無痛

10/07 スタート
石橋杏奈さんインタビュー高島菜見子役

イバラ役を演じることを知られた時の感想は、いかがでしたか?

見た目のことを伺って、まず驚きました。今まで演じてきた役とは真逆だったので…。ただ、そういうイメージを壊すような役も演じてみたいと思っていたので、この役を頂けたことは嬉しかったです。自分が演じたいからと言って、すぐに出来る仕事ではないですからね。

かなりインパクトのある役ですね。

そうですね。無痛症のイバラは傷とかの痛みだけでなく、恐怖など精神面の痛みも感じないという設定です。ですから、一つ一つ丁寧に確認しながら演じていかないと、無痛症という病気が嘘に見えてしまいます。また、あまり喋ったりしませんし、感情表現も豊かなキャラクターではないので、芝居をしている感じが自分でもつかみにくいんです。もちろん、撮影の際には100%の芝居をしてはいるんですけど。佐藤(祐市)監督からは“見た目がインパクトあるから、立っているだけで役になれるからいいよね”なんて最初は言われたりもしました(笑)。

佐藤監督からは、どのような演技を求められていますか?

毎シーン、毎シーンいろいろと…前半は、自分の病気を治そうとしてくれている白神陽児(伊藤英明)への心酔している感じを出すことを求められています。でも、徐々に研究に没頭しすぎる白神への恐怖感も出てくるので…。イバラは、そう言った人の心への嗅覚が鋭い男なので、それを感じる瞬間はこうしよう、など監督と相談しています。

伊藤英明さん

原作は読みましたか?

はい。自分がイバラを演じると知った上で読んだので、読み進めるほど“どう演じようかな?”と頭を抱えました。その時は、この役へのアプローチの方法がわからなかったんですが、実際に演じてみたら無痛症だからと言って、何も感じないわけではないのだと気がつきました。例えば、高島(菜見子)先生(石橋杏奈)への憧れのような感情もあったりするので、そういう面からのアプローチが出来ることがわかりました。最初は獣のような男なのかな? とも、思ったんですけど、ちゃんと人間味もあるので、そういう面をこれからもキチンと拾って演じて行きたいです。

イバラの菜見子への感情はどのように分析されますか?

原作では施設で世話になったことから思慕の情を持つのですが、ドラマではたまたま同じ病院で働いていて出会うので、純粋に好きという意味でも良いかと思います。ただ、イバラは恋愛感情が理解出来ていないのかもしれません。遠くから姿を見ているだけでも楽しくて、目が合ったら恥ずかしくなってしまう…初恋に似た感覚で演じているんですけど、見方によったらストーカーですよね(笑)。僕はもうイバラに愛着を持っているので、客観的に応援したくなっています。

イバラが心酔する白神役の伊藤英明さんとお話はされますか?

“考え方でどのようにでも演じられそうだけど、制限されることも多いから(イバラは)難しい役だよね”と、よく言って下さいます。“目立つから美味しいね”とも(笑)。作品に関しても“こうしたら面白い”とかと話して下さいます。とても豪快で、面白い方です。

伊藤英明さん

為頼英介役の西島秀俊さんの印象は?

みなさんおっしゃっていると思いますけど、とても優しい方です。そして、収録現場では誰よりも監督と話し合いをなさっています。この作品に、愛を持って向き合っている方だと思います。

後半に向けてのイバラは?

後半に入ると、イバラの心情なども深く描かれていくと思います。僕の予想では為頼という素敵な医師に出会うことで、白神と対しているだけのイバラではなくなっていくと思います。そんなイバラをみなさんも応援して下さったら嬉しいです。

最後に視聴者のみなさんにメッセージをお願い致します。

すごくサスペンス要素の強い作品ですが、シーンによっては笑えたり、ほっこりすることも出来ます。そういうところも楽しんで頂きたいですし、これから各キャラクターの過去や背景がもっと浮かび上がっていきますので、最終回まで見逃さずにご覧ください。

backnumber