2012.10.26 テーマ食材:アグー豚 アイアンシェフ:脇屋 友詞 ノミニー:陳 建太郎

ノミニー 陳 建太郎の料理

挑戦者 陳 建太郎の料理

1. ハツと柳松茸の四川辛子しょう油あえ

ハツと柳松茸を使った、四川のからし醤油で炒めたもの。

2. レバーのふわふわ茶わん蒸し 夏草の香り

レバーの茶碗蒸しの上に金華ハムの香りと夏草というキノコの色をつけたすましスープをかけたもの。香りと食感がとてもいい一品。

3. ヒレ肉の四川黒酢炒め

ヒレ肉でリンゴを巻いて、黒酢で炒めたもの。

4. もち米・バラ肉 中華あんの洋梨つめ

バラ肉の脂身とあんこ、もち米を合わせて、洋梨でくるみ、キンモクセイのソースをかけた一品。

5. バラ肉とフカヒレの3種豆板醤煮込み

3種類の豆板醤を使ったバラ肉の煮込み。おこげご飯と一緒に頂く一品。

 
 

アイアンシェフ 脇屋 友詞の料理

アイアンシェフ 脇屋 友詞の料理

1. 色々野菜の豚の二種の盛り合わせ

季節のいろいろ野菜と豚肉を2種類使ったチャイナオードブル。

2. マッシュルームダンプリン

豚肉とマッシュルーム、ズワイガニの餡をワンタンの皮で包んだものを、スープに入れた一品。

3. ゆずと上海ガニの豚肉の香り蒸し

上海ガニの卵と豚肉を団子にして、揚げ、ゆで、蒸すという手間ひまかけた一品。

4. 季節野菜と豚肉と豚肉のトロトロトンポーロ

醤油で煮込んだ豚のバラ肉と、季節の野菜を一緒に紙包みにした一品。

5. 季節野菜のラードーフ

豆腐に山椒と唐辛子の風味を付けて、豚のレバーとハイビスカスで香りをつけたバラ肉の煮込み料理。

 
 
審査結果

審議結果

【審議委員】
  • 秋元 康(作詞家) 
  • 田崎 真也(ソムリエ)
  • 日馬富士(力士) 
  • 伊藤 英明(俳優)
  • 柴田 泉(フードジャーナリスト)
 
 
審査結果表
 
陳 建太郎

陳 建太郎中華(四川)

 

祖父は「四川料理の神様」陳建民、父は「料理の鉄人」陳建一というサラブレッド。
大学卒業後、四川省成都市の「菜根香」で本格的に中華を学ぶ。
帰国後は四川飯店の伝統の味を学び、現在は「赤坂 四川飯店」3代目を務める。

 

赤坂 四川飯店

赤坂 四川飯店
住所 東京都千代田区平河町2-5-5 全国旅館会館5F・6F
電話 03-3263-9371
営業時間 ランチ 11:30〜15:00(ラストオーダー14:00)
ディナー 17:00〜22:00(ラストオーダー21:00)
定休日 年中無休
※情報は、オンエア日現在のものです。
 
 
 

今帰仁アグー(なきじんアグー)

テーマ食材

近年、西洋の豚を掛け合わせた安価の「あぐー」が増えている中、今帰仁村の高田勝さんの育てている「今帰仁アグー」は純粋種にこだわって飼育されている。
沖縄らしくゆっくり時間をかけて太らせているので、うまみ・甘みを強く感じる豚肉になっています!