーティーは社内を無人にするための計画で、剣崎たちはその間に株主の情報を入手していたのだ。

満帆商事の社員たちはバラバラに子会社や系列会社に出向させられていた。それぞれの会社で、新人扱いを受けながら働く面々。千夏たちショムニメンバーは、『満帆食品』の豆腐二課、通称「トフニ」に配属されていた。売上が悪いイカスミ豆腐の在庫を押し付けられながらも、6人は平然と売上ノルマをこなして快適に過ごしていた。

そんな中、工場に剣崎たちがやってきた。剣崎は今月いっぱいで満帆食品を手放すと一方的に告げて去っていく。

後日、千夏たちは満帆商事へ行く。ロビーで待ち伏せし、出社してきた剣崎をつかまえるが、それを遮るように立ちはだかったのは左門大介(三浦翔平)だった。剣崎の秘書になっていた左門は、話なら自分が聞くと千夏たちを強引に庶務二課へ連れて行く。左門は、剣崎が満帆食品をはじめとする子会社などをすべて売却して、社員たちを解雇する計画であることを話す。そして、この件は手を出さないように千夏たちに念を押して出て行った。

就業後、飲みに行こうと話しながら帰る千夏たちの背後にサングラスをかけた男がいた。男はどこかに電話をかけ、千夏を見つけたと外国語で報告をする。

あくる朝、円山詩織(本田翼)が新聞を片手に豆腐二課に駆け込んできた。その新聞には左門が逮捕されたという記事が掲載されていて…。一方、剣崎たちはさらなる企業買収をもくろんでいた。次のターゲットとなったのは、かつて満帆商事に務めていた右京友弘(石黒賢)が経営する右京カンパニーだった。

Pagetop