劇場作品

劇場作品 劇場作品一覧
2018.2.10 公開

今夜、ロマンス劇場で

モノクロ映画のヒロインと現実世界に生きる青年。
出逢うはずのなかった2人が出逢ったら…
それはロマンチックで切ない恋のはじまり。

■INTRODUCTION
 映画監督を夢見る青年・健司の前に現れた1人の女性。
彼女の正体は、彼がずっと憧れていた映画の中のお姫様・美雪だった。“逢いたい”気持ちが奇跡を起こし、出会うはずのなかった2人が出逢い惹かれあう。
2人の恋のゆくえは……。

モノクロの映画の中からカラフルな現実世界に飛び出してくるヒロインの美雪を演じるのは、綾瀬はるか。映画やTVドラマ、CM、幅広いフィールドで活躍し、『海街diary』では第39回日本アカデミー賞主演女優賞も受賞。日本映画界に欠かせない女優として活躍する彼女が、白黒世界のお嬢様のドレスにはじまり、現実社会では色とりどりのクラシカルな衣装を纏い、一生に一度の恋を経験する姿を表現している。
美雪に恋をする助監督の健司には、坂口健太郎。『予告犯』『ヒロイン失格』で注目され、『64―ロクヨン―前編/後編』で第40回日本アカデミー賞新人俳優賞受賞、最近は『君と100回目の恋』では一途男子を、『ナラタージュ』では片思いに苦しむ大学生を演じるなど活躍著しい彼が、今回は王道のラブコメディに挑戦、新境地を開いた。
綾瀬と坂口は今作が初共演で何とも魅力的なカップルが誕生した。また、健司が働く映画会社の社長令嬢で、健司に想いを寄せている成瀬塔子を本田翼、映画スター・俊藤龍之介を北村一輝が演じる他、中尾明慶、石橋杏奈、柄本明、加藤剛ら若手からベテランまで豪華なキャストが脇を固める。

このファンタジックでロマンティックなラブストーリーをスクリーンに映し出すのは、数多くのヒットドラマを演出し、『のだめカンタービレ』『テルマエ・ロマエ』シリーズを代表作に持つ武内英樹監督。『信長協奏曲』で脚本を務め、小説家としても活躍する脚本家・宇山佳佑と共にオリジナル作品で挑む。さらに洋楽と邦楽の境界を超えて活躍する実力派で“ラブソング・プリンセス”の異名を持つシンガー・シェネルの歌う主題歌「奇跡」が、美雪と健司の恋を彩る。


■STORY
映画監督を夢見る青年・健司(坂口健太郎)が密かに想いを寄せるのは、通い慣れた映画館・ロマンス劇場の映写室で見つけた古いモノクロ映画『お転婆姫と三銃士』のお姫様、美雪(綾瀬はるか)。健司はスクリーンの中の美雪に恋をして、今は誰も観なくなったその映画を、毎日のように何度も繰り返し観ていた。

 そんなある日、奇跡が起きる。
いつものようにその映画を観ていると、突然けたたましい音が鳴り響き、落雷。暗闇に包まれた劇場に再び電気が着くと、健司の目の前にはさっきまでスクリーンの中にいたはずの美雪が現れたのだった!しかも、彼女は白黒のままだった……。驚く健司を前に美雪は突然言い放った。「今日からお前は私のしもべだ」

 身分が違うから触れるなという高飛車な彼女だが、初めて目にする現実世界のカラフルな“色”を見ては無邪気にははしゃぐ。そんな美雪に健司はひとつずつ色を教えていく。そうして、この日から2人の不思議な同居生活が始まった。同じ時間を過ごす中で、次第に惹かれあっていく2人。そして健司は美雪との日々を映画にしようと脚本を書き始め、憧れていた映画監督としてのキャリアも動き出す。

しかし、美雪には健司にどうしても言えない秘密があった。健司の脚本が採用され、映画監督デビューが決まったその日、美雪はついに自分の秘密を告白する。―現実世界に来るための代償で、美雪は人のぬくもりに触れたら消えてしまうのだった。

 好きだから触れたい、でも触れることで美雪が消えてしまうとしたら……。その事実に葛藤する健司。そんなとき、健司の勤める映画会社の社長令嬢・塔子(本田翼)が健司に想いを寄せていることを知った美雪は、色もなく健司に触れることすらできない自分ではなく、塔子が健司にふさわしいのではないかと姿を消してしまう。果たして2人の切ない恋ゆくえは―。


■CAST
綾瀬はるか 坂口健太郎
本田翼 北村一輝 中尾明慶 石橋杏奈 西岡德馬
柄本明 加藤剛


■STAFF
監督:武内英樹
脚本:宇山佳佑
音楽:住友紀人
主題歌:シェネル「奇跡」
    (ユニバーサル・ミュージック)

製作:フジテレビジョン ホリプロ
製作プロダクション:フィルムメイカーズ
配給:ワーナーブラザース映画

2018.2.10 公開
動画
  • 予告編
    予告編
  • 特報
    特報
  • 彼女の秘密編
    彼女の秘密編
 

Copyright Ⓒ 2018映画「今夜、ロマンス劇場で」製作委員会