• st_03st_04
  • 喜多見切子(井川遥)の死の真相、そして貴族探偵(相葉雅紀)の関わりを追う高徳愛香(武井咲)は、政宗是正という人物にたどり着く。愛香に頼まれた鼻形雷雨(生瀬勝久)が、政宗を警察庁のデータベースで調べると、シンガポールを拠点に黒い活動をする人物という以外、一切が貴族探偵と同じように謎に包まれた人物だった。
     愛香は鼻形と、切子の遺体が発見された渓谷に花を手向けに行く。切子は上流の山道から転落して流された事故死とされていたが、当時の関係者は遺体には目立った外傷がなかったと証言していた。鼻形は近くの喫茶店に後輩の警官を呼び出し、当時の資料を持ち出すよう頼む。
     その喫茶店に、作家の大杉道雄(小市慢太郎)がいることに鼻形が気づく。鼻形は大杉の妻で、元女優の本宮真知子(高岡早紀)のファンだったのだ。愛香が止めるのも聞かずに鼻形は大杉にサインを求めに行くが、あっけなく断られてしまう。
  • st_03st_04
  • そんな時、鼻形の携帯が鳴る。貴族探偵の執事、山本(松重豊)からだ。山本によると、貴族探偵が珍しい蝶を探していると愛犬のシュピーゲルが女性の他殺体を発見したと言う。
     愛香たちが指定されたキャンプ場に行くと、貴族探偵の天幕が張られている。貴族探偵はまたしても事件の謎解きを愛香に求めてきた。
     殺害されたのは水橋佐和子(田中千絵)。真知子の妹だ。佐和子は夫の洋一(山中崇)、大杉夫妻、友人の堂島尚樹(中村俊介)とキャンプ中に殺害されたのだ。そのあまりに美しい遺体の姿に貴族探偵は目を奪われる…。

Backnumbert