終戦70年ドキュメンタリー企画「私たちに戦争を教えてください」いま、会っておかなければいけない人がいる<br />
今日、聞いておかなければいけない声がある

2015年8月15日 土曜日 よる9時放送

  • 放送内容
  • メッセージ

予告動画 Movie

  • 予告動画1
  • 予告動画2

朝日新聞夕刊と朝日新聞デジタルに、ナビゲーターのインタビュー記事が掲載されます。
連載タイトル
「継ぐ記憶  私たちに戦争を教えてください」

番組のナビゲーターに、同じテーマを取材した朝日新聞記者がインタビュー。
同じテーマを追いかけた者同士ならではの対話が実現。
ここでしか読めないインタビュー、ぜひご覧ください。
http://www.asahi.com/topics/word/%E6%88%A6%E5%BE%8C%EF%BC%97%EF%BC%90%E5%B9%B4.html?iref=comtop_keyw_04

イントロダクション

現代は親、子、孫、三世代に渡り戦争を知らない時代です。
そして、一方で戦後70年ということは当時、20歳だった青年たちが90歳。
戦争を目の当たりにした人々はまもなくこの日本からいなくなってしまいます。

戦争はドラマチックなものでも数奇な不幸に見舞われた少数の人々のお話でもなく、ごく普通の我々のひいおじいちゃんやひいおばあちゃんが体験した、ごくありふれてた、それでいてとてつもなく悲しい出来事です。
ですがその事実を語り継ぐ人々がいなくなってしまうのは、もはやそう遠い未来の話ではありません。

私たちに戦争を教えてください」では70年前の日本で起こった戦争というものが、本当はどんなものだったのか、実際に体験した人々に会い、話を聞き、世の中に伝えることを使命とします。
若手俳優たちが現代の若者の代表として、全国の戦争体験者の住まいを訪ね、その凄まじさを肌身で感じていきます。


本や資料映像で手に入る知識ももちろん大切なものではあります。
しかし、実際に体験した人々からお話を聞く機会は日一日と減っており、一方でそこから得られるものは計り知れません。
だからこそ、この70年の節目にフジテレビはこの番組をお届けします。

私たちに戦争を教えてください」はもはや少なくなってしまった最後の語り部たちの声を聞くため、戦争を知らない世代の代表として今最も影響力のある若者5人、小栗旬松坂桃李福士蒼汰有村架純広瀬すずが会いに行きます。
いま、会っておかなければいけない人がいる。今日、聞いておかなければいけない声がある」という番組コンセプトを自ら体現していきます。