フジテレビCSワンツーネクスト
視聴方法

世界初3D連続ドラマ TOKYOコントロール <3D版>

番組情報

世界初3D連続ドラマ TOKYOコントロール <3D版>

世界中を航行する多数の航空機。旅客機や輸送機、ヘリコプターやグライダー、飛行船など様々なものが毎日上空をフライトしています。
羽田空港では、年間の離発着回数は約30万回を数え、ピーク時にはおよそ2分に1機が空港から飛び立っています。日本上空の運航状況を把握するレーダーを見ると、航空機によってびっしりと覆われていることが分かります。日本の空は大渋滞しているといっても過言ではない位、常に多くの航空機が飛んでいるのです。また、羽田空港の新国際線ターミナルの開業により、年間の離発着回数は33万回と増加し、日本の空はさらに過密な状況となっています。
多くの航空機が飛んでいるにも関わらず、互いに衝突などの事故が起こらないのは、地上から空を飛んでいるパイロットに的確な航路の指示を出す“航空管制官”と呼ばれる人達によってコントロールされているからなのです。多くの人命を預かるこの職業は、どんな時でも決してミスをすることが許されません。その重圧を日々感じながら業務を遂行することから、“世界で最もストレスの高い職業”とも呼ばれています。
“世界で最もストレスフルな職業”である航空管制官の業務は、日本では大きく2つに分かれます。各空港の管制塔にあるターミナル管制、そして日本全域を管制するエンルート管制です。ターミナル管制は、空港周辺の運航管理を行い、エンルート管制は空港間の運航管理を行います。また日本のエンルート管制は、札幌、東京、福岡、那覇の4カ所に分かれ、そのうち最も広域をカバーする“東京航空交通管制部”、通称“東京コントロール”がこのドラマの舞台となります。 またドラマのストーリーは、実際にあった事件をベースにしています。
「TOKYOコントロール」は、事故には至らなかったが、重大な事故になりかけた人為ミスをベースにストーリーを再構築していき、日本の空で起こりうる様々な航空アクシデントとそれを防ぐために困難に立ち向かう航空管制官たちの人間ドラマを描きます。

<3D版について>
日本の連続ドラマとしては初のデジタル3D収録でお届けします。巨大な航空機、立体的な管制室などダイナミックな映像を撮影し放送いたします。
2010年11月17日の一報出し後、イギリス、フランス、ロシア、中国と、世界各国のニュースサイトで記事になっており、大きな注目を集める3D収録の連続ドラマ「TOKYOコントロール」をお見逃しなく!!

<前番組「FLY!FLY!FLY!」、後番組「FLY!FLY!FLY!紀行」について>
今回のドラマの舞台は、航空管制という特殊な世界です。航空管制官と飛行機のパイロットとのやり取りや、関係者との会話には、専門用語が多数出てきます。
この「FLY!FLY!FLY!」はドラマ本編の前と後に、今回登場する専門用語の解説や航空業界の現状など、このドラマをより楽しくご覧になって頂くための1分程度のミニ番組をお届けします。

番組情報

OAスケジュール

※放送内容、放送時間は予告なく変更される場合がございます。

次回の放送日は未定です。

番組情報

出演

鈴木真紀(36)主任管制官・訓練監督者…川原亜矢子
東京コントロール(★1)では、交通量の多い関東南エリア、三河エリアを担当。語学が堪能で、頭の回転も速く、次々と航空機をさばく非常に高いスキルを持った管制官。周囲の高い評価を得て、訓練教官として後輩の指導にもあたっている。

<経歴>
新人時代から将来を期待され、東京コントロールの各セクターを歴任。
2年前、日本の管制システムの遅れを痛切に感じ、カナダのICAO(★2)に留学する決意。カナダのモントリオールにあるICAOで世界最先端の航空管制を習得し、帰国。現在、東京コントロールに戻ってきて半年になる。

<人柄>
冷静かつ、圧倒的な管制技術によって“クールな人”とか“強く厳しい人”と思われているが、チームの面々は、そんな真紀を信頼しているし、彼女自身も皆を信頼している。チームワークを重んじ、年齢や性別に関係なくフェアに接する。

★1 東京コントロール
東京航空交通管制部のこと。コールネームで”東京コントロール”と呼ぶ。
航空管制は、各空港にある管制塔と空港以外の空を扱うエンルート管制に大別される。空港にある管制塔にいる管制官は、空港の周辺約30kmにある航空機に指令を出し、空港への離着陸を扱っている。エンルート管制は、ACCと呼ばれ、空港以外の全ての空を飛ぶ航空機に指令を出し、衝突事故のないように安全運行を支える重要な仕事。パイロットは、管制官を信頼し航空機を操縦している。
日本のエンルートを扱う管制部は4つ。札幌ACC、東京ACC、福岡ACC、那覇ACCであり、東京ACCは、日本で最も大きな空域を担当する。さらに、羽田、成田という沢山の航空機が離発着する空港を抱えており、空中衝突事故を起こさないように管制を行うのにはかなりのスキルを伴う。

★2 ICAO(イカオ)
国際民間航空機関(International Civil Aviation Organization)のこと。
ここでは、世界中の航空交通に関する規定を行っている。日本もICAOの基準に従うことになっている。
ICAOの規定には様々なものがあるが、海外渡航するときに必要になるパスポートに関する規定もICAOが行っている。世界中の国が発行するパスポートのシステムがICAOによって決められているので、混乱がおきないようになっている。
航空管制に関する取り決めもICAOが行っており、これにより世界標準の安全な運行システムが確立されている。
航空管制官に課せられる英語試験もICAOが行っており、2年に1回行われる試験でレベル4以上の能力がないと管制官の免許は剥奪される。
真紀は、ICAOでの研修により、世界最新の管制システムに関する知識がある。また世界的にみてカナダの管制システムが最も洗練されており、それも真紀は経験済みである。


結城 昇(46)主幹管制官…時任三郎
人命を預かるという使命感を持って働ける職に就きたいと思うようになり、管制官試験を受け合格する。何事にも全力投球する熱血漢。
現在、高校生の娘がいる。妻が他界し、男1人で娘を育て上げた苦労人でもある。

<経歴>
いくつかの空港とエンルートを経験し、現在は東京コントロールの主幹管制官になり現場の長として皆をまとめる立場になった。現在は、病休の専任に変わり専任代理として関東南セクターを統括している。
同期の斎藤とともにチームを支える大黒柱。

<人柄>
他人を見下したり馬鹿にしたりすることをしないので、チームメイトからの信頼は厚く、重要な判断をする局面を任される事が多い。
趣味は野球をする事なのだが、あまり上手くはない。
現在も東京コントロールの同僚達と野球チーム「ナミッキーズ」を続けているが一向に野球は上手くならない。甘いもの好きで四六時中何かをほおばっている。


斎藤君恵(45)主幹管制官…清水美沙
日々激務に追われる東京コントロールの中でも、周囲を和ませる”お母さんキャラ”として皆から親しまれている。結城とは入省同期。

<経歴>
斎藤は大学1年生のアメリカ旅行の時、ユナイテッド航空の機内で管制とパイロットの通信を聞いたことから、空の安全を守る人達の存在を知り、今まで自分が知らなかった人命を預かる管制官という仕事に感銘を受け、管制官を志望することにした。

<人柄>
山形空港から5年前に東京コントロールに転任。
斎藤も40歳を越え、前線で活躍するというより、若手の育成やチームの世話をするポジションとして自覚している。仕事ぶりはかなりハイレベルで あり英語も堪能。
同期の結城と彼の娘を気にかけており、いつも世話をしている。
東京コントロールでも古株であること、そして未婚であることから常に異動対象である。
国家公務員として次はどこの空港に行かされるかわからない不安と、福岡にあるATMで航空路の設計をしたいという夢を持っている。


中島ハル(27)管制官(3年目)…野波麻帆
いつも明るく前向きで、男勝りな美人管制官。
仕事とプライベートをキッチリと分けるので、あまり仕事のプレッシャーはあまり感じていない今時の女性。

<経歴>
航空管制官を志望したのは、英語好きで自身の英語力を活かせる仕事に就きたいと思っていたから。東京コントロールへ赴任して3年目を迎えバリバリと業務をこなしている。管制能力も高く、調整役としても優秀である。

<人柄>
お嬢様風なルックスとは裏腹に、プライベートでは、アウトドア派。サバサバした性格の上、愛嬌もあるので皆から好かれている。現在彼氏はいないが、男友達は多い。気象予報士の資格を持っているので雲の動きには敏感。


原 光司(39)主任管制官…音尾琢真(TEAM NACS)
どの職場にもひとりはいる風変わりな性格のチームメイト。
仕事はしっかりとこなすが、特別優秀でもなく、特別ダメなわけでもない。
皆からは変わっていると思われているが、自分はいたって真面目だと思い込んでいる。

<経歴>
少年時代は、ひたすら映画を見たり、SF小説を読みふけっていたりしていた。
将来はNASAやJAXAに入って宇宙に関する仕事に従事するつもりだったが、空港のタワー管制をしていればいつか間近でUFOを見ることが出来るかもしれないと考え、管制官試験を受け合格するのだが、エンルート管制に配属になり、現在に至る。
ちなみに今でも、専門誌で連載を持つ程の映画オタクである。

<人柄>
東京コントロールではこだわりのジャージ姿でいる事が多い。映画くらいしか趣味がない為、ファッションに関しても独特のセンスを醸し出している。
口が軽く、ある意味空気が読めない性格だが、東京コントロールのムードメーカーではある。


太田恵一(49)主幹管制官…神田瀧夢
NASA出身という変わった経歴を持つ優秀な管制官。
自分のペースをキッチリと守る性格なので、融通が利かず周囲も困惑気味。

<経歴>
アメリカの大学を卒業しNASAに就職。NASAでは、宇宙飛行士に関するヒューマン・ファクターの研究を行う。NASAでの彼の実績は非常に優秀なものとして評価を得る。
様々な出来事を通じて太田は日本の管制システムを改善したいという思いが募り、NASAを退職することを決意。日本の管制官として中途採用される。

<人柄>
転職後は前職がNASAということもあり、話題の人だったが、彼が望む管制システム改善は受け入れてもらえなかった。
もともと物静かな男であったが、ある出来事をきっかけに、無口で気難しい性格が表面化してしまう。
妻と2人暮らしで、しばらく連絡を取っていない娘が1人いる。


山田 誠(24)新人訓練生…川村陽介
東京コントロールに配属された新人管制官。
多くの人命を預かるこの仕事に、日々、緊張を覚え右往左往している。

<経歴>
山田は、管制官になりたいという、ある強い思いがあり、航空管制官という職に就く。
管制技術官の高橋とは年齢は異なるが同期。訓練教官の木下のもと、訓練期間を経て今回、東京コントロールに配属される。

<人柄>
常に多くの飛行機を管制する管制官という仕事は、どんな時も冷静に全体を見渡さなければならない。しかし、山田自身の性格として、ひとつの物事に集中すると、周囲に注意を払えないという欠点がある。そんな短所を克服しようと山田自身は毎日一生懸命、努力している。東京コントロールの先輩たちもそんな山田を温かく見守っている。
父親は数年前に他界し、母親に育てられてきた。


下柳哲司(38)主任管制官…阪田マサノブ
現場の潤滑油として皆から重宝されている管制官。また、東京コントロールの野球チームのエースピッチャーでもある。
妻とは東京コントロールで出会い、数年間の交際を経て結婚。現在も東京コントロールで2人とも勤務している。

<経歴>
福岡県福岡市雁ノ巣出身。両親は漁師。
子供の頃から家の近くに巨大な秘密施設があると思っていたが、実はその施設が福岡コントロールだった。そのことがきっかけで管制官に興味を持ち、高校卒業後に管制官試験を受け合格する。管制官としては、中堅として東京コントロールを支えている。

<人柄>
小学校~高校までリトルリーグや野球部に所属し、ピッチャーとして活躍し、高校時代には、豪腕ピッチャーとして甲子園に出場したこともある。現在は東京コントロールの野球チーム「ナミッキーズ」のエースピッチャー。
また、妻も管制官で、東京コントロール勤務。子供は2人いて、名前は茂雄と貞治。


敷島貴志(31)管制官(5年目)…野間口 徹
就職氷河期に入りたかった旅行代理店を諦め管制官になった変わり者。
仕事は無難にこなすが、旅行や食に強い興味がある。典型的な文化系。

<経歴>
千歳、仙台、岡山、博多、長崎と比較的人気の空港で管制経験を持つ中堅。日本全国の食巡りをしており、「食」についてはかなりの知識がある。

<人柄>
彼の趣味はコーヒー。学生時代は旅行が好きでバックパッカーとして世界中を放浪し、様々な国でコーヒーを飲み比べてきたので豆の種類には詳しい。自分が買ってくるコーヒーは同僚に評判で、それが彼の喜びである。敷島は、東京コントロールにコーヒークラブをつくり、月500円の会費で会員にコーヒーを作ることになっている。美味しいコーヒーの秘密には、彼がコーヒーを注ぐマグへのこだわりにある。
最近はTシャツに凝っており、いつも珍しいデザインのTシャツを着ている。
敷島が管制官を志望したのは、世界中に放浪をしている時、自分が乗っている飛行機が安全に運行しているのは、航空管制官の仕事によることを知ったことによる。彼の管制技術は平凡だが、仲間を大切にする。松本とは同期。
ただし、独特の英語なまりがあるのが欠点で、パイロットにうまく伝わりづらい。


木下数馬(34)訓練教官…伊藤高史
体育会系で背も高く女性から人気がある。本人はそのことにあまり気づいてなく、いつもストレートなものいいで女性をがっかりさせている。
面倒見が良く、チームメイトをしっかりとフォローするという一面もある。

<経歴>
父親が民間パイロット、母親が元CAという航空一家に育つ。子供の頃から空港に行くたびに管制塔が気になり、あの高いタワーで働きたいと思うようになる。
そして高校卒業時に国交省に就職しようと思うが、視力制限があり試験を受けることが出来なかった。大学時代は整備士などほかの仕事に就くことも考えたが、国交省のレギュレーションが変わり視力が低くても試験が受けられることになったので、大学卒業時に試験を受け見事合格する。

<人柄>
訓練教官を任される程なので、管制官として知識も豊富で、管制技術も高い。現在は山田の訓練教官として指導にあたっている。真紀にただならぬ好意を抱いている。


松本 武(28)管制官(5年目)…須加尾由二(劇団 東京セレソンデラックス)
見た目の割に、神経質で慎重な性格。血液型はA型。
日々、ハードな仕事にストレスを感じ、それをため込んでいってしまうタイプ。

<経歴>
精神的に打たれ弱いので僻地の空港で比較的のんびりした管制官生活を送っていた。
東京コントロールに転任すると、航空保安大学時代の同期、敷島と同じ職場になるが、敷島のような楽観的な性格にはなれず日々悩んでいる。

<人柄>
子供の頃から地味でクラスでも忘れられがちだったキャラ。松本なりに影ながらも人のためになる仕事を目指し管制官という職を選んだ。
しかし、管制官という職業は“ミスをしないのが当たり前”で、そのプレッシャーは計り知れない。
そんな管制官ならではのプレッシャーにより本人が思う以上に日々ストレスを溜め込んでいるが、彼自身の使命感は強く、なんとか頑張っている。そんな彼をチームメイトは温かくサポートしている。敷島とは同期。


川元鳴海(25)管制官(2年目)…近野成美
新人管制官だが、20代とは思えないほどしっかりしている。いつも冷静で仕事は優秀。人柄も良く皆に好かれている。

<経歴>
大阪の高校を卒業し、航空保安大学に入学。実はANAのCAになることが夢だったが、自分はあまり接客が得意でないことを感じ進路変更し、管制官になる。
1年目は研修期間として、まじめに取り組んできた。実は管制のセンスは高い。

<人柄>
休日は西武新宿線に乗り、新宿や池袋などで買い物をするのが好きな女の子。
そんな東京コントロールでも数少ない“女の子”らしい川元の事を周囲は妹のように可愛がっている。クールに管制業務をこなしている真紀に憧れている。


高橋広大(20)管制技術官…木咲直人
横山のもとで学ぶ新人管制技術官。管制官の山田と同期

<経歴>
もともと飛行機が好きで管制官になろうと考えていたが、コンピューターおたくなので、管制技術官という職を選んだ。航空システムの構築が得意。
現在は横山の下で東京コントロールのシステム全般を管理している。

<人柄>
管制技術官という職人気質な人が多い中、意外と礼儀正しい。周囲にも気を配るのを忘れず、上司をたてるタイプ。


矢野元治(47)主幹管制官…梶原 善
矢野は、管制官の中でも非常に多くの経験を積んでいる。エンルート管制だけではなく、航空管制の経験もあり知識が豊富なので様々なトラブルに柔軟に対応できる。

<経歴>
結城とは札幌コントロールで、太田とは福岡コントロールで一緒に仕事をしてきた仲である。その豊富な知識から周囲をフォローする能力が高く、密かに東京コントロールを支えている。

<人柄>
趣味は将棋で、高級で工芸品ともいえる将棋盤を多数所有している。東京コントロールの休憩室にも持ち込んでいる。趣味が高じて、管制技術でも先を読む力に長けている。


横山 博(59)管制技術官…小野武彦
定年間際の管制技術官。新人の高橋の指導にあたっている。

<経歴>
日本の航空業界の生き字引。管制技術官になってから、既に30回の転勤経歴を持つ。あまりに転勤が多いので家族に迷惑を掛けたと思っている。
定年後は、退職金を元手に、妻と一緒に2人の夢であった喫茶店を経営しようと考えている。

<人柄>
座右の銘は“迅速果断”。仕事はキッチリこなすタイプだが、近年の航空システムについていくので精一杯。また、妻に内緒でクラブ通いをしている。還暦間際にも関わらず、女好きな一面も。


<ゲスト出演>
吹石一恵
映画『ハッピーフライト』、映画『THE LAST MESSAGE 海猿』
ドラマ土曜プレミアム『神戸新聞の7日間』

杉本哲太
ドラマ『絶対零度~未解決事件特命捜査~』
ドラマ『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命- シリーズ』、ドラマ『メイちゃんの執事』

丸山智己
ドラマ『絶対零度~未解決事件特命捜査~』
ドラマ『BOSS』、ドラマ『ジョーカー 許されざる捜査官』、『メイちゃんの執事』

別所哲也
映画『メッセンジャー』、ドラマ『東京DOGS』、ドラマ『人間の証明』、舞台『レ・ミゼラブル』

番組情報

スタッフ

<脚本>
宇田 学
(劇団ピープルパープル 主宰)
舞台『The old CLOCK』 脚本・演出・出演
(第18回池袋演劇祭大賞 受賞作品)

<音楽>
ティム・ウィン
ドラマ『SUPER NATURAL』

<製作>
大多 亮
ドラマ『東京ラブストーリー』、ドラマ『101回目のプロポーズ』
ドラマ『愛という名のもとに』、ドラマ『ひとつ屋根の下』

<企画>
小牧次郎
ドラマ『世にも奇妙な物語』シリーズ、ドラマ『ニュース速報は流れた』
映画『Love Letter』、映画『メッセンジャー』

羽鳥健一
ドラマ『美少女H』シリーズ、ドラマ『Vの嵐』
ドラマ『バスストップ』、ドラマ『半分エスパー』

<プロデュース>
関口大輔
映画『ウォーターボーイズ』、映画『それでもボクはやってない』
映画『ハッピーフライト』、映画『SP THE MOTION PICTURE 野望篇/革命篇』

<協力プロデュース>
古郡真也
映画『SP 野望篇』、映画『ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ』
映画『誰も守ってくれない』、ドラマ『弁護士 灰島秀樹』

<監督>
成田 岳
ドラマ『西遊記』、ドラマ『サプリ』、ドラマ『プロポーズ大作戦』 、ドラマ『ガリレオ』、
ドラマ『ヴォイス~命なき者の声~』、ドラマ『BOSS』、ドラマ『東京DOGS』

番組情報
  • リクエスト
  • ご感想