問題のあるレストラン 2015.01 22:00 START

Cast

INTERVIEW1

『最高の離婚』に続いて坂元裕二さん脚本の作品に出演されますが、まずは台本を読まれての感想からお願いします。

登場人物がたくさん出てきて、それぞれがとても個性的なので、ワンシーン、ワンシーン見どころがあるな、という印象を受けました。どの登場人物も過去を背負っていたりして、いろいろなエピソードがあったりするので…。『最高の離婚』とは違う坂元さんのコメディーだな、と感じました。

また坂元さんの作品に出演するということに関してはいかがですか?

率直に嬉しいです。坂元さんの本はとても好きですし、セリフも好きなので。またご一緒できて良かったな、と思っています。

今回もセリフの応酬がありますが…

1話ではまだ爆発していないので、「いつ爆発するんだろう?」とドキドキしています(笑)。

共演陣との読み合わせから始まったそうですが…。

みなさんとても達者な方ばかりなので、私は何も問題ないと思っているんですけど(笑)。『最高の離婚』のときもそうでしたが、読み合わせとかリハーサルが結構入ってくると思うので、そこでなるべく固めてから本番に臨むことができればいいな、と思っています。

田中たま子というキャラクターについての印象もお願いします。

仕事が大好きな女性で、本当に一生懸命やっていて。仕事でセクハラとか理不尽なことをされてもまったく動じないというか、「自分はいい仕事ができればいい」と思っている女性なんですね。でも、自分の大切にしている友だちが傷つけられたら助けに行くような正義感もある女性で…。自分でレストランを開業しようと思ってしまうような無茶なところもあるので、仕事をバリバリやるキャリアウーマンみたいな感じではなく、かといって凄く天然みたいな女性でもない、中間部分な女性を表現できたらいいな、とは思っています。

『最高の離婚』は中目黒で、今回は裏原宿が舞台になります。裏原宿でレストランを始める、という設定に関して何か思ったことは?

屋上のレストランで屋根がない、ということなんで、とても寒いロケになるということはずっと聞かされていたので…。私、もの凄く冷え性で寒がりなので、とにかくそこだけが唯一、とっても心配しているところでした(笑)。防寒対策だけはちゃんとしていこうと。

表参道や裏原宿のあたりは馴染みのある場所ですか?

いや、そんなにないですね。プライベートではあまり行きません。

個性豊かなキャストが勢ぞろいしていますが、その中で特に楽しみにしていることは?

これだけ個性がある役があって、それを演じられる役者さんたちが集まったら、その掛け合いはやっぱり楽しみですよね。本読みだけではどうしてもわからない部分もあるので、「実際にその場所に立ってみたらどうなるんだろう?」という楽しみはあります。

女性メンバーとのシーンが多いですね。女性ばかりの現場はいかがですか?女子トークなどもあるんでしょうか?

女子トーク…はするのかな? 女子ばっかり、というのも楽しそうですよね。私自身は男兄弟の中で育ったので、男性に囲まれている方が楽な感じもあるんですけど、でも女性同士の方が腹を割って話せそうな気はします。

女性を応援する、というテーマもあるドラマですが…。

私も、女性が強く生きられる社会を支持する側なので、今回こういう題材のドラマに出演させていただくのはとても嬉しいです。1話では結構、女性差別みたいなところが描かれているんですけど、そういうところでたま子が復讐していくというシーンもあるんです。そこは見ていてもスカッとするし…。これからもきっとそういうシーンは出てくると思うので、頑張りたいです。

パワハラ、セクハラシーンに関して、お読みになってどう思われましたか?

1話のセクハラのシーンは酷いですよね(笑)。あれはちょっと許せないですね。でも、あれくらい見せてくれた方がわかりやすいのかな、とはちょっと思います。

今回、新たに挑戦する部分と言えば?

凄く強い女性でもなければ天然でもない、とても難しい中間地点というのが自分の中ではチャレンジかな、と思っています。振り切れるところはどこまで振り切っていいのか、強くあるところはどこまで強くあっていいのか、というのは私の中でも課題になっています。そこを並木(道子)監督と一緒に探りながらやっていけたらいいな、と思っています。

ライバル店のシェフ・門司誠人役で東出昌大さんが出演されます。初共演ですね。

無駄に肩の力が入っていない方だな、と思いました。凄く自然体というか…。好青年という感じです。東出さんは前から好きだったので、結構ドキドキします(笑)。

一度、お仕事をしてみたかった?

普通にファンとして見てみたかったんです(笑)。

コメディーとして楽しみにしているポイントは?

安田顕さんが演じる几(おしまづき)ハイジはゲイなんですけど、臼田あさ美ちゃん演じる森村鏡子がずっと下ネタを言ってると勘違いしてウケているシーンがあるです。あの辺はかなり面白いと思います。あとはやっぱり、みんなが集まってああだこうだ言ってるシーンもリズムが出ればかなり面白くなると思っています。普通の常識人でしっかり者はいないので(笑)。みなさんにも楽しんでいただけたら嬉しいです!!

TOPICS backnumber