番組・イベント最新情報 「とれたてフジテレビ」

一覧へ戻る

社会の矛盾、世代間の軋轢… 現代の若者=AKB48が論客と共に時に静かに、時に激しく、日本の今を考える!『僕らが考える夜』

更新日:2015/4/7

『僕らが考える夜』

2015年4月15日スタート
毎週(水)24時25分~24時55分

 格差に不満があるのに選挙には行かず、人手不足なのに失業率が高くて、世界に誇る技術があるのに使おうとしないで、ダメな国かと思えば世界から憧れられている…。そんな素敵でどこかヘンな国=ニッポンについて、日本の若者が直面する様々な問題をテーマに、現代を生きる若者代表であるAKB48のメンバーが真面目に考えていくトーク番組『僕らが考える夜』が、4月15日(水)にスタートする。MCの土田晃之指原莉乃HKT48)、そして4人のAKB48メンバーたちと共に激論を交わすのは、“おじさん世代”代表となるゲストと、鋭い視点で現代をきる当代きっての論客たちだ。
 4月15日(水)放送の初回では、AKB48メンバーから宮澤佐江横山由依木崎ゆりあ高橋朱里が参加。「なぜ、いじめは無くならないのか?」をテーマに、時に自身の体験なども交えて、“いじめ”の定義や要因、様々な現象について語る。今回の“おじさん世代”代表のゲストは、無類のギャンブル好きとして名高い漫画家・蛭子能収。世代も背景も違うAKB48メンバーとはまるで接点のなさそうな蛭子能収だが、時に彼女たちと同調するような場面もあった。そして、討論を盛り上げる論客には、新進気鋭の社会学者・宇野常寛とオタク文化から政治まで幅広い知識を持った濱野智史が登場。AKB48メンバーたちと共に問題の解決策を探っていく。4月22日放送の第2回では「自殺したくなったこと、ありますか?」というテーマで討論する。
 考えるAKB48からは、次の日ニュースになるような、今の彼女たちにしか言えない珠玉の一言が飛び出すはず!まだ世間に対し無知な彼女たちならではの自由な言葉、意外な一言はTVを飛び出し、世の中に波紋を広げ、この国について考える事を広めていくことになるかもしれない。今の日本が見えてくる、考えるトーク番組『僕らが考える夜』は4月15日(水)24時25分スタート。AKB48が仕掛けるソフトでポップな現代の学生運動となるか!?

コメント

Q. 初収録を終えていかがでしたか?

指原莉乃
「一回目のテーマは“いじめ”だったのですが、こうしてメンバー同士で真面目な話をするのも、みんなの真剣な意見を聞くのも初めてでした。時にはお互いの意見を否定したりすることもあったり、少しだけですがAKB内でも“いじめ”があるのかないのか、というようなことまで話したりもしたので、ファンの方も気になるメンバーの真剣な姿が見られるのではないでしょうか。(収録前は)正直、メンバーはあまりしゃべれないのではないかと思っていたんです。この中でも先輩後輩があるし、当然テレビですし、テーマがテーマだったので…。でも、実際にやってみると、みんなが意見をぶつけてくれて、かなり盛り上がったと思います。一度も話が止まることもなく、あっという間でした」
土田晃之
「疲れました…。収録時間も長くしっかりあって、討論というか、皆さんの意見を聞く番組なので…。だからといって僕は(奥さんからの)お給料制なので、何も増えないのが残念です(笑)」
指原
「またそんなこと言って!ですが、土田さんの大人としての意見は貴重でした。お父さん目線だったりして、メンバーとも違うし、蛭子さんなど男性ゲスト方たちとも違っていたので」
宮澤佐江
「そうですね。それぞれの意見に生き方などが臭っていて、人それぞれの考えがあるので、それが楽しかったです。テーマがテーマなので楽しいという表現は違うかもしれませんが、自分が今まで考えたことなかった意見や考えを聞くことができたので。しかも、ぜんぜん違う世代の方の意見も聞けたので、私にとって特別な時間でした」
横山由依
「論客の方たちも、私たちにわかりやすく話していただきました。もっとわかりにくい難しい話をされるのではないかと予想していたのですが、みんながついていけるように話してくださったので、テレビを見てくださる方にも、若い子にもいろいろな意見を知っていただけるきっかけになるのではないかと思います」
木崎ゆりあ
「最年少という立場で意見をたくさん言わせていただきました。AKBとして同じ活動をしているけれど、こういう討論という場で意見を言い合うと、同じ若い世代といってもいろいろ意見が違っていたりするのが面白いと思いました」
高橋朱里
「本当にいろんな人の意見があって勉強になりました。私たちも普段からこういう“いじめ”の話とか、“自殺”の話をすることもないし、テーマにしないと話さないこともあるので、こういう機会で改めて話をすることができて、心に刻めたことがたくさんありました」

Q. 今後、やってみたい討論のテーマはありますか?

土田
「みんなに聞きたいのはアイドル論ですね。“アイドルとは?”というのは、メンバーみんなのカラーとしての意見が出ると思うので。…ぶっちゃけ僕自身は興味ないんですけどね」
メンバー
「ひどい!(笑)」
宮澤
「でも、AKBは今後どうなるべきか、という話はいつもしています。卒業したメンバーとも会って話すぐらいです」
指原
「だったら、“挫折”っていうテーマはどうですか?人生の挫折。たとえば、今まで仕事をやめたいって思った時どうやって乗り越えたか、とか。今まで話していないエピソードが聞けるかもしれないです」
土田
「(俺は)やめたいって思ったことは一度もないな。だってこれ(芸能界)しかないもの。いま思えば20代の時は大変だったけど、その分、楽しかったから」
指原
「素敵ですね。まさにそういう話が聞きたいです」
宮澤
「私たちはAKB卒業っていうのがひとつあるけれど、この世界には残りたい、とかそれぞれあると思います」
指原
「AKBをいっぱい呼んで、ひとりひとり将来についてとか、いつやめたいかを発表してほしい」
宮澤
「秋元先生がプルプルしちゃうね」
土田
「そんなにぶっちゃけて普段も話したりするの?将来は女優やりたい、とか」
指原
「仲いい同士で話すことはあると思いますけど、正直このメンバーが将来どうしたいかは知らないです」
横山
「確かに知りたいですね」
宮澤
「そうですね、ちょっと明るい話もできたらいいなって思います」

番組概要

タイトル

『僕らが考える夜』

放送日時

2015年4月15日スタート
毎週(水)24時25分~24時55分

MC

土田晃之指原莉乃HKT48

#1、#2出演者

AKBメンバー
宮澤佐江、横山由依、木崎ゆりあ、高橋朱里
ゲスト
蛭子能収
論客
宇野常寛、濱野智史

スタッフ

プロデューサー
浜野貴敏
演出
新沢学(ユーフィールド)
制作
フジテレビバラエティ制作センター

2015年4月7日 フジテレビ広報部 ※掲載情報は発行時のものです。放送日時や出演者等変更になる場合がありますので当日の番組表でご確認ください。