藤原竜也が手塚治虫の名作で二重生活に挑む
土曜プレミアム『世にも奇妙な物語 '17秋の特別編』
10月14日(土)21時〜23時10分

1990年にスタートしてから27年にわたり斬新で多様なラインナップをとりそろえ、ストーリーテラー・タモリと豪華キャストが"奇妙な世界"へといざなってきた人気シリーズ『世にも奇妙な物語』。『'17秋の特別編』では岩田剛典の「運命探知機」、吉岡里帆の「寺島」などに続いて、藤原竜也が『世にも奇妙な物語』に初出演、初主演することが決定しました。藤原竜也が主演するのは手塚治虫原作の「夜の声」。相手役を『嫌われる勇気』(2017年1月期)、『パパ活』(6月26日動画配信、10月11日から地上波放送)などのドラマに立て続けに出演し、人気急上昇の若手女優・飯豊まりえが務めます。

大手IT企業のCEOである我堀英一(藤原)は、容赦なく社員の首を切る冷徹な経営者。そんな我堀が人知れず実践しているストレス解消法がありました。週末はホームレスとしてダンボールハウスに住んでいたのです。ある週末、いつものようにホームレス姿で過ごしていた我堀の元に一人の若い女性(飯豊)が男たちに追われて逃げ込んできます。思わず彼女をかくまう我堀。男たちが去り、早く家に帰るよう促す我堀ですが、ユリと名乗るその女性は我堀のダンボールハウスまでくっついてきてしまいます。見捨てるわけにもいかず、ダンボールハウスに入れる我堀。ユリはそのままダンボールハウスに住み始め、ホームレス姿の我堀の世話を焼くようになります。お互い多くを語らずホームレス生活を送り始めた二人は、次第にひかれ合っていくように…。ユリとより多くの時間を一緒に過ごしたいと考えた我堀は、CEOの身分については黙ったまま、自分の会社の入社試験を受けるようユリに言います。当然のごとく入社試験に受かり、我堀の元で働き始めるユリですが、我堀がホームレスと同一人物である事にはまったく気づきません。そんなユリをますます好きになった我堀は、自分がユリの慕っているホームレスと同一人物であることを隠したままプロポーズしますが…。

藤原は1997年、蜷川幸雄演出の舞台「身毒丸」主役オーディションでグランプリを獲得し、デビュー。バービカン・センター(ロンドン)での公演では、「15歳で初舞台とは思えぬ存在感で天才新人現る」と絶賛され、翌年には凱旋公演も行われました。その後、映画「バトル・ロワイヤル」(2000年)では主演に抜てきされ日本アカデミー賞・主演男優賞と新人俳優賞をW受賞。舞台「ハムレット」(2003年)では日本演劇史上最年少21歳でタイトル・ロールを演じ、主な演劇賞を総なめにしました。ドラマでもNHK大河ドラマ『新撰組!』(2004年)、『八つ墓村』(2004年)、『古畑任三郎ファイナル』(2006年1月・第一夜)、『わが家の歴史』(2010年)、『ブルータスの心臓』(2011年)など、多くの作品に出演。舞台から映画、ドラマと幅広いジャンルで高い演技力を発揮して活躍しています。最近のドラマでは、いままで演じてきた知的でかっこいい役柄とは打って変わった、格好も地味で情けない役柄を見事に演じ、高い評価と注目を集めました。そんな藤原が、大手IT企業のCEOとホームレスといった正反対の二つの人生を一人で送る役柄をどのように演じる分けるかに、どうぞご期待ください!

さらに短編作品に、元乃木坂46の深川麻衣とSexy Zoneの松島聡が出演することが決定しました。
昨年2016年に乃木坂46を卒業。本格的に女優としての道を歩み出した深川麻衣が『世にも奇妙な物語』初出演で初主演を務めるのは短編作品「ポニーテール」。ポニーテールの似合うマイ(深川)は恋にあこがれる女子大生。しかしマイはそんなポニーテールに恋心を翻弄されることになるとはつゆとも知らず…。乃木坂46では選抜メンバーとして、卒業前からモデル・女優としても活躍していた深川が、卒業後『世にも奇妙な物語』でどんな女優像を見せてくれるのかに、ぜひご期待ください!

ドラマに初出演となるSexy Zoneの松島聡が主演を務めるのは短編作品「交換」。スマホの画像アプリで遊んでいた高校生の寛太(松島)と泉(田中真琴)。寛太は不意に「…ねえ、マジなやつやっていい?」と泉に問いかけるが…。『世にも奇妙な物語』の奇妙な世界に体当たり演技で初挑戦した松島。これまでテレビでは見せたことのない意外な姿を披露するので、ぜひご注目ください!

「夜の声」を含む4本のほか、「ポニーテール」「交換」といった短編作品も多数含め、本格ホラー、サスペンス、ユーモラスなど様々な切り口で"奇妙な世界"をお届けする『世にも奇妙な物語'17秋の特別編』は10月14日(土)21時から。どうぞご期待ください!

次へ

番組・イベント情報へ
0.とれたてフジテレビ TOP

※古い機種では表示が崩れている場合があります。その場合は、パソコンまたはスマートフォンで閲覧ください。

(C)フジテレビジョン