TOPICS

『医師たちの恋愛事情』がクランクアップ!

いよいよ今週18日(木)に最終回を迎える『医師たちの恋愛事情』が、先週末、無事クランクアップしました。

出演者たちが次々と撮影を終える中、最後まで撮影が残っていたのは斎藤工さんと石田ゆり子さん。最後のシーンは、春樹と千鶴が、それぞれの、そしてふたりの将来について話をする最終回の中でも重要な見どころとなるシーンです。
小雨が降るナイトロケで、台本にして4ページを超えるふたりきりの会話劇を見事に演じきった斎藤さん&石田さん。おふたりには、田中亮監督からは花束、そして平野眞監督からはドラマオリジナルの“金メダル”が贈られました。

今回のドラマを振り返り、斎藤さん「私は、これまで“人運”のみでやってきました。主役という“玉”じゃないことは、自分でよく分かっているんですが、今日ここまでやって来られたのは、監督やゆり子さんをはじめとした素晴らしいキャストとスタッフの皆さんのおかげです。本当に支えられるということは、こういうことだなと実感しました。情けない主演だったかもしれませんが、皆さんのおかげで勤めあげさせていただいたことを感謝します。打ち上げではハメを外したいなと思います(笑)。お疲れ様でした」

そして石田さん「3ヵ月間、ありがとうございました。本当に楽しかったです。連続ドラマというものは、これだけの沢山のスタッフの皆さん、キャストのみなさんに支えられて出来上がっているということを、今回改めて、深く感じました。またお目にかかれますように、わたしも日々精進します。ありがとうございました」と笑顔で語ってくれました。

『医師たちの恋愛事情』最終回は、今週18日(木)よる10時から
是非、ご覧ください!

BACKNUMBER