大奥

第一部 最凶の女
2016年1月22日(金)午後9時〜10時52分
第二部 悲劇の姉妹
2016年1月29日(金)午後9時〜10時52分

はじめに

江戸時代の大奥を舞台に女たちの壮絶な人間模様を描く人気ドラマ『大奥』
2005年にドラマの放送が終了してから11年ぶりに、2週連続スペシャルドラマとして復活します。

今回の『大奥』は、江戸時代、50年にわたる長期政権を確立し、享楽的な暮らしぶりを好んだことで有名な第十一代将軍・徳川家斉を支えた大奥の女性絵巻を描いていきます。

2週にわたって主演を務めるのは、時代劇初挑戦となる沢尻エリカさん。
第一部では「お美代」、第二部では「」という2つの異なる役柄を演じます。

第一部<最凶の女>編は家斉の「壮年期」の物語。家斉のご寵愛を一心に浴び、長きにわたり権勢を獲得していた、大奥史上最強の側室「お美代」が主役です。寺で生まれた身分でありながら、誰もが認める美貌と優れた知性大奥の頂点まで登りつめたお美代。「悪女」としても有名なお美代の波乱に満ちたストーリーが明かされていきます。

第二部<悲劇の姉妹>編は家斉政権の「青年期」の物語。『大奥』シリーズ史上初めてとなる姉妹のストーリーで、実在した側室ではなくフィクション設定の姉妹「」と「」という二人の激動の姿を描いていきます。家斉がまだ若く子に恵まれていなかった頃、浜御殿で催される宴にて家斉にお目通しさせられることになった梅と歌。家斉が姉の梅を気に入ったことで、激しい嫉妬心にかられた妹の歌は姉を陥れようと画策します。そんな妹を大きな心で受け入れていく「聖女」のような優しい姉・梅が主役です。

第二部妹役でありもう一人のヒロイン・を演じるのは蓮佛美沙子さん。弓の名手で男勝りな性格であり、家斉に気に入られた姉の梅に嫉妬して策略を仕掛けていく歌役に挑戦します。

大奥総取締・大崎局浅野ゆう子さん。第一部ではお美代、第二部では梅と歌という大奥入りする主人公たちを鋭く観察し、時には家斉にも苦言を呈するという役どころです。2003年のドラマ『大奥』で大奥総取締・瀧山役を演じ、圧倒的な存在感と強烈なインパクトを残した浅野ゆう子さんが再び『大奥』に戻ってきます。

そして江戸幕府第11代将軍・徳川家斉役は成宮寛貴さん。10人以上の側室を持ち50人以上の子供を設けたことから“オットセイ将軍”とも呼ばれた家斉を演じます。

そのほか、家斉の側近であり<第一部>お美代の養父・中野清茂役には板尾創路さん、清茂の部下で<第二部>の姉妹・梅と歌の父親である酒井忠康役には温水洋一さん、家斉の正室・寔子役には光浦靖子さんが出演します。さらに、『大奥』全作品に出演している名物である奥女中トリオ「スリーアミーゴス」もカムバックします。鷲尾真知子さん、山口香緖里さん、久保田磨希さんが息ぴったりの掛け合いを見せてくれます。

沢尻エリカさんを主演に迎え、女同士の修羅場ドロドロした人間模様がたっぷり描かれる新しい『大奥』にご期待ください。

編成企画 羽鳥健一(フジテレビ)より

『大奥』を復活させようという機運は数年前からあったのですが、ここにきてようやく2週連続のスペシャルドラマというかたちで実現する運びとなりました。

年齢的には一回り違う主役、しかも“悪女”と“聖女”という真逆の主役を両方とも同じ女優さんに演じてもらったら面白い化学反応が起きるのではないかという話になり、脚本家の浅野妙子さん、林監督、そしてプロデュース陣でキャスティングを考えた際に何の迷いもなく、沢尻エリカさんにお願いしようと決めました。沢尻さんには異なる主役二役を鳥肌が立つくらい完璧に演じ分けていただき、若さゆえの美しさと年齢を重ねることによる熟れた美しさを見事に醸し出していただきました。
悲劇の姉妹編(第2部)では蓮佛美沙子さんに沢尻さんの妹役を演じていただきました。収録後も所作や舞の練習を一生懸命されて、見事に最後まで演じ切っていただきました。蓮佛さんにとっては初めての「業が深い」女性の役、そして沢尻さんとの競演は大きな見所となるでしょう。
また『大奥』といったら浅野ゆう子さんに演じてもらわない訳にはいきません。素顔は本当に優しく謙虚なお方なのですが、収録現場における圧倒的なオーラと華麗な立ち居振る舞い、そしてお芝居の迫力は、キャストやスタッフに素敵な緊張感を生み出し、現場がとても活気づくのを目の当たりにしました。
そして、徳川家斉役として、「壮年期」と「青年期」というひと回り以上違う年齢の役を成宮寛貴さんに演じていただきました。大の女好きで、多分に天然なところがある役に挑戦した成宮さんのお芝居にぜひご期待ください。今回「壮年期」(第1部)から撮影を始めたのですが、「青年期」(第2部)の撮影に入る際にはロバート・デ・ニーロばりに1週間で7キロも体重を落として「青年・徳川家斉」のお芝居に臨んでいただきました。
十一年ぶりの放送となる『大奥』ですが、ストーリーも映像も含め魅力が満載となっています。ぜひご期待ください。

参考:『大奥』とは

2003年に「火曜時代劇」枠で連続ドラマ『大奥』としてスタートし、平均視聴率14.5%、その後の特別編では17.3%を記録。若手俳優を起用した華やかなキャスティング、大胆に脚色されたストーリー、登場人物の心の動きを丁寧に描いた演出などが好評を呼び、時代劇作品としては異例の若い女性層からの人気を集めた。
2004年には「木曜劇場」の枠で初時代劇として『大奥~第一章~』を放送。大奥が誕生した頃の女たちの愛憎物語を描き、平均視聴率17.6%、最高視聴率20.3%を記録。
2005年には前作に引き続き「木曜劇場」の枠で『大奥~華の乱~』を放送。大奥最盛期における女同士のドロドロした関係性を散りばめて視聴者を魅了し、平均視聴率15.6%、最高視聴率18.0%を記録。
その後、2006年には「大奥」シリーズ完結編として映画「大奥」が公開され、さらに2007年からは「大奥」舞台版もスタートし、全国で大ヒットを記録した。