番組・イベント最新情報「とれたてフジテレビ」

2016.12.07更新

報道・情報

誰もが知る大事件の誰も知らなかった新事実

報道スクープSP 激動!世紀の大事件IV
~目撃者の「新証言」と封印された「極秘資料」~

  • 12月17日(土)19時~23時10分

『報道スクープSP 激動!世紀の大事件IV~目撃者の「新証言」と封印された「極秘資料」~』では、日本を震撼させた数々の重大事件から、私たちの記憶に強く残る事件・事故を厳選。フジテレビ報道局の秘蔵映像をふんだんに使いつつ、新たな取材を敢行。“誰もが知る大事件の誰も知らなかった新事実”を発掘してゆく。歴史に残る大事件の関係者たちが、今だからこそ明かしてくれた新証言から、伝え残した「新事実」と、語り継ぐべき「教訓」をお伝えする。

番組内容

9・11アメリカ同時多発テロ(2001年)
~日本人生還者が初告白!超高層タワー崩壊までの102分~

9・11テロの標的となったツインタワー・世界貿易センタービルでは、300人を超える日本人が働いており、23人が尊い命を落としている。番組では、事件直後から堅く口を閉ざしてきた、日本人生還者たちを取材。9・11テロに遭遇した日本人は、何を目撃し、あのビルからどう脱出したのか?“巨大ビル崩壊までの102分間”に繰り広げられていた、生死のドラマを完全再現。さらに、専門家と共にツインタワー崩落のメカニズムを、シミュレーションする。

東大安田講堂攻防戦(1969年)
~機動隊VS大学生!激闘の記録を完全再現~

日本中が釘付けとなった、学生運動の天王山、東大安田講堂攻防戦。バリケードで防護され、難攻不落の“城”となった安田講堂で、火炎瓶や巨石が降り注ぐ中、機動隊員たちは何を思い、どう「東大落城」を成し遂げたのか?学生を傷つけずにバリケードを破壊する「高圧放水作戦」や、投石を防ぐために編み出された奇策「木のトンネル作戦」など、今回初めて発掘された未公開フィルムの映像と、元機動隊員たちの証言を基に、知られざる作戦の全貌を描く。

チリ・コピアポ鉱山落盤事故(2010年)
~地下600m超…精神科医が明かす「33人69日間の真相」~

2010年10月13日。世界で最も深い場所に、世界で最も長期間とじこめられていた33人の男たちが、全員無事地上へと帰還した。全世界が注目した“奇跡の生還劇”だが、男たちの“心”を、ひとりの精神科医が支え続けていたことはあまり知られていない。なぜ、69日もの間、地下の暗黒空間で生きながらえることができたのか?精神科医らに状況を伝えるため、33人が記録していた数時間の初公開映像を元に、その真実に迫る。

信楽高原鐡道列車衝突事故(1991年)
~史上最悪の列車正面衝突。特別救助隊の救出秘話~

1991年5月14日、乗車率250%の満員列車が、別の電車と正面衝突するという信じ難い事故が起きた。死者42人、重軽傷者614人。ぶつかり合い、ひとつの巨大な塊となった車両内では、50人ほどの人々が重なりあい、絡まり、血だらけで助けを求める状況に…。この凄惨な現場に立ち向かったのが、地元の小さな消防隊だった。男たちはどうやって命を救い出したのか?知られざる救出秘話を描く。

第十雄洋丸衝突事故(1974年)
~巨大タンカーを撃沈せよ。東京湾炎上と闘った男たち~

1974年11月9日、日本最大級の石油タンカー「第十雄洋丸」が、東京湾で貨物船と激突。ナパーム弾の原料ともなる“ナフサ”などを大量に積んだタンカーは爆発炎上し、両船合わせて33人が死亡するという大事故に発展した。海上を漂う危険物と化した巨大なタンカーは、やがて横須賀へ向けて漂流を始める。この緊急事態に立ち上がったのが、海上自衛隊だった。護衛艦隊による射撃、哨戒機による空爆、潜水艦からの魚雷攻撃までをも駆使した「巨大タンカー撃沈作戦」とは、どのようなものだったのか?東京湾を炎上から守った男たちの、知られざる作戦を伝える。

トイレットペーパー騒動(1973年)
~主婦大パニック!“騒動を終わらせた男”の知られざる闘い~

大阪府に住む主婦のつぶやきから火がついたといわれる、トイレットペーパー騒動。日本中へ拡大するこのパニックを、食い止めた男が存在した事実は、ほとんど知られていない。政府が手をこまねく中、騒動の鎮圧に独断で動き出したのが、通産省紙業課の名もなき官僚だった。あの歴史的大パニックは、どう始まり、どう終息したのか?知られざる闘いを描く。

昭和の脱獄王・白鳥由栄(1944年)
~絶対逃げてやる!極寒の網走刑務所から脱獄した“超人”の記録~

脱獄不可能とされた4つの刑務所から逃亡し、“昭和の脱獄王”の異名を持つ・白鳥由栄。日本最北の監獄・網走刑務所では、独房に入れられた上、巨大な手かせと足かせで拘束され、食事も犬のように食わされた。脱獄王・白鳥は、この地獄からどう脱出したのか?死の直前、白鳥が語り残した初公開となるインタビュー音声や、網走脱獄のその日に看守を務めていた男性の貴重な証言を基に、命をかけた壮絶な脱獄劇の、一部始終を明かす。

コメント

チーフプロデューサー・石田英史(フジテレビ報道番組部)

「『激動!世紀の大事件』過去3回の放送では、当時を知る人だけでなく、事件を全く知らない若者たちからも大きな反響をいただくことができました。それは、ひとえに時代を超えて変わらない“人間の愚かさ”や“たくましさ”を、今に通じる普遍的なテーマとして緻密な取材で浮かび上がらせたからに違いありません。
第4弾となる今回は、“9・11アメリカ同時多発テロ”で崩壊したビル内部から航空機突入の瞬間を目撃した日本人の証言や、1969年“東大安田講堂攻防戦”で、これまで表に出てこなかった機動隊員たちの極秘資料を発掘。さらに、“昭和の脱獄王”の異名を持つ男の肉声テープが明かす壮絶な脱獄劇など、日本を揺るがした大事件の知られざる真実に迫ります。そこには必ず現代を生きる私たちが学ぶべき教訓があるはずです」

番組情報

タイトル
『報道スクープSP 激動!世紀の大事件IV
~未解決事件の「謎」と目撃者の「新証言」~』
放送日時
12月17日(土)19時~23時10分
スタッフ
チーフプロデューサー
石田英史(フジテレビ報道番組部)
取材統括
青木良樹(フジテレビ報道局)
総合演出
加藤健太郎(クリーク・アンド・リバー社)
制作
フジテレビ報道局

※掲載情報は発行時のものです。放送日時や出演者等変更になる場合がありますので当日の番組表でご確認ください。