フジテレビ開局55周年特別番組 椎名誠のでっかい旅!ファイナル 地球最大の火山島アイスランドの謎に迫る

2014年6月27日(金)午後9時〜放送決定!

what's new

■2014.06.25

ナレーションは渡辺謙に決定!

■2014.06.23

「旅の写真館」を更新しました!

9年ぶり、そして『椎名誠のでっかい旅』の完結編が放送決定!
作家・椎名誠が神秘と謎に包まれた極北の孤島・アイスランドを行く!

語り:渡辺謙

『椎名誠のでっかい旅!』とは!?

辺境の地への冒険をライフワークとし、“旅を住処とする作家”として知られる椎名誠の紀行ドキュメンタリーシリーズ『椎名誠のでっかい旅!』。

これまで、アマゾン河(2002年)、メコン河(2003年)、ラプラタ河(2004年)、カナダ北極圏(2005年)と地球規模で秘境を巡ってきた大型紀行番組が、9年ぶりに帰ってくる。しかも今回は、その「でっかい旅」の完結編。

最後の「でっかい旅」の舞台は、椎名誠が長年憧れ続けてきた国、神秘と謎に包まれた極北の孤島アイスランド。日本と多くの共通点があるこの国は、火山国であり、国土のいたるところから温泉が湧き出ている島国、そして、漁業が盛んな国だ。ブルーラグーンなどの観光地を除き、日本でもあまり紹介されてこなかった氷と火の島は、椎名誠に何を問いかけるのか。大自然とそこに生きる人々の営みを迫力たっぷりの映像で届ける。

椎名誠プロフィール

椎名誠

1944年東京都生まれ。作家。
1979年より、小説、エッセイ、ルポなどの作家活動に入る。
これまでの主な作品は、『犬の系譜』(講談社)、『岳物語』(集英社)、『アド・バード』(集英社)、『中国の鳥人』(新潮社)、『黄金時代』(文藝春秋)など。 近著は、『風景は記憶の順にできていく』(集英社)、『あやしい探検隊 済州島乱入』(角川書店)、『ソーメンと世界遺産 ナマコのからえばり8』(毎日新聞社)、『さらば新宿赤マント』(文藝春秋)、『殺したい蕎麦屋』(新潮社)、『アイスプラネット』(講談社)。
自身が企画・プロデュースした『とつげき!シーナワールド!!① 飲んだビールが5万本!』(椎名誠 旅する文学館)刊行。
旅の本も数多く、モンゴルやパタゴニア、シベリアなどへの探検、冒険ものなどを書いている。
最新刊は『埠頭三角暗闇市場』(講談社7/1発売)。
趣味は焚き火キャンプ、どこか遠くへ行くこと。

NO COPY

このページに掲載されている写真はすべて著作権管理ソフトで保護され、掲載期限を過ぎたものについては削除されます。無断で転載、加工などを行うと、著作権に基づく処罰の対象になる場合もあります。なお、『フジテレビホームページをご利用される方へ』のページもお読み下さい。