『貴族探偵』は、田中さんにとって2作目のドラマ出演ですが、出演が決まった時のお気持ちはいかがでしたか?
2作目にして月9に出演できると聞いて、飛び上がって喜びました(笑)。注目度の高い作品ですので、もちろんプレッシャーはありますが、それ以上にうれしく思いました。
鑑識の和泉には、どのような印象を持ちましたか?
和泉は原作にはない役なので、みなさんにアドバイスをいただきながら作り上げなければいけない、すごく難しい役になるだろう、と思いました。最初の設定では、和泉は感情を表に出さない寡黙な女性でしたが、その後、ほかのキャラクターとのバランスもあり、今のようなぶっきらぼうで鼻形さん(生瀬勝久)にすぐキレる女性に変化していったんです。ドラマオリジナルのキャラクターですから、面白い役にしたいとは思いつつも、お手本がない分、最初は難しさを感じました。
役作りはどのようにされたのですか?
お芝居の経験が少ないので、ひたすら家で練習して現場に入っていました。そうしたら、生瀬(勝久)さんから「ひとりで練習し過ぎるのはよくない」とアドバイスをいただきまして。「相手が100人いたら100パターンの演技がある」というように、お芝居は相手があってのことですから。生瀬さんは、前作でもご一緒させていただき、その時にもアドバイスをしてくださったんです。和泉は、鼻形さんと一緒のシーンが多いということもあり、今回もアドバイスをいただいています。和泉は、いわばツッコミの役なので、1秒の“間”の取り方で面白くもつまらなくもなるということで、そこを見ていただいています。この間は、武井咲さんも加わって、「そっちの間のほうがいいと思います」なんて、みなさんからアドバイスをいただいて。本当にありがたいことだと思っています。
和泉には、仕事はできるが男性好き、という一面もあります。4話からは、急に佐藤(滝藤賢一)を意識し始めましたね。
突然、“ロマンティック乙女モード”に入っちゃいましたね(笑)。今後、和泉の男性関係がどうなるのか、まだ分からないのですが、個人的には佐藤さんにメロメロになっている和泉が出てくるといいな、と思っています。和泉は、口調は言い切りでキツイところもありますが、表裏がない素直な女性。仕事に自信も持っていますし、男性にも負けないド根性もあって、私はすごく好きです。身近にいたら友達になりたいと思うような、カッコいい女性だと思います。
田中さんもカッコいい女性ですが、内面はかなり違いそうですね。
私は楽天家で、怒ることも少ないですし、しゃべるのもゆっくりなので、和泉のような話し方はしないかもしれません。でも、ああいうキャラクターに見えるようで、スタッフさんからも、「ぶっきらぼうな方じゃないんですね」なんて驚かれたこともありました(笑)。自分とタイプの違う女性だからこそ、演じがいを感じています。
intv_02
現場は、タイトなスケジュールの中でも和やかな雰囲気ですね。
相葉(雅紀)さんが、とてもやさしい方というのもあると思います。相葉さんは人との間に壁を作らない方ですので、スタッフ、キャストといつも和気あいあいとされています。以前、差し入れで現場にワニの肉が届けられたことがあって、その時にワニの足もついていたんです。スタッフさんが「相葉さん、こんなところにマイクがありますよ」と振ったら、その足をマイクに見立ててステージのようにステップを踏み始めたんです(笑)。それを見た時に、サービス精神のあるやさしい方だな、と思いました。武井(咲)さんもやわらかい空気を作ってくださる方ですし、だから私もヘンな緊張をすることなく、伸び伸びとやらせていただいています。
ちなみに、そんな相葉さんが演じる貴族探偵と、武井さんが演じる新米探偵の愛香、田中さんが事件解決を依頼するなら、どちらにしますか?
うわぁ、難しいですね。愛情を持って事件に向き合ってくれるのは愛香さんですから、愛香さんと言いたいところですが…解決をお願いするなら、頼れる使用人の方がたくさんいる貴族探偵かな。貴族探偵にお願いしたら、アバンチュールも楽しめそうですしね(笑)。
田中さんは、モデルとして活躍されていて、昨年から女優としてのお仕事もスタートされました。今後も女優業に力を入れていきたいと思っていますか?
今も楽しくやらせていただいてはいますが、オンエアを見て「向いていないんじゃないか」と落ち込むこともあります。ですが、達成感もやりがいもありますし、自分の人生をかけてやる価値のあるお仕事だと思っていますので、今後もがむしゃらにチャレンジしていけたらいいなと思っています。
最後に視聴者のみなさまにメッセージをお願いいたします。
この作品は、ティーンエイジャーや女性の方はもちろん、ビジネスマンの男性にも楽しんでいただけるんじゃないかと思っています。お仕事終わりの月曜の夜、ビールでも片手にツッコみながら見ていただけたら楽しいと思います。今後、さらにテンポアップして面白くなると思いますし、今からでも楽しめますので、ぜひご覧ください!

Backnumbert