あらすじ

土曜プレミアム 世にも奇妙な物語 2012年秋の特別編

#201211

心霊アプリ

2012.10.06

キャスト
  • 立花さおり
    大島優子
  • 伊藤和人
    大東駿介
スタッフ
  • 脚本
    寺田敏雄
  • 演出
    松木 創
あらすじ
 学習塾で事務員として働く立花さおり(大島優子)は、学生の間ではやっているという「心霊アプリ」をスマートフォンにダウンロードする。このアプリケーションで写真を撮ると、背後に心霊の画像が合成されるという。友人の驚いた顔を見るのが楽しいさおりは、次第にハマっていく。恋人の伊藤和人(大東駿介)は、やめたほうがいいと忠告するが、さおりは利用規約を読むことなくアプリをバージョンアップしてしまう。すると、自分が撮った写真を、心霊写真の幽霊として使うことができるという機能が追加されていた。

#201212

来世不動産

2012.10.06

キャスト
  • 田中二郎
    高橋克実
  • 来世不動産の店員
    バカリズム
スタッフ
  • 原作
    升野英知(バカリズム)
  •  
    (「来世不動産」
  •  
    『東と西2』所収 
  •  
    小学館)
  • 脚本
    バカリズム
  • 演出
    岩田和行
あらすじ
 倒れている一人の男・田中二郎(高橋克実)が目を覚まし立ち上がると、そこは草原だった。辺りには何も見当たらないが、目を凝らしてよく見回すと、ぽつんと1軒の建物が見えた。そこは不動産屋で、田中がそのドアを開けると、中には一人の店員(バカリズム)がいた。“いらっしゃいませ”と田中を迎えた店員は、田中がすでに死んでいることを明かした。さらに、これまでの人生の行いをポイントで換算し、ポイントに応じて来世に魂が宿る体を選べるという。田中は当然、人間を希望するが、それにはポイントが足りないと言われ…。

#201213

蛇口

2012.10.06

キャスト
  • 浅村雄一
    伊藤英明
  • 浅村貴子
    森口瑤子
スタッフ
  • 原作
    小池真理子(「蛇口」
  •  
    『懐かしい家』所収 
  •  
    角川書店)
  • 脚本
    北川亜矢子
  • 演出
    佐藤源太
あらすじ
 自宅でガーデニングをしていた浅村雄一(伊藤英明)のもとに、妻の貴子(森口瑶子)が一酸化炭素中毒で倒れて搬送され危険な状態であると連絡が入った。雄一がふと庭を見ると、ガーデンテーブルから、にょっきりと蛇口が生えていた。雄一は、その蛇口に見覚えがある。自分の母親が死んだ時、友人や上司が生死の境をさまよった時など、身近な人間に死の危険がせまった際に、その蛇口は急に現れるのだ。さらに、コックをひねって出てくる水の色を見れば、その人の生死さえ分かるのだった。またしても現れた蛇口。それは、誰の生死を暗示しているものなのか。雄一は、娘の美咲を連れて、妻が搬送された病院へと向かう。

#201214

相席の恋人

2012.10.06

キャスト
  • 山田スズ
    倉科カナ
  • 今藤良樹
    佐野和真
  • 相席の男
    宇津井 健
スタッフ
  • 脚本
    和田清人
  • 演出
    高丸雅隆
あらすじ
 運命の人との結婚を夢見るOLの山田スズ(倉科カナ)は、高校時代からの恋人・今藤良樹(佐野和真)と同棲をしているが、良樹の仕事が忙しくすれ違いの日々が続く。そんな中、一人で入った喫茶店で、スズはめまいに襲われる。意識が戻ると、夜だったはずが昼になっていて、目の前には見知らぬ老人(宇津井健)が座っていた。“久しぶりだね”と親しげに声をかけてくる男に不信感を持つスズ。男はさらに、“僕は君の恋人なんだ”と照れくさそうに笑う。スズは再びめまいに襲われ、気が付くと男の姿は消えていた。そんな不思議な体験が気にかかり、スズはふたたび喫茶店を訪ねる。

#201215

ヘイトウイルス

2012.10.06

キャスト
  • サエキマコト
    草彅 剛
  • クリタハジメ
    森 廉
スタッフ
  • 原作
    うめざわしゅん
  •  
    (「ヘイトウイルス」
  •  
    『ユートピアズ』所収 
  •  
    小学館)
  • 脚本
    黒岩 勉
  • 演出
    落合正幸
あらすじ
 わずか半世紀ほど前、人類は愚かな戦争を繰り返していた。終わることのない憎しみと暴力の連鎖。憎悪の原因は、あるウイルスの感染によるものとし、そのウイルスは「ヘイトウイルス」と名付けられた。やがて、研究者たちはヘイトウイルスを死滅させるワクチンの開発に成功。地球上から争いがなくなり、人類は「ユートピア」を手に入れた。そんなある日、「ユートピア保全機構」のサエキ(草彅剛)は、いつものようにヘイトウイルスに侵された患者へのワクチン投与やウイルス除去チェックを行っていた。そこに新たなヘイトウイルス感染者による殺人事件発生の一報が入る。被害者はサエキの妻で、感染者はクリタ(森廉)だった。クリタはかつてサエキの娘を殺した犯人であった。サエキによるワクチン投与を希望してやってきたクリタを目前に、サエキは…。

出演者のお名前は、現在改名、新たに襲名された方についても、出演当時のお名前を表記しております。