番組・イベント最新情報 「とれたてフジテレビ」

一覧へ戻る

次世代を担う大注目の俳優たちが集結し、奇跡のファンタジーが待望のドラマ化!!『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』

更新日:2015/6/17

スペシャルドラマ
『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』

オフィシャルサイト

全国フジテレビ系 今年 ゴールデン枠放送

あの大ヒットアニメが満を持して、初の実写化!

 全国フジテレビ系にてスペシャルドラマ『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』が放送されることが決まった。本作は、同名タイトルアニメの初の実写化となる。今年中のゴールデン枠での放送が決定しており、具体的な放送日は後日発表となる。
 アニメはフジテレビ深夜アニメ枠「ノイタミナ」の27作目として、2011年4月から6月にかけて放送された完全オリジナルストーリー。「大人も泣けるアニメ」と放送時から大きな話題を呼んだ。舞台となった埼玉県秩父市には「聖地巡礼」としてファンたちが集まり、街ぐるみのイベントも開催され社会現象ともなった。また、作品としては第15回文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品アニメーション部門/長編に選出され、監督を務めた長井龍雪(ながい・たつゆき)は芸術選奨新人賞メディア芸術部門を受賞した。
 放送終了後に発売されたブルーレイディスクの第1巻の売上は約3万1000枚で初登場1位、初動としてはテレビアニメのブルーレイディスクにおける史上3番目の記録を打ち立てた。
 2013年8月31日に公開された「劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」では、映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第3位、1スクリーンあたりの興行収入では、同時期に公開されていたスタジオジブリ作品『風立ちぬ』を抑えて1位に輝いた。その後、幅広い世代から絶大な支持を受けロングラン上映となり、総動員数は77万人を、興行収入も10億円を突破。そして同スタッフによるオリジナル映画『心が叫びたがってるんだ。』が、2015年9月19日(土)に全国公開する事が決定するなど、未だ「あの花」の熱が冷めない中、今回、満を持して、実写版という形で初の全国放送を迎える。

秩父を舞台に描かれる、幼なじみたちの喪失と再生の物語

 舞台は秩父、活発なリーダー的存在である宿海仁太(やどみ・じんた あだ名=じんたん)、笑顔を絶やさない柔和な本間芽衣子(ほんま・めいこ あだ名=めんま)、怜悧(れいり)な秀才タイプ、松雪集(まつゆき・あつむ あだ名=ゆきあつ)、引っ込み思案な安城鳴子(あんじょう・なるこ あだ名=あなる)、しっかり者のまとめ役、鶴見知利子(つるみ・ちりこ あだ名=つるこ)、無邪気な皆の弟分、久川鉄道(ひさかわ・てつどう あだ名=ぽっぽ)の6人は大の仲良しグループで、いつもつるんで遊んでいた。グループ名は「超平和バスターズ」。“じんたん”の考案で、「何でも平和にするグループ」という意味だ。しかし、“めんま”の事故死により、6人の絆は決裂してしまう。それから7年後。高校に入学したものの、家に引きこもってしまった“じんたん”の前に、少し成長した“めんま”の幽霊が現れた。“めんま”は、生きている時にかなえられなかった“ある願い”が心残りで現れたというが、どんな願いなのかは思い出せないという。“めんま”の願いをかなえるため、再び集まった「超平和バスターズ」の6人。あの日を境にバラバラになってしまった「超平和バスターズ」は、失われた笑顔を取り戻すことができるのだろうか。そして“めんま”の願いとは一体何なのか-。
 幼なじみの幽霊が現れるというファンタジーながら、誰しもがノスタルジーを感じる、日本の夏の原風景的な秩父を舞台に、誰しもが共感する少年少女たちの友情と恋が描かれていく。そして“めんま”の願いを探すミステリー的要素や、秘められた登場人物たちの思いが絡み合い、一瞬とも飽きさせない、超一級品のエンターテインメントとなっている。

大注目!初尽くしの、次世代を担う豪華キャスト陣が大集結

「超平和バスターズ」の実写化にあたり、村上虹郎浜辺美波志尊淳松井愛莉飯豊まりえ高畑裕太という、次世代を担う大注目の俳優たちが集結した。
 主人公“じんたん”を演じるのは村上。今回が地上波ドラマ初出演、かつテレビドラマ初主演となる。村上は、村上淳を父に、UAを母に持ち、デビュー作は2014年7月26日に公開された映画「2つ目の窓」。奄美大島で暮らす高校生を演じ、第29回高崎映画祭の最優秀新人男優賞を受賞。同作の監督の河瀬直美や、恋をした少女のことを忘れまいとする高校生役を演じた主演2作目の「忘れないと誓ったぼくがいた」監督・堀江慶から、そのピュアな存在感と芝居を絶賛される。最近ではJR東日本のCM「JR SKISKI」で恋にたどたどしい純朴な青年を演じ話題となった。また現在放映中のCM「三井住友VISAカード」のCMで、あどけない大学生を演じ、こちらも注目の的となっている。今回、引きこもりで、心に忘れられない傷を持つ高校生をどう演じるのか。これまで同様、視聴者に鮮烈な印象を残すことは間違いない。
 ヒロインで幽霊の“めんま”を演じるのは浜辺。今回が地上波ドラマ初ヒロインとなる。浜辺は、2011年に、沢口靖子や長澤まさみらを輩出してきた東宝「シンデレラ」オーディションの第7回でニュージェネレーション賞を受賞しデビュー。現在放送中のNHK『まれ』で主人公一家が居候する老夫婦の孫役を演じ、その愛くるしさが一気に世間の注目の的となる。2015年4月1日に公開された映画「エイプリルフールズ」ではワケありな小学生を演じ、年齢差を感じさせずに役になりきり、注目を集めた。最近では「ニチレイ アセロラ」シリーズのイメージキャラクターに抜てきされ、アセロラの妖精にふんした姿が話題となっている。これまで見たことのない愛らしさを持つ女優・浜辺。アニメファンが最も気にするに違いない、“めんま”という愛くるしいキャラクターの実写化にあたり、浜辺なら唯一無二の、最高の“めんま”を演じるに違いない。
 秀才タイプで地元一番の進学校に通う“ゆきあつ”を演じるのは志尊。今回がフジテレビ系ドラマ初出演となる。2014年2月~2015年2月にテレビ朝日系で放送された『烈車戦隊トッキュウジャー』で主演を務め人気を集め、7月からスタートのTBS『表参道高校合唱部!』のレギュラー出演、10月には主演映画「先輩と彼女」の公開も控えている。また現在NHKEテレで放送中の語学番組『エイエイGO!』に出演中で、志尊目当てで視聴しているという声が多く話題になっている。志尊が演じる眉目秀麗で怜悧な“ゆきあつ”に胸をときめかせる方が多く出るはずだ。
 引っ込み思案な少女だったが高校生デビューでギャルとなった“あなる”を演じるのは松井。メインキャストの今回が地上波単発ドラマ初出演。松井は第13回ニコラオーディションでグランプリを獲得しデビュー。2013年にはゼクシィ6代目CMガールに抜てきされ大きな反響を呼んだ。2014年はフジテレビ系『GTO』、日本テレビ系『地獄先生ぬ~べ~』と立て続けに連続ドラマに出演。また雑誌「Ray」の専属モデルになると同時に表紙を飾る初の快挙を成し遂げる。さらに大ヒット中の映画「ビリギャル」で主人公の親友のギャルを演じ、その熱演と存在が話題を呼んでいる松井が今回、ギャルの“あなる”をどう演じるのか大注目だ。
 しっかり者で、今は“ゆきあつ”と同じ進学校に通う“つるこ”を演じるのは飯豊。飯豊は2008年、雑誌「ニコ☆プチ」×エイベックスの公開モデルオーディションでグランプリを獲得しモデルデビュー。現在セブンティーン専属モデルとしても活躍。フジテレビ系『あすなろ三三七拍子』、『信長協奏曲』、日本テレビ系『学校のカイダン』、TBS系『アルジャーノンに花束を』と現在、4クール連続で連続ドラマに出演。またフジテレビ系情報番組『めざましテレビ』の「イマドキガール」を務めており、爽やかな笑顔がお茶の間で人気急上昇中。比類なき透明感が印象的な飯豊が演じる“つるこ”に、視聴者は釘付けになるに違いない。
 最後に、昔は皆の弟分で、今は高校に行かず、世界中を旅している“ぽっぽ”を演じるのは高畑。高畑は今回がフジテレビ系ドラマ初出演となる。女優・高畑淳子を母に持つ高畑。2012年にデビューし、テレビ東京系『永遠の0』や、現在放送中のNHK『まれ』などに出演、その存在感と、思い切りの良い熱い演技が注目されている。またフジテレビ系バラエティー番組『ペケポンプラス』にも出演しており、独特のキャラクターで笑いを誘い、多方面から今後への期待のまなざしを注がれている高畑。無邪気で明るい“ぽっぽ”は、まさに高畑にとってハマリ役となるに違いない。
 これからを期待せずにはいられない、次世代を担う豪華若手俳優たちが『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』のために集結した。撮影はすでにクランクイン済み。撮影は全編を通じて、ほぼ秩父ロケとなる。撮影前に入念なリハーサル、台本の読み合わせをおこなっていたため、チームワーク良く、秩父の観光課含め、街全体の応援を受けて、撮影は快調に進んでいる。

編成企画担当者は自信

 ドラマの編成企画を務める狩野雄太は「ずっと大好きなアニメで、実写化をするならば絶対に自分がやりたいと思っていました。と、同時に、実はこのアニメを見たことがある人はまだまだ少ないのでは?と思っていました。本当に何回見ても涙があふれてしまう、人の心の奥底をつかむ魔法がかかった作品だと思うので、より多くの方にこの作品の魅力を知ってもらいたいです。一方、思い入れが強いファンの方もいらっしゃるので非常に勇気がいる、チャレンジのしがいのある作品だと思っております。既にクランクインはしているのですが、演出の西浦をはじめ制作陣が本当に、みずみずしい画を撮っていますので、魅力的なドラマをお送り出来るかと思います」と語り、「アニメ通りだと“めんま”は銀髪にしなくてはならないなどあるのですが、プロデューサーや監督との相談の結果、生身の人間にする場合、黒髪にした方がいいであろうと結論になりました。またセリフ回しの細かなニュアンスは若干、現実寄りにいたしました」と、ドラマ化にあたっての色づけを行っている。
 また今回の俳優陣に関して、「じんたん、めんま、ゆきあつ、あなる、つるこ、ぽっぽの配役を決めるにあたり、何回もオーディションをし、プロデューサー、監督とも綿密に相談をして決めました。今後のテレビドラマ界を賑やかにしてくれるに違いない方々ばかりですし、実際にドラマを見ていただけたら原作ファンの方にもご納得いただけるキャスト陣になっていると思います」と自信を見せた。
 アニメでの原作脚本を務めた岡田麿里からもコメントが寄せられ、「実写作品的な内容を、アニメでしかできない表現で描いてみたい…と考えて生まれたのが『あの花』でした。それが、まさかのドラマ化。感動&動揺しつつも、スタッフの皆さまの手による、ドラマでしかできない表現で描かれた、新しい『あの花』を楽しみにしています!」と期待を寄せた。

このドラマで思い切り泣いて、爽やかな感動をかみしめていただきたい

『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』は、その超一級品のエンターテイメント性から、若い人だけでなく幅広い世代の方々に受け入れてもらえるに違いない。現にアニメの劇場版では、10代のみならず、20代から40代と様々な方にご支持いただき、思いきり泣いていただいた。スペシャルドラマ『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』に、思い切り泣いていただいて、爽やかな感動をかみしめていただきたい。

出演者コメント

村上虹郎

Q:大ヒットアニメの実写化。ドラマの話を聞いた時の感想を教えて下さい。

「最初、“じんたん”役をやることができる、と聞いた時に、資料に自分のプロフィール写真とアニメの写真が並んでいるのを見ました。“引きこもっているんだろうな”というオーラが出ている僕の写真が、“じんたん”とピッタリだったので、良かったなと思いました(笑)。原作アニメを全部見たのですが、すごくスムーズに見られました。面白いから、だと思います」

Q:地上波ドラマ初出演、そして初主演ですが意気込みをお聞かせください。

「現場に入ってから、ドラマと映画の違いに気付きました。現場に入る前は、いつもと同じ気合で現場に向かったのですが、細かいニュアンスや、スタッフの方の数の多さなど、これまで出演させていただいた映画との違いを知り、そこで主演をやらせていただくことは本当にありがたいことで、真摯にやりたいと思っています。また地上波ドラマには、違う喜びがあります。僕の祖母は基本的にテレビしか見ません。やはり色んな人にとってテレビは近い距離にあるものだと思うので、そこに出演させていただくことはとてもうれしいです」

Q:視聴者、そしてアニメのファンへメッセージをお願いします。

「実はアニメが放送していた頃、海外に留学していたので、僕はドラマのお話をいただくまで、アニメを知りませんでした。そして友達だったり尊敬する方だったり、僕の近い人達に、“今度こういうドラマをやる”と話した時、このアニメを知っている人がたくさんいて、“泣いた”、“好き”と言う人や、大ファンもいました。僕が似ているからか、みんなから、“じんたんをやるんでしょ”とも言われました(笑)。アニメを100%表現するのは難しいですが、この現場では、僕も含め、それぞれが自分から役に近づくということをしていて、人間がいることで、アニメとは違う味が出せると思います。ファンの方もアニメを知らない方も、気持ちよく見られる作品にしたいな、と思いますのでご期待ください」

浜辺美波

Q:ドラマ初ヒロイン。撮影ではずっとハダシで頑張っていますが、意気込みをお聞かせください。

「とても光栄なことだと思っています。作品自体も、原作が本当に素敵なアニメで、そんな中で演じさせていただく“めんま”という役には、既にいろんな方がイメージを持っていらっしゃると思います。それを壊さないように、自分なりに“めんま”を消化して、少しでもイメージに似た“めんま”を演じられれば、と思っています」

Q:具体的にはどのように“めんま”を演じようと思っていますか?

「たとえば、なるべく軽やかに見えるように歩いたり走ったりしています。また、“めんま”は憎めないキャラクターなので、“じんたん”を、からかったりするお芝居では、“じんたん”とお話ができることが純粋にうれしい、という表情と口調でからっかたり。そういうことの積み重ねで“めんま”というキャラクターを作っていければ、と思います」

Q:視聴者、そしてアニメのファンへメッセージをお願いします。

「ドラマになっても、アニメに負けない面白い作品にしたいと思っています。超平和バスターズの素敵な絆を是非ご覧下さい。またアニメでは私はラストが一番好きなのですが、ドラマでもたくさんの人に感動していただけるラストになると思いますので、是非期待して下さい」

志尊淳

Q:クールで秀才。最も心に秘めたものがある“ゆきあつ”を演じるにあたり、意気込みをお聞かせ下さい。

「こんな話題作に携わらせて頂ける幸せを噛みしめると同時に、原作であるアニメを見て“ゆきあつ”にとても感情移入し、これは相当重い役だな、というのが実感です。“ゆきあつ”の、心に秘めた切ない想いをまっとうする姿を、素直に演じきりたいと思います。と同時に、クールなだけではなく、本当はとても仲間を思っているところなど、二面性が多いキャラクターである分、アニメをご覧になられていない方にも勘違いされないよう、正確に届けたいと思っています」

松井愛莉

Q:ギャルながら、いちずでいじらしい面もある“あなる”を演じるにあたり、意気込みをお聞かせ下さい。

「私自身は“あなる”と逆な部分が多くて、そんなに明るい方ではないですし、まずはテンションを上げて演じていかなくては、と思っています。また、ずっと内に秘めた恋心がある女の子なのですが、その気持ちもあまり隠せなかったり、この6人の中では喜怒哀楽を素直に見せる、一番人間味のある役なので、そんな“あなる”の感情をちゃんとお芝居で見せていきたいな、と思っています」

飯豊まりえ

Q:しっかり者でまとめ役。あまり感情を出さない“つるこ”を演じるにあたり、意気込みをお聞かせ下さい。

「アニメでは毎回泣いてしまい、すごいストーリーでした。“つるこ”は、あまり感情を表に出さない分、一人で抱え込んでしまっているものがとても多くて、ちょっとさみしい女の子だな、と思います。以前『27時間テレビ』の1コーナーで明石家さんまさんが、好きな女性に“つるこ”を選ばれていた事を知り、ビックリしたのですが、本当に多くの方に愛されているアニメなので、私で大丈夫かな、という不安もあります。既にある“つるこ”というキャラクターに、出来るだけ寄せて演じられれば、と思っていて、声質も普段は高いのですが演じるときは低めにするなど心がけて、精一杯、頑張りたいと思います」

高畑裕太

Q:無邪気で場の盛り上げ役“ぽっぽ”を演じるにあたり、意気込みをお聞かせ下さい。

「“ぽっぽ”はアニメファンからも人気があって、見せ所がある役だと感じています。ずっと会っていなかった仲間たちとの再会後、彼だけすぐに気まずさも無しに接するのですが、どうして、そんなに無邪気なのだろう、ということをずっと考えて撮影に臨めたら、と思っています。そして人間が演じるからこその、アニメとは違う生の美しさを真摯(しんし)に表現できるよう取り組んでいきたいです」

ストーリー

 秩父、ある夏の日。
 自宅でテレビゲームに夢中になっている、引きこもりの高校生・宿海仁太(村上虹郎)の前に、忘れたい、でも忘れたことなんて一度も無かった少女が突然現れた。
 「ねぇ、じんたん!」
 懐かしいあだ名を呼ぶ少女は幼なじみの本間芽衣子(浜辺美波)。あり得ない。だって、彼女は…“めんま”は、あの夏の日に死んでしまったはず…。
 でも認めないわけにはいかない。“めんま”は、あの夏の日と同じ白いワンピース姿で、ちょっと成長した姿で、幽霊として仁太の前に現れたのだ。
 “めんま”によれば、生きている時にやり残した願いがあり、心残りで幽霊として戻ってきた、と言うのだ。しかし肝心な願いの内容は覚えていないらしい。
 混乱する仁太は、取りあえず買い物に街に出る。すると、またしても意外な人物と巡り会う。
「“ぽっぽ”…」
芽衣子と同じく幼なじみの久川鉄道(高畑裕太)だ。仁太の頭に去来する7年前の風景-「超平和バスターズ」の幼なじみ6人組。何でも平和にするからと仁太が考案した名前。リーダーだった仁太。そして、“めんま”の事故死をきっかけに決裂した「超平和バスターズ」の絆-
 昔はみんなの弟分だった“ぽっぽ”は、すっかり成長し、今は高校に行かず世界中を旅行している。そして、日本にいる時は、昔「超平和バスターズ」が秘密基地として使っていた小屋に住んでいると言う。面影残る、無邪気な笑顔。仁太は、“めんま”が幽霊として現れたことを“ぽっぽ”に相談する。
 与太話と言われるかと思いきや、“ぽっぽ”は仁太の話を信じる。そして「超平和バスターズ」のみんなで“めんま”の願いを叶えてあげよう、と言う。
 “ぽっぽ”の呼びかけで、久しぶりに「超平和バスターズ」の幼なじみたちが集まった。昔から怜悧(れいり)で秀才タイプ、今は地元一番の進学校に通っている“ゆきあつ”こと、松雪集(志尊淳)、昔は引っ込み思案だったが高校デビューして今はすっかりギャルになった“あなる”こと、安城鳴子(松井愛莉)。しっかり者でみんなのまとめ役、今は“ゆきあつ”と同じ学校に通う“つるこ”こと、鶴見知利子(飯豊まりえ)。そして“ぽっぽ”、“じんたん”、“じんたん”の隣で柔らかい笑顔でたたずむ“めんま”の6人。
 久しぶりの再会を喜ぶ“めんま”。対照的に、気まずい空気が流れる“ゆきあつ”“あなる”“つるこ”。そして仁太は、気付く。“めんま”が見えるのは自分だけだということに-。

番組概要

番組名

スペシャルドラマ
『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』

放送日

今年放送

出演者

村上虹郎、浜辺美波、志尊淳、松井愛莉飯豊まりえ、高畑裕太 他

スタッフ

原作
『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』(超平和バスターズ)
脚本
いずみ吉紘(代表作:『大使閣下の料理人』『南極大陸』『ROOKIES』等)
編成企画
狩野雄太(代表作:『デート~恋とはどんなものかしら~』『大使閣下の料理人』『ワンピース』等)
プロデュース
浅野澄美(代表作『最後から二番目の恋』シリーズ『最高の離婚』『ドラマサザエさん』シリーズ等)
演出
西浦正記(代表作:『リッチマン、プアウーマン』『コード・ブルー』『名前をなくした女神』等)
制作
フジテレビジョン
制作著作
FCC

2015年6月17日 フジテレビ広報部 ※掲載情報は発行時のものです。放送日時や出演者等変更になる場合がありますので当日の番組表でご確認ください。