番組・イベント最新情報 「とれたてフジテレビ」

一覧へ戻る

実際のレース結果で、ストーリーが変わる前代未聞の
“競馬ラブコメディー”!『馬子先輩の言う通り』

更新日:2015/9/27

『馬子先輩の言う通り』

大野いとが、ドラマ初主演!

10月9日(金)スタート 24時40分~24時55分

 フジテレビでは、10月9日(金)から12月25日(金)まで全12回に渡り、24時40分~24時55分に新たな深夜ドラマ枠を設け放送を行う(最終回となる12月25日は、30分枠で放送)。放送するのは、JRA日本中央競馬会)協力のもと制作する、実際のレース結果でドラマのストーリーが変わる、前代未聞の“競馬ラブコメディー”『馬子先輩の言う通り』。

『馬子先輩の言う通り』は、とにかく馬が大好きで、馬にしか興味を持たない美女・馬子(まこ)と、その馬子に一目ぼれをした競馬の知識ゼロな岡部豊(おかべ・ゆたか)、そして馬子が愛する馬たちとの奇妙な三角関係を軽妙に描いていく、前代未聞の“競馬ラブコメディー”。馬子に一目ぼれした岡部が、何とか馬子との距離を縮めようと、それまで全く興味がなかった“競馬”を一から学んでいくというストーリーで、ドラマ内に登場する馬名やレース名など、“競馬”に関する情報は、全て実在のものを使用していく。主役の馬子を演じるのは、映画「高校デビュー」(2011年4月公開)でいきなり主演を務め、華々しいデビューを飾った後も、連続テレビ小説『あまちゃん』(NHK・2013年6月~9月放送)や、映画「偉大なる、しゅららぼん」(2014年3月公開)に出演するなど、着実に女優としてのキャリアを積み重ねる、注目の若手女優・大野いと。大野は、ドラマ初主演となる。

 また、岡部を演じるのは、2007年に行われた「アミューズ30周年全国オーディション」で応募者65,368人の中から準グランプリを受賞、近年では映画「クジラの夏」(2014年5月公開)や映画「青鬼 ver.2.0」(2015年7月公開)に出演、先日放送最終回を迎えた特撮ドラマ『仮面ライダードライブ』(テレビ朝日系・2014年10月~2015年9月)では約一年間のレギュラー出演を務め、現在放送中の『モバイルシャーロックII』(NOTTV 毎週木曜日23:00~生放送)では番組MCも担当し、その活躍ぶりに大きな注目が集っている松島庄汰。なお、大野と松島は初共演となる。

『馬子先輩の言う通り』の大きな特徴として、JRA協力のもと、ドラマ内の登場人物たちが実際に行われるレースに運命を託し、その結果が的中した場合と、外れた場合とで、ドラマのストーリーが分岐していく点が挙げられる。10月23日(金)放送の第3話では、馬子に思いを寄せる岡部が「来週の菊花賞、この馬に運命を託します!もし僕の選んだ馬が勝ったら付き合って下さい!」とアピール。番組内で岡部が運命を託す馬の名前を発表、10月25日(日)に実際に行われるGIレース「菊花賞」で岡部の選んだ馬が勝つか否かで、10月30日(金)放送の第4話のストーリーの一部が分岐する。さらに、放送しなかったバージョンに関しては、番組公式ホームページなどで公開していく。上記の第3話以外では、11月27日(金)放送の第8話で、11月29日(日)のGIレース「ジャパンカップ」、12月18日(金)放送の第11話では、12月20日(日)のGIレース「朝日杯フューチュリティステークス」の出走馬たちに運命を託す。それぞれの結果で、12月4日(金)放送の第9話、12月25日(金)放送の第12話(最終話)のストーリーが分岐していく。

 JRAとコラボ協力のもと、ドラマ内に登場する馬名やレース名など、“競馬”に関する情報は、全て実在のものを使用、またレースの結果によって、次週のドラマの内容が分岐するなど、画期的な取り組みを行い、競馬ファンはもとより、競馬に興味のない方々にも届く内容でお送りする、前代未聞の“競馬ラブコメディー”『馬子先輩の言う通り』に乞うご期待!

登場人物詳細

馬子(まこ・25歳)/大野いと

 午年生まれ、25歳。とにかく馬が大好きで、馬にしか興味を持たない美女。その美しさと周囲と一切つるまないクールな存在感から、同僚から“馬子嬢”と呼ばれている。誕生日は3月15日で、名ジョッキー・武豊と同じ誕生日であると同時に、キーストン、クモハナ、マツリダゴッホ、ノーザンテーストなどの名馬と同じ誕生日。生まれてまもなく親が亡くなったため、知り合いの生産牧場に引き取られ、馬と戯れながら、馬乳を飲み、育てられた、と都市伝説のようにウワサされている(牧場育ちは本当)。馬をこよなく愛す一方で、人付き合いが下手になってしまった。
 成人し、東京に出てきて普通のOLとなる。彼女の唯一の楽しみは「競馬」。自分が一番応援したい馬の馬券を単勝で100円だけ買って、その馬が勝っても払い戻さずに、その馬券を記念としてファイリングしている。競馬に関する知識は並々ならぬものがあり、愛読書は「競馬四季報」。
 美女であるが、全く人に心を開かないため、友達はゼロ。もちろん、これまで一度も彼氏ができたことがない。尊敬する馬は、牝馬ながらダービーを制した名馬ウオッカ。同じ女性として、男に負けない姿勢を見習いたいと思っている。

岡部豊(おかべゆたか・23歳)/松島庄汰

 馬子と同じ会社に勤める若手社員。とある日曜日に休日出勤すると、休憩中に競馬中継を熱心に見ている馬子を目撃する。楽しそうに大声を出しながら競馬観戦をし、ゴールの瞬間には歓喜の声を上げ天使のような笑顔を浮かべる馬子に岡部は一目ぼれをする。馬子の笑顔を見るために、それまで全く興味のなかった「競馬」を一から学び始める。

コメント

大野いと

Q. ドラマ初主演となりますが、出演が決まった際の気持ちは?

すごく驚きが強かったです。ストーリーがとても面白く、楽しんで頑張りたいと思いました。

Q. 台本を読んだ印象は?

「岡部豊」という名前で、思わず笑ってしまいました。馬子を取り巻く周りの人々も、とてもユーモアがあって、この面白さを画面でもお伝えできたらと思います。

Q. 馬子を演じるうえで意識することは?

馬子ちゃんを超える位、私自身が馬好きになって、馬子ちゃんの思いに覆いかぶされればと思います。馬を見た瞬間に「好きだ」っていう気持ちが湧くようにしたいです。

Q. “競馬”へ抱いているイメージや、具体的な“競馬”に関するエピソードがあれば教えて下さい。

父やいとこ夫婦が大好きなので、競馬という存在は身近にありました。しかし、馬柱の読み方や、「単勝」など専門用語がたくさんあり、複雑なものというイメージが大きいです。

Q. ドラマファンや、ご自身のファンの方々へのメッセージを

「15分」という中に、たくさんの笑いや面白さを見せることができるように頑張りますので、夜遅い時間ですが、是非ご覧頂けたらうれしいです。

プロデューサー 柳川由起子

「競馬のレースに秘められたストーリーは驚くほど劇的でした。馬と競馬が大好きな“馬子”というキャラクターを創りだしてから、彼女に恋をする“岡部くん”よりは少し上くらいの知識で、競馬のプロフェッショナルのお知恵を拝借しながら、追いつけ追い越せの気持ちで、二人の恋の行方を応援しています。競馬知識のある方にはニヤリ、とできるポイントが。そうでない方にはヘェ~、と明日話したくなるような知識満載な、そんなドラマになればいいなと思っています。馬子と岡部の、全12回の恋のレースを是非お楽しみください!」

番組概要

タイトル

『馬子先輩の言う通り』

放送日時

10月9日(金)24時40分~24時55分

出演

大野いと、松島庄汰 他

スタッフ

脚本
葛木英、久馬歩(ザ・プラン9)
企画
赤池洋文
プロデューサー
柳川由起子
演出
松木創
協力
JRA
制作著作
フジテレビ

2015年9月27日 フジテレビ広報部 ※掲載情報は発行時のものです。放送日時や出演者等変更になる場合がありますので当日の番組表でご確認ください。