無痛

10/07 スタート
石橋杏奈さんインタビュー高島菜見子役

『久坂部羊さんの原作『無痛』は読みましたか?

はい。激しい描写の多い作品でしたので、刺激がとても強かったです。ページ数の多い本でしたが、私は好きなジャンルだったので1日で読んでしまいました。最後まで展開が分からない、スリルあるストーリーで、登場人物の誰もが怪しく個性的なところに惹きつけられる面白い作品でした。

ドラマは原作とは違ったところもあります。

最初に台本を読んだ時に、原作とはイメージが全然違う感じがしました。衣装合わせの時に、監督やプロデューサーの方からも“原作はありますが、一度忘れていただいて収録に入ってください。軸は原作と変わらないけど、違う作品になると思います”というお話をされました。私が演じている菜見子が、白神陽児(伊藤英明)の病院で働いているとか、人物背景の設定も少し違います。また、原作からはピリピリした雰囲気が常に漂っていますが、ドラマにはちょっと笑えるような、為頼(英介)さん(西島秀俊)と(井上)和枝さん(浅田美代子)のホッとするシーンも多く取り込まれていました。良い意味で毎回いただく台本と原作の違いの面白さを楽しませて頂いています。

実際の放送をご覧になられて、いかがですか?

1、2話は菜見子の出演シーンがそれほど多くなかったので、客観的に見る ことが出来ました。現場で見ていないシーンは“ここがこうつながるのか!”とか、先の話への伏線もたくさんありました。為頼さんと和枝さんのシーンだけではなく、刑事の仁川(康男)さん(兵動大樹)と太田(武司)さん(馬場徹)のシーンもコミカルな掛け合いがあるんだなって、視聴者のみなさんと同じように見ることが出来ました(笑)。4話以降は、菜見子もストーリーの軸に絡んでくるので、客観的に見ることが出来なくなるんじゃないかと思っています。

伊藤英明さん

石橋さんは、菜見子をどのように演じようと思われましたか?

もちろん、頂いた人物プロットがベースになります。真面目で仕事熱心な女性という設定です。私は仕事に対する情熱が強すぎると、もしかするとその他のことにはドンクサいのではないかと思いました。また、臨床心理士2年目のカウンセラーとして働いており、4話で働き始めたころも描かれましたが…未だにまだ仕事の芯をつかみかねているというか、自分が一生懸命訴えかければみんな良くなると思っているところがあります。性善説的な道徳心で人に接するので、心に闇を抱えている患者への理解がまだ深くない気がします。ただ、これから先は菜見子自身も事件に巻き込まれて行くので、カウンセラーの仕事面よりも、ひとりの女性としてのリアルな感じを出していければと思っています。

自分の気持ちやプライベートを表に出さない女性ですよね?。

そうですね。自分自身で何とかしようとしすぎて、ため込んでしまう感じもあります。そういう面では、カウンセラーの仕事をしてはいますけど、自分が精神的にダメージを負ってしまいそう(笑)。でも、患者さんに接する時は、あくまでポジティブに明るく…。その演技のバランスが、難しくなってきているんです。先日、菜見子のマンションシーンの撮影で、彼女の部屋をはじめて見ました。部屋の壁に、菜見子が患者からもらった感謝の手紙がたくさん貼ってありました。ああ、菜見子はこれを励みにガンバっているんだな…と、感じることが出来ました。

菜見子と為頼の関係の進展も気になります。ラブ線は?

ラブですか?(笑) 菜見子の憧れで終わるんじゃないかと思うんですけど、どうなんでしょう…私も全然わからないんですけど、終盤に向けて壮絶な出来事がたくさん起こるので、ラブなんかしている場合じゃないでしょう? とは、思います(笑)。でも、菜見子は為頼先生に心はどんどん許していくような展開になります。きっと為頼先生も、これからは菜見子をずっと支えてくれるんじゃないでしょうか? そうなると、菜見子の感情が“憧れ”から“素敵な人”に変化することもあるかもしれません。

伊藤英明さん

収録現場の雰囲気はいかがですか?。

佐藤(祐市)さん、木下(高男)さん、山内(大典)さんという監督のみなさんがとても明るい方々なので、現場は良い雰囲気です。4話で殺された店員、野々村涼役で奥野瑛太さんが出演されました。奥野さんとは2回目の共演で、久しぶりにお会いしてお話ししていたら、“この現場、とっても雰囲気良いね”とおっしゃっていて…。ゲスト出演すると、どうしてもレギュラー出演者の方やスタッフに壁を感じてしまうこともあると思うんですけど、それがないということは素敵なことですよね。

西島(秀俊)さんたち共演のみなさんの印象は?

出演された作品などを拝見していると、クールでストイックな方なのかな? と、思っていました。でも、実際にご一緒させていただくと、収録の合間などではみなさんとたくさんお話をされる方でした。また、よく笑っていらっしゃいます。そんな西島さんが作品の中心にいらっしゃることも、現場の雰囲気が和む要因ですね。すごく素敵な方です。伊藤(英明)さんは、毎シーン、現場で佐藤監督と演技について細かい打ち合わせをなさっています。お2人とも、役、作品に対する情熱がすごく強くて…。お互いの思いや相違点を真剣にすり合わせて、ひとつのシーンを撮影する姿は本当に格好良いです。伊藤(淳史)さんは気さくな方で、よく話しかけてくださいます。そのお話が面白くて、私は笑いのツボに入ると思い出し笑いをしちゃうんです。だから、本番前に伊藤(淳史)さんのお話を聞くと役に入るのが大変なんですよ(笑)。

最後に視聴者のみなさんにメッセージをお願いいたします。

毎回、ラストシーンが衝撃的。伏線もたくさんあるので、登場人物ひとりひとりの細かな仕草や目線も見逃さないでください。菜見子はカウンセラーとして患者さんのケアをしながら事件に巻き込まれます。仕事と事件に揺れる菜見子を大切に演じたいと思います。物語は、いよいよタイトルの“無痛”に関する流れに入ります。私は、この作品に出会ってから“痛み”の大切さを感じました。みなさんも、“痛み”について少し考えながらご覧いただくと、よりドラマが面白くなると思います。

backnumber