してみるテレビ 教訓のススメ 毎週金曜よる7:57 MCダウンタウン アシスタント生野陽子
12/5(金)放送「教訓ハンター」
蛭子能収、児嶋一哉(アンジャッシュ)、島崎和歌子、西川史子
東尾修、東尾理子、ヒロミ、ビビる大木、松本伊代
木村佳乃、坂上忍、西川史子、渡部建(アンジャッシュ)
井上尚弥、けみお、鈴木奈々、鈴木伸之、ダレノガレ明美
※五十音順

あなたの身にも起こるかもしれない!?
まさかの介護トラブルをチェックしてみる

弁護士 望月宣武先生、社会福祉士 川内潤先生 監修

《実際起こった介護でのトラブルをチェック》

実際に起こったトラブル事例を見て、選択肢の中からお答え下さい

  • 認知症の父が店の商品を破損 賠償金の支払い義務はある?
    A:全額を支払わなければならない
    B:支払う必要があるが認知症の為 減額される
    C:支払わなくても良い
  • 解答 A:全額を支払わなければならない
    認知症患者には責任能力が無い為、監督義務を有する者が賠償責任を負う
    監督義務を怠らなかった事を証明できれば免責される
  • 認知症の可能性がある母の検査結果に娘は憤慨
    その結果とは?
    A:半年後に再診
    B:異常なし
    C:精密検査が必要な為 検査費50万円が必要
  • 解答 B:異常なし
    <訪問調査時の注意点>
    ■認知症患者は緊張によって脳が活性化し
     普段よりもしっかりとした態度を取る事がある
    ■認知症への恐怖心から調査員を追い返してしまうケースもよくある
  • 怪我での入院後
    老人ホームに戻ろうとした親子が言われた一言とは?
    A:入居一時金500万円を追加で払う必要があります
    B:当施設にはもう入れません
    C:空き部屋がないので空くまでお待ち下さい
  • 解答 B:当施設にはもう入れません
    施設によって介護内容は異なり
    入居後 病状などを理由に退去を求められる事例もある
    終身利用権とは、介護業界内で使用されている言葉で
    法律で定められた権利ではないので注意した方がいい

《認知症の初期症状を見抜くチェック》

あてはまるものにチェックをしてください
  • ティッシュ・トイレットペーパーを切らしている事が増えた
  • 以前は無かったのに日常よく使う物を買い忘れる事が多くなる
  • 気が付くと財布の中に小銭がたまっている
  • 買い物でお釣りの計算ができなくなり
    お札での支払いが増え小銭が貯まるようになる
  • 最近、甘い物やしょっぱい物をよく食べるようになった
  • 味覚が鈍くなってしまい濃い味を好むようになる
  • シャンプーの量が減っていない
  • 認知症になると入浴の段取りが出来ず頭を洗い忘れる事が多くなる
認知症は早期発見が大切
早期で治療を行えば、病状の進行をより遅らせる事ができる
  • 徘徊トラブルを防ぐ対策
    1.家の出入り口に音が鳴るセンサーを設置する
    2.GPS機能のついた物を身に付けさせる
    3.洋服に名前や連絡先が記入された物を縫い付ける

  • 認知症発症時の主な症状
    1.現実になかった事を話すようになる
    2.何度も同じ事を繰り返し言うようになる
    3.身近な人の名前を忘れる

  • 要介護認定の誤審を防ぐ対策
    1.検査の場に同席する
    2.普段の状況・症状が記載された物を渡す
    3.連絡先は本人が出ない連絡先にする

  • <世界に誇る 日本の最先端 介護グッズ>
    ■誰でも一瞬で力持ちになれる「マッスルスーツ」
     圧縮空気で伸縮する人工筋肉で最大30kgの重さを補助する
     持つ瞬間に息を吸うと重い物も簡単に持ち上げることができる


    ■究極の次世代型車イス「WHILL Model A」
     世界初iPhoneで遠隔操作を可能にした最先端車イス
     前輪の24個のタイヤで横の動きもスムーズ


    ■世界初の搭乗型パワースーツ「パワードジャケットMK3」
     搭乗の動きをセンサーがキャッチ 身体に負担を掛けずに操作が可能

    ■世界一のセラピーロボット「PARO」
     ギネスも認めた世界一のセラピーロボット
     人間の言動に反応し認知症の予防・治療にも活躍

現代日本の大問題をチェックSP!
坂上忍が国民を代表して
富士山噴火について専門家に一から聞いてみる

教訓ハンター:坂上忍
京都大学教授 鎌田浩毅先生、防災・危機管理のエキスパート 渡辺実さん
経済評論家 勝間和代さん

《富士山噴火について一から聞いて分かったこと》

火山学の見解では「富士山は100年に1度噴火する」と言われるので
最後の噴火から300年あいている今 いつ噴火してもおかしくない状況と言える
富士山には100個以上の火口が存在し、火山学者もどこから噴火するか断定できない
噴火した場合、火山灰の影響で電力停止・医療費増加・食料不足により
経済恐慌を引き起こす可能性が高く国家存続の危機と言われているにも関わらず
国としての防塵対策が全くなされていない
個人レベルで火山灰に対して用意しておくべきものは、地震対策グッズ+防塵対策グッズ

  • <最新防災グッズ>
    ■火山灰対策マスク
     火山灰の他に二酸化硫黄にも対応した防毒マスク

    ■ホイッスルバックル付きヘルメット
     あごヒモの留め具部分がホイッスルになっている

    ■サバイバルフーズ
     NASAが開発した最大25年間保存可能な非常食

    ■非常時おたすけ箱
    3日間分の食料が備わり5年間の保存が可能 箱は簡易トイレとしても使える


現代日本の大問題をチェックSP!
昭和世代 VS 平成世代 最近の若者 どうなってんだチェック

博報堂ブランドデザイン 若者研究所 リーダー 原田曜平さん 監修・解説

《昭和世代がムカついた平成世代への不満》

  • 第1位 言葉遣いがなってない
  • 昭和世代と平成世代のギャップ「プライベート」の考え方が違う
    昭和世代にとって自分の事を話す行為は相手に失礼にあたるという認識が強い
    平成世代は自分の事をオープンに話す事がむしろ当然で正しい行動という認識
    「プライベート」に対する考え方は平成世代の方が世界的にスタンダード
  • 第2位 気遣いができない
  • 昭和世代は職場など狭い範囲で深いコミュニケーションを要求されたが
    平成世代はネットの普及で広く浅いコミュニケーションが日常的なので
    昭和世代から見れば、平成世代は深い人間関係を築くのが下手と感じる
  • 第3位 無神経
  • 日本の様な年功序列への強い意識は世界でも数少ない
    昭和世代は景気も良かった時代で先輩を敬い従って頑張れば見返りがあったが
    平成世代は景気も悪く転職も当たり前で上下関係への意識も身に付く機会が
    少ない
★過去放送の教訓はこちらをチェック★
このページに掲載されている写真はすべて著作権管理ソフトで保護され、
掲載期限を過ぎたものについては削除されます。
無断で転載、加工などを行うと、著作権に基づく処罰の対象になる場合もあります。
なお、 『フジテレビホームページをご利用される方へ』もご覧下さい。