Introduction

「はじめに…」

 NEWSの加藤シゲアキさんの処女作であり、ベストセラー小説でもある『ピンクとグレー』を読んだ時に、その圧倒的な描写力と、物語の展開の面白さに本当に感動しました。その後、立て続けにヒット作を連発し、今年2015年、初めて短編小説集として発表されたのが『傘をもたない蟻たちは』です。恋愛物からSFまで多様なジャンルの物語が散りばめられた秀逸な短編となっており、あらためて加藤シゲアキさんの小説家としての力量とその内容に感動させられるとともに、是非ドラマ化してみたいと思いました。

 当初は、“オムニバスドラマ”として成立させることを思案していたのですが、何回も読み返すうちに、この短編を“連続ドラマ”としてアレンジメントしてみたいという強烈な思いにかき立てられました。どの物語にも“若者たちが抱えている苦悩”が通底しているとともに、短編全体をパッケージできる構造の物語があったことが、大きなチャレンジではありましたが、何としても“連続ドラマ”として成立させたいという強い思いにつながっていった訳です。脚本担当の小川真さんとディスカッションを何度も繰り返し、ようやくでき上がったプロットは、原作者の加藤シゲアキさんの強い後押しもあって、ついに“連続ドラマ”としての脚本が完成しました。

主演は桐山漣さん。売れないSF作家という役どころで、彼の“妄想”や“回想”が短編集の中の物語や要素となっています。原作者である加藤シゲアキさんにも出演していただきます。原作者が主要なキャストを演じるというのは大変珍しいことだと思います。演出は『オリエント急行殺人事件』など、数々のヒットドラマを手掛けてきた河野圭太が担当します。

 連ドラ『傘をもたない蟻たちは』は、原作の肝の要素を散りばめて4話の連続ドラマとして構築したものですが、ちょっとファンタジックで、笑いも涙も、そして切なさもある欲張りなエンターテインメントドラマになると確信しています。皆さまどうぞ、ご期待ください。

編成企画/羽鳥健一(フジテレビ)

Introduction

第1話

第1話
第1話

 橋本ジュンのペンネームで小説を書く若手SF作家の橋本純(桐山漣)は、作家とは名ばかりで唯一の連載が終わり貯金とバイトで食いつなぐ日々を送っていた。そんなジュンに担当編集者の館山(阪田マサノブ)は、恋愛小説を書くように勧める。

第1話

 締め切りが迫るなか、行き詰っていたジュンの前に、ひとりの男(加藤シゲアキ)が現れる。突然家を訪ねてきたその男は、橋本純が生まれ育った那珂湊の幼馴染だった。10年以上ぶりの再会を喜びつつ、小説のアイデアが浮かばずに苦戦していることを話すジュンに、幼馴染は過去にジュンが経験したある事件の話題を持ち出してきた。ジュンはその事件をヒントに、小説『インターセプト』を書き始める―――。

『インターセプト』

第1話

結婚式二次会に出席していた会社員の林(桐山は、部下の中村安未果(足立梨花)に声をかけるタイミングを見計らっていた。会社のマドンナ的存在でありながら誰の誘いにも乗らない安未果を口説き落とすと、同僚に豪語したからだ。

第1話

独自の行動心理学を用いて巧みに口説く林を、安未果はあっさりとかわして去っていく。諦めかけた林だが、安未果が忘れた携帯を手に再び声をかける。すると……!

第2話

第2話
第2話

 起死回生をかけて恋愛小説に挑むことになった若手SF作家の橋本ジュン(桐山漣)は、突如訪ねてきた幼馴染の男(加藤シゲアキ)の助言を受けて『インターセプト』を書きあげた。しかし、物語がホラーだとボツになってしまい、ますます追い込まれていくジュンに幼馴染は理想の人を書いてみるように再び助言を送る。

第2話

 ジュンは理想の女性を想像しながら小説『恋愛小説(仮)』を書き始めるが、理想のビジュアルだけ書いたところで眠ってしまう。その夜、夢の中にひとりの美女(渡辺舞)が出てきた。眠るたびにその美女が出てくることを報告するジュンに、幼馴染はその女性を題材に恋愛小説を書くように勧める。

第2話

 意気込んで書きかけの画面を見たジュンは、夢で見た女性が自分が書いたままの見た目であることに気付く。夢の中の女性は自分が書いた文章の通りになると確信をしたジュンは、ユキエと名付けて次々と願望を書き込んでいくうちに、ある法則を発見する。

第2話

 酒を飲んでは寝ることを繰り返すジュンを心配する幼馴染だが、ジュンは聞く耳を持たずますますのめり込んでいき…。

第3話

第3話

 執筆に行き詰まり、追い込まれた橋本ジュン(桐山漣)は、担当編集の館山(阪田マサノブ)に執筆断念を告げる。さらに優しく励ましてくれた幼馴染(加藤シゲアキ)にも冷たい言葉を放って家から追い出してしまった。自己嫌悪に陥ったジュンは、幼馴染に謝るため連絡先を調べようと中学校の卒業アルバムを引っ張り出す。その際、共にしまい込んでいた当時の文芸誌が出てきた。そこには、新人賞受賞作品として“工藤先輩”の短編小説『妄想ライン』が掲載されていた。

第3話

 16年前―――、漁師町である那珂湊で生まれ育った中学2年生の橋本純(小林亮太)と幼馴染で親友の村田啓介(市川理矩)は、町で厄介者と評判の漁師の根津爺(竜雷太)の家に入り浸っていた。

第3話

 この日も2人は、根津爺がわざわざ街に行って買ってきてくれた、1つ年上の先輩・工藤誠也(小松直樹)の小説が掲載された発売したての文芸誌を読むために根津爺の家にやってきた。順番に読み、絶賛する啓介に対し、純はどこか否定的な感想を述べる。その後、食事をしながら架空の物語をよどみなく話す純に、啓介は小説を書けばいいと勧める。

第3話

 工藤先輩の卒業式の日。船着き場で工藤の姿を見かけた2人は、こっそりと後をつけるが、そこで…!

第4話

第4話
第4話

 橋本ジュン(桐山漣)は、中学2年の時に親友だった村田啓介に同性が好きであることを告白されて距離をおくようになってしまったこと、啓介は変わらずに純と接していたこと、そして小説家になったのは啓介の言葉があったことを思い出した。小説が書けない苛立ちで追い返してしまった幼馴染の啓介(加藤シゲアキ)に謝るために田舎に帰る決心をする。

第4話

 根津爺の家にやってきた純だが、そこはすでに更地になっていた。驚きつつ、防波堤を歩いていたジュンは、小さな子供を連れた女性(南沢奈央)に声をかけられた。女性は、純が15歳の頃に付き合っていた、赤津舞だった。

第4話

 15年前、ケンカが原因で停学になっていた純(小林亮太)の家に、舞(武田玲奈)がプリントを届けにきた。それをきっかけに距離を縮めた2人は、やがて付き合い始める。しかし、純は啓介(市川理矩)に後ろめたさを感じ、心に複雑な思いがめぐっていた。やり場のない感情を抱えた純は…。

第4話

 思い出話の後、ジュンは舞に啓介が家に訪ねてきた話をする。すると、舞は怪訝な表情を浮かべ…。

※桐山漣の「漣」は、さんずい(氵)の右が連