第1話より

スタイリングのポイント

定番色の中でも、洗練されたスタイリングに見せてくれるネイビー、素材は、落ち感のあるシルクレーヨンで黒よりは柔らかい印象。今、大人気の“とろみ”ブラウス。

メンズライクな、ピンストライプのワイドパンツと合わせて、軟らかい印象のパンツスタイルです。

私たちもマネできる!奈津子レッスン

40代の働くママにも!バタバタしがちな朝に、このネイビーの“とろみ”ブラウスが
1点あれば、パンツ、スカート、何にでも合わせやすく、“ヘビロテ”アイテムのひとつに。


第1話より

スタイリングのポイント

麻混の薄いベージュのメンズライクなジャケットに、Vラインのブラウス、黒にフリル付きのデザインスカートの組みあわせ。
スタイリッシュなスタイリングの中にフェミニンさをプラス、カッコイイだけではなく女性らしさを加えたスタイリング。

私たちもマネできる!奈津子レッスン

定番色同士の組み合わせですが、春夏に向けて重い印象になりがちな黒は、ボトムのスカートに持ってきて、薄いベージュと白いブラウスで、顔周りを明るい印象に。胸元をVのブラウスを合わせる事で、堅く見えがちなジャケットスタイルを女性らしくできます。

ワンランクアップレッスン

合わせるジュエリーは、WG(ホワイト・ゴールド)、SS(ステンレス・シルバー)で、素材の色を統一。シャープなジュエリー使いで、甘辛バランスなスタイリングです。


第1話より

スタイリングのポイント

ネイビーにピンストライプのジャケットといえば、ビジネスシーン、働く女性の王道ジャケットです。リクルートっぽく見えがちな、ネイビーのジャケットも、サックスブルーのレーヨン素材の“とろみ”ブラウスを合わせて優しい印象に。比翼仕立てのクルーネックブラウスと、白のバッグがスタイリッシュで華やかな印象をあたえます。

私たちもマネできる!奈津子レッスン

手持ちの定番ジャケットに、パステルカラーの薄い色のブラウスを合わせることで、いつもと違うジャケットスタイルに。マンネリ化しがちなジャケットスタイルに、わざと遊び心を加えてみては?

ワンランクアップレッスン

A4が入るたっぷり収納バッグは、ホワイトをチョイスして、マンネリコーディネートにわざと外しワザ。


第1話より

スタイリングのポイント

カーキ〜ベージュ系のワントーンコーディネート。ミリタリーな印象を持つカーキ色は、カジュアルに見えがちですが、GOLD×パールのネックレス、腕時計はメンズライクなクロノグラフタイプで、女性らしさと、メンズライクなわざと外した組み合わせに。

私たちもマネできる!奈津子レッスン

カーキのシャツは、意外と引き締まった印象を与えます。シンプルなカーキのシャツが1枚あれば、毎日履くタイトスカートや、パンツスタイルもコンサバ過ぎないスタイルに仕上がります。

ワンランクアップレッスン

一連のパールのネックレスや、普通のネックレスより、こんなロングネックレスと、時計、小物使いで、ちょっぴりモード感をプラスしてみましょう!


第1話より

スタイリングのポイント

”とろみ”ブラウスに、大人気アイテムのコーディガンを。ボタン無しタイプで、コートっぽくも、カーディガンにも活躍できるアイテムです。色味は、光沢のある素材のグレー。ネイビーに相性バッチリ! カーディガンスタイルでも、スタイリッシュなイメージを作れます。

私たちもマネできる!奈津子レッスン

お役立ちのコーディガンをご自分のワードローブに、1点投入してみては?

ワンランクアップレッスン

胸元の開いたブラウスに、シンプルで小さめだけど、存在感のあるパベダイヤを! 地味になりがちなコーディネートを華やかにクラス感あるスタイルに見せてくれます。


番組制作発表より

スタイリングのポイント

ノーカラーでボタン無しの光沢感のある上質なジャケットはモード感があるので、モノトーンカラーでまとめて。スカートは、切り替えデザインのティアードを合わせて、歩く度に女性らしい印象をプラス。ただのタイトスカートからの脱却を!

私たちもマネできる!奈津子レッスン

一見、ありがちな組み合わせのモノトーンコーディネート。地味になり過ぎないために、どこかにニュアンスのあるアイテム(アクセサリーなど)を1点加えることで、女性らしいビジネススタイルが完成!

ワンランクアップレッスン

グレーのノーカラーのジャケットは、仕事以外の休日スタイルにもOK。例えば、白いシンプルなTシャツ、デニムといったカジュアルなスタイリングにこのジャケットを合わせれば、カジュアルモードも完成! コーディネート変えるだけで、オールマイティに活躍する、上質ジャケットです。