番組・イベント最新情報 「とれたてフジテレビ」

一覧へ戻る

渡辺麻友(AKB48)&稲森いずみのW主演!
『戦う!書店ガール』

更新日:2015/2/21

『戦う!書店ガール』

仕事も恋も譲れない!“働き女子”のプライドが激突
水と油の2人が織りなすウーマンライフドラマ

オフィシャルサイト

2015年4月スタート 毎週火曜22時
(関西テレビ・フジテレビ系全国ネット)

 この春始まる、関西テレビ・フジテレビ系火曜22時枠の連続ドラマ(スタート日未定)は、渡辺麻友AKB48)・稲森いずみのW主演で「戦う!書店ガール」を放送することが決まりました。

 20代と40代の働く女性が、世代間ギャップや境遇の違いから互いにぶつかり合いながらも、仕事や恋の困難に果敢に挑み乗り越えていくことで、自分自身に足りなかったものや、忘れていたものに気づき、互いに成長していく、春にぴったりのウーマンライフドラマです。

 主人公“亜紀”を演じるのはAKB48の渡辺麻友。渡辺がゴールデン・プライム帯(19~23時)の連続ドラマで主演を務めるのは初めてです。AKB48での活動は言うまでもなく、数多くのジャンルに活躍の幅を広げている彼女が、本格的に女優として動き出します。もう1人の主人公“理子”を演じるのは数々のドラマや映画で、等身大の女性の役からシリアスな役まで演じ、可愛さと気品を兼ねそなえた魅力で同世代を中心に幅広く共感を得ている女優・稲森いずみ。初共演となる2人がどのような化学反応を起こすのか、ご期待ください。

 ドラマは、碧野圭の人気小説が原作。舞台は老舗書店「ペガサス書房」。ネット書店の台頭などから経営的にも厳しさを増している中、本に救われた経験をもつ2人の女性、書店員の北村亜紀(きたむらあき)(渡辺麻友(AKB48))と副店長の西岡理子(にしおかりこ)(稲森いずみ)が主人公です。「結婚より仕事や夢!」気が強くて自由奔放な亜紀と、仕事にプライドを持って働いてきたが気づけば婚期を逃してしまった独身の理子。ふたりの間にあるのは…23歳と40歳という世代間ギャップ。「コネ入社のお嬢様」と「たたき上げの苦労人」という境遇の違い。そして性格や経験の違いからくる、仕事や恋に対するアプローチの違い。すべてが異なる水と油の関係な2人が、仕事、恋愛、人生と果敢に「戦う」姿を、痛快に描きます。

 さらに、2人を取りまく個性豊かな共演者たちが脇を固めます。亜紀に一目ぼれをするコミック編集者には大東駿介、女子2人の奮闘を見つめる謎の男には田辺誠一が決定。2人が働くペガサス書房の書店員で鈴木ちなみ伊野尾慧Hey! Say! JUMP)、店長に木下ほうか、理子の父親には井上順の出演も決定。
また、脚本は「名前をなくした女神」や「ファース・クラス(第1期)」などで女性の赤裸々な素顔を描いてきた渡辺千穂。人間の表裏を隠すことなく描いたリアルなストーリーで、女子の共感を呼んできた彼女が“働き女子”のホンネを描きます。
頑張っているすべての女性にエールを送る、痛快でオンナ心満載なドラマ。是非お楽しみに!

コメント

渡辺麻友(AKB48)

出演が決まったと伺った時は、驚きすぎて信じられませんでした。でもいつかは(GP帯の)連続ドラマで主演をしたいなという夢があったので、まさかこんなに早くお話をいただけるとは…本当に光栄です。私が演じる“亜紀”という役は、自由奔放で気が強く、自分の思ったことをストレートに伝える女性。自分とは似ていないなと思う部分が多い一方で、好きなものや仕事に対する熱意に関しては共通点も。初共演の稲森さんは、いつもテレビで見ている女優さんなので、本当にお綺麗で圧倒されましたが、すごく優しい方でした。また、AKB48のメンバーには、実はまだ誰にもドラマに主演することを伝えていませんが、秋元先生には「がんばりなさい」という応援の言葉をいただきました。私は将来、幅広い役を演じられる女優になりたいので、夢への大きな第一歩。アイドル“まゆゆ”ではなく、女優・渡辺麻友(AKB48)に期待してください!

稲森いずみ

このお話をいただいた時は、何かおもしろそう!と思いました。書店にも興味があるので、これから始まる撮影が楽しみです。演じる“理子”という役は、仕事にプライドを持ってバリバリ働いている一方で、プライベートでは上手くいかないところもあり完璧ではないところが、人間らしくて可愛いなと思いました。初共演の渡辺さんは、少女マンガから飛び出てきたような可愛らしい方で、お会いしたら何となく波長が似ている感じがして、自然と会話をしていました。しっかりした印象を持ちましたので、ドラマの現場では、ちょこちょこ頼っちゃうかもしれません(笑)。正反対の役を演じるとはいえ、馬が合わなければならない部分もあるので、持ちつ持たれつな関係で、精一杯頑張りたいです。スカっとして、心が洗われて、絶対にどこか共感していただける部分があるドラマだと思います。沢山の女性に見ていただいて、心のエネルギー補給をしてもらい、明日からまた頑張ろうと思ってもらえたらうれしいですね。

関西テレビ・山下有為プロデューサー

人生は戦いです。仕事や恋はもちろん、生きていくこと自体も戦いなのだと私は思います。
このドラマの主人公は2人の女性。23歳の亜紀から飛び出す空気を読まない言動が、今まで空気を読んで生きてきた40歳の理子とぶつかります。しかし、そのぶつかり合いこそが2人を成長させ、新たなる一歩を踏み出す原動力となるのです。
今、一番の輝きを放っておられるAKB48の渡辺麻友さんに亜紀役をお願いさせて頂きました。渡辺さんがかもし出す、可愛らしくも“プロ”を感じさせる空気感が、書店の仕事に不器用ながらも強い情熱を注ぐ亜紀の姿とぴったり重なったのです。一方、仕事に静かな情熱を抱く理子役には、洗練されたキュートな魅力を放ち続ける稲森いずみさんにお願いさせて頂きました。様々な役をご経験されてきた稲森さんだからこそ描くことのできる、リアルで繊細な女心にご期待頂きたく思います。
他にもそれぞれに個性的で魅力的なキャストの皆さんにお集まり頂き、働く女性たちが直面する人生の戦いを描いていきます。ぜひご期待下さい。

番組概要

タイトル

『戦う!書店ガール』

放送日時

2015年4月スタート 毎週火曜22時

(関西テレビ・フジテレビ系全国ネット)

出演

渡辺麻友AKB48
稲森いずみ
 ・
大東駿介
鈴木ちなみ
伊野尾慧Hey! Say! JUMP
 ・
木下ほうか
井上順

田辺誠一
ほか

スタッフ

原作
碧野圭「書店ガール」シリーズ(PHP文芸文庫)
脚本
渡辺千穂(「名前をなくした女神」「ファースト・クラス(第1期)」)
音楽
横山克
演出
白木啓一郎(「幽かな彼女」「銭の戦争」)
木内健人(「ハングリー!」「トライアングル」)
プロデューサー
山下有為(「ブラック・プレジデント」「新・ミナミの帝王」)
沖貴子(映画「繕い裁つ人」「阪急電車」)
松井洋子(「黄昏流星群」wowow「天使のナイフ」)
制作著作
関西テレビ

2015年2月21日 フジテレビ広報部 ※掲載情報は発行時のものです。放送日時や出演者等変更になる場合がありますので当日の番組表でご確認ください。