スペシャルドラマ 炎の経営者 3月19日(日)16時~17時25分

トピックス

2017.3.1

原作紹介

炎の経営者 高杉良

「炎の経営者」高杉良(文春文庫)

炎の経営者
1986年に経済小説の第一人者・高杉良が発表し、「ビジネスマン必読のロングセラー」ともいわれる、伝説の経営者を描いた小説。この小説は、戦時中の大阪で小さな町工場を興した経営者が、“当たって砕けろ“の精神で情熱をもって行動し、日本が世界に誇る化学的な功績を残し“世界を変えた”という実話をもとにしている。
高杉良
1939年東京生まれ。科学専門紙記者、編集長を経て1975年に「虚構の城」で作家デビュー。経済界全般にわたり、綿密な取材に基づき、話題作を数々発表する。著書に「小説 日本興業銀行」、「燃ゆるとき」、「王国の破壊」、「不撓不屈」、「金融腐食列島」、「小説 ザ・ゼネコン」、「乱気流」、「腐食生保」、「挑戦 巨大外資」、「反乱する管理職」、「新・青年社長」など多数。