番組・イベント最新情報「とれたてフジテレビ」

2016.10.11更新

ドラマ

要潤主演、前代未聞の実況中継ミステリー!

実況される男

  • 10月14日(金)スタート 24時55分~25時15分
    ※初回放送は、25時15分~25時35分

フジテレビでは、10月14日(金)から12月23日(金)まで全11回に渡り、24時55分から25時15分(初回放送は、25時15分から25時35分)に、JRA(日本中央競馬会)協力のもと、深夜連続ドラマ『実況される男』を放送する。JRA協力の深夜ドラマは、昨年10月から12月(全12回)に放送した競馬ラブコメディー『馬子先輩の言う通り』(主演:大野いと)以来、2度目の放送となる。

『馬子先輩の言う通り』は、実際の競馬レースと連動して物語が分岐するという画期的な試みで大きな話題を呼んだが、今回の『実況される男』では、ドラマに実況をつけるという前代未聞の試みに挑む。しかも、実況をつけるドラマのジャンルはミステリー。最後まで結末の分からないミステリードラマに実況をつけることで、ドラマの面白さや魅力をさらに膨らませていく。

『実況される男』の主人公・ウマオを演じるのは要潤。不定期に放送されているネット番組『府中で一番落ち込んでいる人TV』。タイトルの通り、府中の街で「今、一番落ち込んでいると思われる人」を探し出し、そのターゲットをこっそり追いかけながら実況していく番組。その日、番組は東京競馬場でターゲットとなる男を探していた。そこに現れたのは、信じられないくらい大号泣しているウマオ(要潤)。「きっと男は馬券を外し、大金を失って泣いているのでしょう」、そう予想する実況と解説。しかし、ウマオの手には当たり馬券が握られていた…。がぜん、興味を持った番組は、ウマオをターゲットにして、こっそりと後をつけることに。そのカメラの前で、突然ウマオは何度も自殺を試みる。しかし、なかなか目的を果たすことができない。そんなウマオの前に、謎の女性(藤井美菜)が現れる。なかなか死ねないウマオに対して、謎の女は「一緒に死んでもらえませんか?」と衝撃の一言を放つ…。想定外の展開の連続に、ネット番組『府中で一番落ち込んでいる人TV』の実況と解説は大いに盛り上がり、アクセス数も急上昇!ウマオはなぜ死にたがっているのか?謎の女の目的は?そして、このウマオという男は一体何者なのか?

もちろん今回も、JRA協力のもとで制作するドラマということで、競馬ファンはもちろん、競馬を知らない方でも楽しめるような仕掛けも施されているので、そちらも楽しみにしていただきたい。謎が謎を呼ぶ前代未聞の実況中継ミステリー『実況される男』に乞うご期待!

コメント

要潤
Q1:『実況される男』は、前代未聞の実況中継ミステリーですが、台本を読まれた印象について聞かせて下さい。
A:「今までに経験したことのないドラマの構成に驚き、シュールでコミカルな内容に終始ニヤけていました。この世界観の中で演技をしてみたいと思いました」
Q2:演じられるウマオについて、どのようなキャラクターととらえられていますか。
A:「謎に包まれた役です。恐らくこういう役だと表現するのが難しく、逆に表現してしまわない方がウマオになれるのではないかと思っています」
Q3:要さんご自身の競馬エピソードを教えて下さい。
A:「先日の安田記念の日、待ち時間に共演者のみんなで盛り上がって馬券を買いました。中継は残念ながら見られませんでしたが、レース時刻になると、それまで雲がかっていた空が晴れ、遠くに富士山まで見えてきて、まさか!と思ったら見事に3連単をゲットできていました。それ以来、当たっていませんが(笑)」
Q4:ドラマを楽しみにしているファンの皆さまへのメッセージ
「遅い時間での放送ですので、肩ひじ張らずにリラックスしてご覧下さい」
企画 赤池洋文(フジテレビ 編成部)

「“スポーツは筋書きのないドラマ”だと思えば、全く展開の読めないミステリードラマに実況中継を付けたら、スポーツ中継同様、面白くなるのではないか?そんな思い付きにも近い考えから始まったこの作品。結果、実況と解説がドラマに及ぼす力は絶大で、これまでに見たことのない斬新さと面白さを併せ持った作品に仕上がっています。深夜の20分という限られた時間の中だからこそ表現できる、圧倒的な“違和感”をお楽しみください。要潤さん、藤井美菜さんの新境地を拓くお芝居も必見です!」

番組概要

タイトル
『実況される男』
放送日時
10月14日(金)スタート 24時55分~25時15分
※初回放送は、25時15分~25時35分
出演者
主題歌
「BLANK-DUNK」 by PE'Z
昨年、活動16年の歴史に幕を閉じ、当時の若者から絶大な支持を受けたインストジャズバンド”PE'Z”の、スリリングかつミステリアスな雰囲気をまとったこちらの楽曲を起用。
スタッフ
脚本
  • 岡田道尚
  • 久馬歩(ザ・プラン9)
企画
赤池洋文
プロデューサー
柳川由起子(共同テレビ)
演出
  • 松木創
  • 北坊信一
  • 紙谷楓
協力
JRA
制作著作
フジテレビ
制作協力
共同テレビ

※掲載情報は発行時のものです。放送日時や出演者等変更になる場合がありますので当日の番組表でご確認ください。