番組・イベント最新情報 「とれたてフジテレビ」

一覧へ戻る

連ドラ史上初“ガールズラブ” 制作は『テラスハウス』スタッフ
降谷建志ソロ初!音楽を担当 土ドラ『トランジットガールズ』

更新日:2015/10/22

土ドラ
『トランジットガールズ』

オフィシャルサイト
番組Twitter
@TRANSIT_GIRLS
番組Instagram
transit_girls2015

11月7日スタート 毎週(土)23時40分~24時5分
(初回は23時50分~24時15分放送)

 11月7日よりスタートする土ドラトランジットガールズ』(毎週(土)23時40分~24時5分)で、連ドラ史上初の“ガールズラブ”をテーマとしたドラマをお届けする!制作は『テラスハウス』スタッフが担当する。

 2012年10月の放送開始以来、ティーンを中心に熱狂的な人気を博したリアリティショー『テラスハウス』。23時台ながら瞬間最高視聴率12%を記録、出演した住人メンバーたちはSNSの世界を中心に次々にスターとなり、2013年度のYahoo!検索ワードのテレビ部門で『あまちゃん』、『半沢直樹』に次いで第3位を獲得、映画版は公開館数160館ながら興行成績12.7億円という大ヒットとなり、一大社会現象ともなった。そんな若者のハートをつかんできた『テラスハウス』制作陣が、このたびお届けするのは、“台本のある”連続ドラマ。内容は胸キュンが止まらない“ド”直球のラブストーリー。しかし、恋をする主人公の二人は、どちらも「女子」であるという、連続ドラマ史上初の“ガールズラブ”がテーマとなる。親同士の再婚により、ひとつ屋根の下で義姉妹となった、性格もルックスも好対照の二人が、最悪の出会いから、反発しながらも恋を育んでいく、王道とも言えるストーリーを、女子×女子で描いていく。「ひとつ屋根の下で育まれる恋」という点においては奇しくも『テラスハウス』を想起させるが、今回は脚本ありの完全なるオリジナルストーリーだ。

 この衝撃のテーマの難役に挑むのは、『テラスハウス』で何人もの若者を発掘してきたスタッフがオーディションで出会った瑞々しい逸材たち。主人公である妹・葉山小百合(はやま・さゆり)を演じるのは、連続ドラマ初主演を飾る伊藤沙莉。伊藤は、数々の映画監督に「いま一番仕事をしたい若手女優」と言わしめている才能の持ち主で、子役の頃から数々の映画・ドラマ・舞台と、幅広い分野で演技を突き詰めている若き鬼才だ。コメディエンヌとしての確かな実力を備えつつ、今回は純粋でかわいい女子高生を真正面から演じる。そして、伊藤の恋の相手となる、もう一人の主人公、姉・志田ゆい(しだ・ゆい)には、現在、ViViの専属モデルとして活躍している佐久間由衣。すらっと伸びた長い手足に、ショートカットが奇跡的に似合う佐久間は、連ドラ初主演はもちろん、ドラマ出演自体が初となるが、誰にも似ていない存在感で、見る者を引き付ける。また、小百合をいちずに思い続ける幼なじみの同級生・深澤直役には、『昼顔』の生徒役で鮮烈なデビューを飾り、その後も、ドラマ『学校のカイダン』や映画『俺物語』など話題作に立て続けに出演している俳優でモデルの健太郎。178センチの筋肉質な体にベビーフェイス、切れ長の涼しい目元が印象的なネクストブレークボーイ。キリリとした端正な顔立ちは、しょうゆ顔、塩顔に続く、コショウ顔としてブレイク必至。

 さらにドラマの音楽を担当するのは降谷建志。ソロ作品でのドラマタイアップは今回が“初”となる。制作陣からのラブコールを受けてこのドラマのために提供した新曲「Prom Night」(テーマソング)と、既に発表されているソロ楽曲群がドラマを切なく衝撃的に彩っていく。降谷は今回の音楽タイアップにあたり、「ソロとしての作品発表は今年になってから始めたばかりですが、早くもこのような機会をいただけてとてもうれしく思います。新曲、既発表曲ともに、ドラマの世界を彩ることができたら光栄です」とコメントを発表した。

 昨今のドラマにはない斬新な布陣となった『トランジットガールズ』チーム。10分に1回、視聴者を胸キュンさせていくというラブストーリーとしては王道を貫きながら、女の子同士のガールズラブを丁寧に描く今回のドラマ。スタッフ×キャスト×ミュージックが紡ぎ出す新しいエンタテインメントに、是非ご期待いただきたい。

コメント

伊藤沙莉

「今回連続ドラマ初主演を務めさせていただくことになり、期待と不安で胸いっぱいでしたが、今までやったことのないピュアな少女漫画の主人公のような女の子を演じさせていただいて、様々な葛藤はありつつもとても楽しい経験をたくさんさせていただきました。キュンキュンしたり切なかったりと、見ていて飽きのこないすてきな作品だと思いますので、是非、毎週、毎シーン、楽しんでいただきたいです!」

佐久間由衣

「スチールのお仕事が多い私にとって、映像の世界はずっと挑戦したかったことでもありました。”志田ゆい”という役と向き合いながら日々、模索することに幸せを感じています。共演者の伊藤沙莉さんは大好きな役者さんだったので、共演が決まった時、ものすごくうれしかったです。そしてあらためてすてきな役者さんだな、と日々思わされています。手を取り合い、引き続き楽しんで、役を生きられたらな、と思っています」

降谷建志

「ソロとしての作品発表は今年になってから始めたばかりですが、早くもこのような機会をいただけてとてもうれしく思います。新曲、既発表曲ともに、ドラマの世界を彩ることができたら光栄です」

プロデューサー・松本彩夏(イースト・エンタテインメント)

「“好きになったのが女の子だっただけ”の、よくあるラブストーリーを目指しています。伊藤沙莉さん、佐久間由衣さん、健太郎さん…ほか、ここから大きく羽ばたいていくであろうキャストたちが放つ、今だけの輝きを見てもらいたいと思っています。目的地は有るような、無いような、でも今いるところは、きっと“目的地”ではない。そんな人生の通過点にいる全ての若い方々に見ていただけますと幸いです」

登場人物詳細

葉山小百合(18)/伊藤沙莉

この物語の主人公。高校3年生。
2年前に最愛の母を亡くしてから、料理人の父と支え合い、元気に暮らしてきた。元気いっぱいのおてんばガール。進学校に通い成績も上々だが、将来やりたいこと、夢が見つからない。今回、父が再婚することになったことは寝耳に水で、さらに義母には子供がいて義姉が出来ることは、もっと寝耳に水で、義姉・ゆいの長い手足、美しい顔立ち、一途に夢を追う姿、その全てにいら立ってしまう。男性経験はゼロ。

志田ゆい(21)/佐久間由衣

この物語のもう一人の主人公。
プロのカメラマンを目指して、大学で写真の勉強をしていたが、カメラマンの佐伯に師事するようになり、一日も早く一人立ちするため、大学を辞めた。小学校1年生のクリスマスに父親が出ていってからは、母親と二人で生きてきた。母親にはわがままを言わないようにと努めてきたせいか、口数が少ない。いまは「祈り」というテーマで写真を撮っている。佐伯とは、かつて恋愛関係にあった。ある神社で小百合を見て、そのけなげな様子に、理屈なしに心引かれる。

深澤直(18)/健太郎

小百合の幼なじみで高校の同級生。
小百合の隣の家に住んでいて、18年間兄弟のような関係を続けている。丸顔の小百合のほっぺをつまんでは、「おまんじゅう」などと言って、日常的にからかっているが、実は小百合のことが好きでいちずに思い続けている。人のために苦労することをいとわない、小百合いわく「スーパーマン体質」。父を脳外科医に持ち、自身も医学部を目指している。義姉・ゆいがやって来たことで、不安定になる小百合を支える。

門脇未來(17)/吉田里琴

小百合の高校の同級生。
偏差値もなかなかだが、なによりも顔面偏差値が高く、校内No.1の美少女。大学は推薦を狙っている。恋愛においては少女漫画を参考文献にすることが多い。直のことが好き。

倉田葵(18)/渡辺恵伶奈

小百合の高校の同級生。
男性経験豊富で、ラブラブの彼氏がいる。勉強には全く興味がなく、受験もしたくないので、卒業後は留学する予定。

佐伯柳太朗/尚玄

ゆいがアシスタントでついているプロのカメラマン。
朗らかなラテン気質で、ときどき英語混じりに話す。ゆいの元恋人で、まだゆいを諦めきれない。

志田まどか/霧島れいか

ゆいの母親。
一人でゆいを育ててきたキャリアウーマン。

葉山圭吾/Mummy-D

小百合の父親。
日本料理店「葉やま」の店主。

番組概要

タイトル

土ドラ『トランジットガールズ』

話数

全8話

放送日時

11月7日スタート 毎週(土)23時40分~24時5分
(初回は23時50分~24時15分)

キャスト

伊藤沙莉 佐久間由衣
健太郎
吉田里琴
渡辺恵伶奈
 ・
尚玄
霧島れいか
Mummy-D

スタッフ

編成企画
太田大(フジテレビ)
プロデューサー
松本彩夏(イースト・エンタテインメント)
関友彦(コギトワークス)
脚本
加藤綾子
演出
前田真人(イースト・エンタテインメント)
音楽
降谷建志(Victor Entertainment / MOB SQUAD)
制作
フジテレビ
制作・著作
イースト・エンタテインメント

2015年10月22日 フジテレビ広報部 ※掲載情報は発行時のものです。放送日時や出演者等変更になる場合がありますので当日の番組表でご確認ください。