無痛

10/07 スタート
浜辺美波さんインタビュー南サトミ役

『無痛〜診える眼〜』の出演が決まった時のご感想は?

サトミは今まで演じた役と全然違うので、出演が決まったと知った時はワクワクしました。演じるのがすごく楽しみになりました。『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』(9月放送)で演じさせていただいた、めんま(本間芽衣子)も強い子だったのですが、サトミは彼女とはまた違った意味で強そうなので面白そうだと思いました。

実際にサトミを演じてみて、いかがでしょう?

顔をあまり動かさずに、目だけで物を追ったり…。否定する時の反応が普通の時より激しかったり…。サトミだから出てしまう行動を意識して演じています。医療監修の先生にサトミの行動のポイントをお聞きしたところ、“サトミは簡単に言うとツンデレな感じかな”と言われました。今のところ、ツンの方が多いですね。

難しそうな役ですね。

ずっとサトミをどう演じようかな? って、考えていて、暗い役なんですけど、めんまの時よりは自分では演じられているのではないかな? と思っています。何より、収録現場がすごく楽しいんです。重いシーンが多いけど、収録の合間や終わった後が楽しい現場です。

浜辺美波

どんなことが楽しいのですか?

サトミは石橋杏奈さんが演じる高島菜見子とスマートフォンのコミュニケーションで会話します。その機能がスゴいんです。スタッフの方が撮影用に予め用意して下さった文章が、適当なキーを押すだけで出てくるんですよ! 高島さんとも、スゴいですね…なんて、お話ししています(笑)。実は、私自身はまだガラケーなので、漢字の変換も早いスマートフォンが触れるのも楽しいんです。高校生になったら、スマートフォンにしようかな? と、思っています(笑)

サトミを演じるために、髪も金髪にしましたね。

はい。髪を染めたのは初めてです。少し軽めのイメージになるかな? と、想像していたんですけど、思ったより金髪が強くて染めた直後は自分でもビックリしちゃいました。今はもう鏡を見てもビックリしなくなりましたけど(笑)

共演者のみなさんの印象は?

本読みの時にみなさんと初めてお会いしたのですが、すごく目がキラキラしていて。本当にマンガで描かれる登場人物のようにキラキラしているなぁと思いました。

浜辺美波

西島秀俊さん演じる為頼英介は、外見で病気を診る能力を持っています。浜辺さんは、このような力を欲しいと思いますか?

私は欲しいです。風邪をひきそうなことが分かったりすると便利ですよね? そうしたら、生活に気をつけたり出来ますから。また、私は病院に行くのも苦手なので、自分ですませられたら素敵だと思います。人を診るよりも自分のためですね(笑)

『無痛』の原作や台本を読まれて、いかがでしたか?

今回は、あえて原作は読んでいないんです。サトミの演技に先入観を持たないようにするためなんですが、台本がすっごく面白くて…。私は本を読むのが好きで、サスペンスやミステリーも大好きなので、原作を読みたくて仕方ないんです(笑)。でも、先を知らずにサトミを演じるのも楽しいです。

では、サトミにはどうなって欲しいですか?

良い子になって欲しいですね。サトミにとってストーリーが良い方向に向かって、彼女の笑顔が見られることを願っています。

最後にドラマをご覧のみなさんにメッセージをお願いします。

今までと違う私のお芝居を見ていただきながら、ストーリーも楽しんで…。最後はどうなるんでしょう? サトミの笑顔は見られるのかな? 最終回まで私と一緒にワクワク、ドキドキしながらご覧下さい。

backnumber