モンタージュ 三億円事件奇譚 前編:6月25日(土)よる9時〜11時10分、後編:6月26日(日)よる9時〜11時09分

三億円事件とは?

1968年12月10日午前9時20分頃―
東芝府中工場のボーナス約3億円を積んだ日本信託銀行の現金輸送車が、府中刑務所横で偽装した白バイ警察官に止められた・・・。 「コノ車ニ、ダイナマイトガ仕掛ケテアル・・・」 これが日本の犯罪史上類を見ないミステリーの幕が開いた瞬間だった―。

偽白バイ警察官は車の下にもぐり込んだ後、叫び声が響いた。 「爆発スルゾ!」 発炎筒を焚いた犯人は、銀行員4人に対して車外へ避難するよう促すと、運転席に乗り込み3億円を積んだ車ごと走り去った。

わずか3分間の犯行・・・。

このとき銀行員は危険を顧みず、爆発物を遠ざけてくれた勇敢な警察官だと思い、ただ走り去るのを見守っていた。
乗り捨てられた白バイが偽モノであることに気付いたのは、それからしばらく経ってからである。だが、すでに犯人の姿は煙のごとく消えていた。

以後、史上最大の捜査が展開された。

投入された捜査員・・・延べ17万1805人。 取り調べを受けた人物・・・延べ11万7950人。 捜査にかかった費用・・・およそ9億円。

しかし、発生から7年後の1975年12月10日に時効を迎え、ついに犯人に辿り着くことは出来なかった・・・。

1968年(昭和43年)の時代背景

三億円事件が起きた1968年、日本は高度経済成長の真っただ中にあった。家電製品やマイカーが普及し、国民の生活も急速に変化していた。しかし、そんな繁栄とは裏腹に、社会に暗い影を落とす事件も多く起きている。ベトナム戦争が泥沼化していく中、金嬉老事件や東大紛争、新宿駅騒乱事件、海外ではキング牧師とロバート・ケネディ大統領候補が次々と暗殺された。

“アングラ”と略称されるアンダーグラウンド文化が発達、ピンキーとキラーズの「恋の季節」やキング・トーンズの「グッド・ナイト・ベイビー」が大ヒットし、ビートルズの来日をきっかけに流行したグループサウンズが、当時本格化していた学生運動に勤しむ多くの若者たちの溜まり場となっていたジャズ喫茶に流れていた。民間大卒初任給が3万円、ラーメン一杯80円、銭湯代32円。“サイケ”や、“ハレンチ”といった言葉が流行したのもこの年である。

文化や科学技術の急な発達と豊かになっていく暮らしに沸き立っていた時代に「三億円事件」という当時破格の現金窃盗事件は、日本全国に衝撃を与えた。

「三億円事件」年表

  • 1968年(昭和43年) 
    12月10日9時20分頃

    「三億円事件」発生
  • 1968年(昭和43年) 12月10日
    府中署に特別捜査本部設置
  • 1968年(昭和43年) 12月21日
    モンタージュ写真公開
  • 1969年(昭和44年) 4月9日
    逃走用の車と3億円が入っていたジュラルミンケースを団地で発見
  • 1975年(昭和50年) 12月10日
    事件から7年後・公訴時効成立
  • 1988年(昭和63年) 12月10日
    事件から20年後・民事時効成立