あらすじ

世にも奇妙な物語~2007春の特別編~

#200701

才能玉

2007.03.26

キャスト
  •  
    櫻井 翔
  •  
    平山あや
スタッフ
  • 脚本
    大野敏哉
  • 演出
    植田泰史
あらすじ
 貧乏なフリーターの太田真和(櫻井翔)は、バンドでデビューすることを夢見ているが、どこに行っても「才能ないね」という一言で片付けられてしまう。今日もオーディションに落ち、さらに、バンド仲間からはあっさり解散を宣言された真和。
 途方に暮れ人生が嫌になってしまった真和が何気なくパソコンをいじっていると、突然、画面から飛び込んできた文字…それは"才能玉"。そのうたい文句によれば、このアメをなめると眠っていた才能を呼び覚ますことができるという。人生に絶望していた彼は半信半疑でそのアメを購入し、なめてみる。すると思いもよらない才能が目覚めはじめるのだが…?

#200702

ヴァーチャルメモリー

2007.03.26

キャスト
  • 立花雪絵
    加藤あい
スタッフ
  • 脚本
    高山直也
  • 演出
    星護
あらすじ
 立花雪絵(加藤あい)は、今日も課長に説教されていた。「今、私の頭を輪切りにしても、いやな記憶しか詰まってないだろう…」。毎日毎日、説教とイヤミ。面倒な仕事を押し付けられても文句も言えない自分を情けなく思う。
 いやな記憶ばかりが蓄積される毎日だったが、そんなある日、とぼとぼと道を歩いていた雪絵の目に"ヴァーチャルメモリーショップ"という文字が飛び込んできた。誘われるように店内に入ると、そこではたくさんの記憶が売られていた。店員の説明によれば、他人の記憶を微弱電流で脳内に再生することによって、その記憶を互換でリアルに感じることができるのだという。
 むしゃくしゃした気分を晴らしたかった雪絵は、一番スカッとする記憶をリクエスト。帰宅して、さっそく試してみると…?

#200703

雰差値教育

2007.03.26

キャスト
  • 名城恵子
    永作博美
  •  
    温水洋一
スタッフ
  • 脚本
    小川みづき
  •  
    森ハヤシ
  • 演出
    佐藤源太
あらすじ
 名城恵子(永作博美)は、中学校の教師。生徒全員に授業をボイコットされ、保護者からは担任変更の嘆願書を提出されたため、学校を去ることに。
 新しく赴任した学校で、初めての授業に向かった恵子は、教室に入るや否や、妙な空気を感じ取る。生徒は無表情なまま全員着席。教室後方の長机には、黒スーツを着たこれまた無表情な男女が座っている。そしてその横には電光掲示板。掲示板には、始業のチャイムが鳴ると、"50"の数字が点灯した。その数字は、恵子の発言や、それに対する生徒の言動によって変動するようだ。いったいこれは…?

#200704

午前2時のチャイム

2007.03.26

キャスト
  • 浦木春海
    椎名桔平
スタッフ
  • 脚本・演出
    長江俊和
あらすじ
 恋愛小説を中心にベストセラーを連発する、売れっ子小説家の浦木春海(椎名桔平)。引っ越してきたばかりのマンションの書斎で原稿を書いていると、玄関のチャイムが鳴る。時計の針は、午前2時をさしている。不審に思いながらインターホンの画面を見ると、そこには見覚えのない女が立っていた。「部屋をお間違えでは?」と春海が問いかけると、インターホンの画面が突然消える。その日以来、毎日決まって午前2時に玄関のチャイムが鳴る。いら立ちを押さえられない春海の様子をみた編集者が、ある都市伝説の存在を告げた。それは…。

#200705

回想電車

2007.03.26

キャスト
  • 興水
    小日向文世
スタッフ
  • 原作
    赤川次郎(「回想電車」 
  •  
    集英社)
  • 脚本
    田村孝裕
  • 演出
    土方政人
あらすじ
 リストラされた興水(小日向文世)は、会社をひとり後にする。気晴らしにパチンコなどをしてみるが、ここでも運は訪れず、外れてばかり。酒を飲む気にもなれず駅に向かう途中で、たちの悪い若者たちに絡まれて金をむしりとられてしまった。手元に残ったわずかばかりの小銭。
「神を信じる性質ではないが、今日くらいは、神様、私を救ってもらえないだろうか」…切符を買い、電車に乗り込む興水。あまり人のいない車内。興水がひとり漫然と座っていると、とある駅で扉が開き、上品な女性が乗ってきた。特に気にもとめなかった興水だったが、突然、その女性に声をかけられ…。

出演者のお名前は、現在改名、新たに襲名された方についても、出演当時のお名前を表記しております。