フジテレビ オデッサの階段

タイムラインに戻る

オデッサの階段 - フジテレビ 金子國義の両極

4.悪徳の栄え 澁澤龍彦

photo

悪徳の極みを描いたマルキ・ド・サドの小説「悪徳の栄え」。
その日本語訳が「猥褻文書」にあたるとして訳者の澁澤龍彦は訴えられた。
最高裁まで争われ、結果は有罪で七万円の罰金。

しかし澁澤は気落ちしなかった。

彼によれば、人間にしかないエロティシズムとは、
あえてタブーを設け、それを破るときに感じる快楽にこそある。

澁澤は言った。

「七万円くらい、何回でも出しますよ」

このページに掲載されている写真はすべて著作権管理ソフトで保護され、掲載期限を過ぎたものについては削除されます。無断で転載、加工などを行うと、著作権に基づく処罰の対象になる場合もあります。なお、『フジテレビホームページをご利用される方へ』のページもお読み下さい。