大奥

第一部 最凶の女
2016年1月22日(金)午後9時〜10時52分
第二部 悲劇の姉妹
2016年1月29日(金)午後9時〜10時52分

インタビュー

    ドラマ出演が決まった時の感想をお願いします。

    時代劇はやってみたかったジャンルなので嬉しかったです。ただ弓道や踊りや琴など、全くの初心者なのでちょっと不安もありました。台詞の言い回しも現代劇と違うので、着物での所作一つ一つに意味がある感じなので、自分の気持ちとシンクロさせて動くのが難しかったです。

    林監督の演出はいかがでしたか。

    林監督は、“こういう画を撮りたいからこういう芝居をしてほしい”とはっきり意見を言ってくださるので、演出を受けるのが楽しかったです。歌を演じるにあたり、監督の演出で「感情を出さない」ということを心がけました。自分で想像できない未知のところに連れて行っていただいて、今回一緒にお仕事できて良かったです。

    歌という役をどう理解していきましたか。

    ものすごく極端なことをしてしまう役なので、理解することは難しかったです。でも私も兄弟がいるので、美しくて完璧な姉を持ってしまったがゆえの嫉妬心という、周りから比べられることに対する羨ましさや悔しさは少し分かるかなと思いました。

    姉役の沢尻エリカさんとの共演はいかがでしたか。

    歌にとって梅は、永遠の憧れというか、追いつきたいけど追いつけない存在です。実際もその通りで、沢尻さんは見た目の美しさはもちろん、身のこなしに色気があって女性としての魅力をたくさん持ってらっしゃる方だなという印象です。
    現場でお話をさせていただくと、にこやかで可愛らしい女性らしい方でした。

    好きなシーンはありますか。

    上様との駆け引きのシーンでしょうか。好意があるように見せかけて引いてみるという、自分を捨ててまで男性に言い寄っていくさまを見て欲しいです。

    視聴者へメッセージをお願いします。

    大奥第二部は姉妹の悲劇を描いた作品です。兄弟がいる方は嫉妬心に“分かる”と思っていただけると思います。男女のドロドロした感じを描いているのでぜひ楽しみにしてください。