検証C型肝炎
第29章「不作為」
2003年11月27日放送
C型肝炎の感染ルートで最も多いのが「輸血」。
日本ではこれまで「輸血」感染の患者は全く補償されなかったが、来年度から救済制度の対象となることが決まった。しかし、過去の「輸血」感染は除外される。
これに対し、カナダでは過去の輸血感染も対象に補償を実施。その根拠となる、「無過失補償」という概念は何のか、二つの国の対応を検証する。
輸血の投与が原因でC型肝炎に感染した女性 輸血の投与が原因でC型肝炎に感染した女性
手術時の輸血で感染し、国からの補償を受けたカナダ人のドナ・ウッズさん 手術時の輸血で感染し、国からの補償を受けたカナダ人のドナ・ウッズさん
「輸血で感染した被害者全員が救済されるべきである」という報告書を政府に提出したクレバー元判事 「輸血で感染した被害者全員が救済されるべきである」という報告書を政府に提出したクレバー元判事


第29章へ 「検証C型肝炎」トップページへ 第31章へ


コピー禁止 このページに掲載されている写真はすべて著作権管理ソフトで保護され、掲載期限を過ぎたものについては削除されます。無断で転載、加工などを行うと、著作権に基づく処罰の対象になる場合もあります。なお、『フジテレビホームページをご利用される方へ』もご覧下さい。

フジテレビホームページをご利用される方へ