番組・イベント最新情報 「とれたてフジテレビ」

一覧へ戻る

中居正広がお送りする「終活」スペシャル番組 死にむけての正しい準備とは?『中居正広の「終活」って何だ?僕はこうして死にたい(仮)』

更新日:2015/02/3

『中居正広の「終活」って何だ?僕はこうして死にたい(仮)』

2月21日(土)21時~23時10分

「天国とは“二人の国”と書きますよね、だからやはり二人で皆さん行きたいのでしょうね」と中居正広の言葉にハッとさせられる。これは今回放送される『中居正広の終活スペシャル』(仮)(2月21日(土)21時~23時10分放送)での発言。同番組では、最近話題となっている「終活」つまり「死」を迎えるまでにどのような準備を整えておくべきかについて中居正広がゲストとともに学んでいく。スタジオには「終活」適齢期とも言えるような60代、70代ゲストだけでなく、20代~40代と各世代のゲストが登場するため、それぞれの世代が「終わり」へ向け今何をすべきかがわかる。綾小路きみまろ坂上忍指原莉乃HKT48)、中村玉緒北斗晶(五十音順)が体験談を交え自分の考え方を大いにぶつけあう。専門家からのアドバイスもあり役立つ情報が満載となっている。
 スタジオではあらゆる最期の迎え方の事例を映像で見つつ、ゲストは時に実体験に基づく生々しい体験談も披露する。中村玉緒は夫、勝新太郎を見送った頃を振り返る。夫は全く泣き言を言わないばかりか死について一切語ることなく最期の日を迎えたという。中村自身、病気になっても困らないよう十分な保険に入るなど子どもたちには面倒をかけない準備が既にできており、死後は一周忌も何もしないでほしい、と語る。が「玉緒さんがそれでよくても周りが放っておかない」(中居正広)「残された人間がどうするかの問題だから」と死を見守る側が亡くなった方を大事にしたい気持ちが強く何もしないではいられないという点で意見が割れる。綾小路きみまろは「明日、俺死ぬから」と言いながら焼酎を飲み親族と語らい、本当に翌朝亡くなった伯父を「理想の死に方」と語るなど、それぞれに身近な人の死を通して何かを学ぶ、という話へと発展する。

自分自身で死への準備を整えた金子哲雄氏

 今回番組では亡くなる直前1カ月の間に自分自身で死への準備を全て整えた、流通コーディネイター、金子哲雄氏の事例を紹介する。闘病しながらも番組に出続け、いよいよ入院、最期の瞬間が近いことを悟った金子氏は、残された時間を使って、妻に自身の葬儀の予算管理まで細部にわたり全て指示したという。妻もつらいながらも意識を失いかける夫を揺り動かして起こし、その思いを必死に受け止めたという。現在も全国を講演してまわっている妻、稚子さんの姿を見た北斗晶は、金子氏が残した妻が寂しくなることのないよう自分の死後に行うべきことまで指示していたことに感銘を受ける。

余命わずかの母が小さい息子のために残したビデオレター

 まだ1歳の息子がいながら余命わずかと告げられた母はある決意をする。母は息子に伝えたい思いのたけをビデオレターに残し、29歳でこの世を去る。今8歳になった息子、かい君は寂しくなるとビデオを見るという。「声を聞いているだけで一緒にいるような感じがする」と語るかい君。父も優しくそんなかい君を見守りながら、「ビデオを見ているとき、自分には見せない表情を息子がしている」と語るのだった。そんな映像を見てスタジオのゲストたちも泣かずにはいられない。
 坂上忍は「かい君、いい男になるだろうな、と思う」と語る。一方、母としてもし自分が子どもを残すとしたら、と自分の身に引き寄せて北斗は語り始める。その言葉は意外なものだった。

現役最高齢芸人、内海桂子初めて終活フェアに参加

 終活フェアに初めて参加することになった内海桂子夫妻。その二人の様子にカメラが密着。遺影の撮影から、ひつぎの実体験などさまざまなコーナーが用意されており、内海だけでなく見ているスタジオゲストたちも大いに驚く。そんな様子を見ながら坂上忍からは「うらやましくなった」と本音がこぼれる。と思いきや光浦靖子は結婚せずに死んでいくことを考えると「笑えない」という本音も飛び出し、さらには自分の葬儀については、結婚した場合と未婚の場合の2パターン考えていると話す。一方、指原莉乃からは「死んだ後、昔のグラビア写真だけはどうしても見られたくない」と声を荒げ皆の笑いを誘う。

ひつぎにあなたが入れたいものは?

 中居は大切な身の回りの方の死に面したとき、ひつぎの中に手紙を入れると語る。最期にひつぎに入れたいものは?とゲスト全員にたずねるとさまざまな答えが返ってくる。日本エンディングサポート協会理事長、佐々木悦子からは「燃えないものは入れないで」と注意が飛ぶ。「あの世にいくまで何して時間をつぶせばいいの」と叫ぶ光浦。ひつぎをめぐる意外な事実にさまざまな話題が飛び出す。

余命わずかと家族が告げられたら

 余命わずかと宣告されたある女性を紹介する。彼女は元気に死にたい、と緩和ケアでの痛み止めなどはするが延命治療はしないという選択をする。そんな彼女を見守る家族は彼女の意見を受け入れられるのか。もし自分の家族が余命わずかで延命治療は望まないという選択をしたらどうするか。死ぬまでに必ず決めるべきこととは何か、学ぶこと満載のコーナー。

番組概要

番組タイトル

土曜プレミアム『中居正広の「終活」って何だ?僕はこうして死にたい(仮)』

放送日時

2月21日(土)21時~23時10分

キャスト

司会
中居正広
出演
綾小路きみまろ坂上忍指原莉乃中村玉緒北斗晶光浦靖子(五十音順)
解説
長尾クリニック院長・医学博士 長尾和宏
日本エンディングサポート協会理事長 佐々木悦子

スタッフ

プロデューサー
濱野貴敏(フジテレビバラエティ制作センター)
制作
ViViA

2015年2月3日「パブペパNo.15-036」 フジテレビ広報部 ※掲載情報は発行時のものです。放送日時や出演者等変更になる場合がありますので当日の番組表でご確認ください。