番組・イベント最新情報 「とれたてフジテレビ」

一覧へ戻る

長谷川京子4年半ぶり主演ドラマ 恋愛ドラマの神様・北川悦吏子最新作
『ティファニードラマスペシャル 夏の終わりに、恋をした。』

更新日:2014/8/31

『ティファニードラマスペシャル 夏の終わりに、恋をした。』

長谷川京子4年半ぶり主演ドラマ!
恋愛ドラマの神様・北川悦吏子最新作
世界中の女性の憧れ「ティファニー」とフジテレビコラボドラマ
オールN.Y.ロケ!
アラフォー世代の人気雑誌「DRESS」も協力。

オフィシャルサイト

9月26日(金)23:00~23:58放送

 長谷川京子がドラマに4年半ぶりに主演することが決定した。今回の作品は、恋愛ドラマの神様・北川悦吏子がオリジナルで新作を書き下ろす、大人のラブ・コメディー!

『ロングバケーション』など数々の大ヒットドラマを生み出した脚本家・北川悦吏子と、同じく『ロングバケーション』他で監督を務めたヒットメーカー、演出・永山耕三が再びコンビを組む!

 主人公はひとりのアラフォー女子、ちかげ(長谷川京子)。5年つきあっていて、将来も誓い合った(と思っていた)彼氏、成瀬(谷原章介)にフラれ、彼は若い女、七海(菜々緒)と電撃的に恋に落ち、結婚してしまった。

 ショックのあまり、ちょっとした復讐をしてやろうと、こともあろうに彼氏の新婚旅行先・ニューヨークまで追いかけてきた。ひょんなことで、N.Y.在住の若い日本人のイケメン留学生、俊平(工藤阿須加)に出会い、二人のN.Y.珍道中が始まることに。五番街を歩きながら、彼女は語る。今まで、一生懸命働きいろいろ買い物をしてきたが、ひとつだけ自分で買わなかったものがある。それが、ティファニーのジュエリー。それこそは愛した男性からもらうべきものと決めていたからだった…。そんな切ない大人の失恋、恋の物語をオールN.Y.ロケで描く。北川悦吏子のソフィスティケイトされたおしゃれな言葉の数々が、新しい時代の女性像をビビッドに描く。

 また、今回タイトルにもあるようにティファニーの全面協力のもと制作されるフジテレビとニューヨーク発祥のプレミアジュエラーの「ティファニー」との完全コラボレーションドラマとなっており、ティファニーがテレビ局とコラボレーションしたドラマを放送するのはこれが初となる。

 このような貴重なコラボが実現したことについてプロデューサーの古屋建自は「ティファニーは世界の女性のあこがれのジュエリーブランドの頂点。おしゃれなラブコメのクライマックスに、これ以上にない最高のモチーフと考えこのドラマを企画しました。」と語っている。

 また、長谷川京子に主演を依頼したことについて、古屋は「社会で挫折したり、人間関係に悩んだりしても、日常を前向きにエンジョイする等身大で活動的な女性を主役にしたかった。しかし、舞台は華やかなニューヨーク。アクティブな若さとかわいらしさ、エレガントな大人の女性らしさ、両方を兼ねそろえる女優さんはこの人しかいないと思った」と、長谷川京子でなければならなかった理由を語っている。さらに今若手俳優の中で注目度No.1の工藤阿須加をキャスティングしたことについても、「ちかげと、年の離れた若い男という珍道中が面白いと思った。俊平は、草食系とか、ゆとりとか、そういう紋切りの若者像ではなくて、夢とか、情熱とか、若さの本質を素直に体現する役。工藤さんは今どきいないくらい、若さと青春という言葉が最も合う俳優」と理由を語った。

 北川悦吏子ならではの素敵なセリフの数々、大人の恋愛ドラマで主演を果たすこととなった長谷川京子は「私が学生時代に夢中になった作品の数々を手がけられた方。その頃の懐かしさと現代の雰囲気が合わさった、かわいらしい作品だと思いました」と語り、ラブコメディーというところがポイントとなるドラマに出演することについて「今回は全てが会話劇ですし、2人だけのお話しなので、楽しくするのも悲しくするのも、自分たち次第。
テンポ感や間合いをしっかり考えて、本番ではリラックスしてやりたいと思います」と語っている。今回は全編オールN.Y.ロケということもみどころのひとつだが、ロケを目前にして「N.Y.のエネルギーと騒々しさの中で、開放感を持って楽しくお芝居したいです。」9月頭のN.Y.でのクランクインを楽しみにしているようだ。

 そして今回、N.Y.珍道中の相手となる工藤阿須加について「『八重の桜』では、とにかく真面目で素直で、現場のみんなからかわいがられていました。今回もそんな彼の素直さやカッコつけない感じがシュンペイと重なれば、とてもかわいいキャラクターになりますよね?」と工藤との共演にも期待を寄せている。

 長谷川京子の心の傷を癒やす重要な役どころを演じる工藤は台本を読んだ際、まずは「おもしろい!と思いました」と同時に、「(今まで演じてきた役と)全く違いますね」と驚いたそう。「(長谷川京子演じる)ちかげとの掛け合いのあたりが難しいのですが、(リハーサルでは)長谷川さんが僕にわかりやすいようにやってくださいますし、監督もわかりやすく説明してくださるので、もっと頑張らなきゃ」と意気込む。さらに映画監督を夢見てN.Y.にやってきた青年、俊平については「共感できるところがいっぱいあります。僕だけでなく、僕らの世代には夢を持っているけれど実現できずに葛藤している人がたくさんいると思いますから、多くの方に共感していただけると思います」と語った。現在リハーサルを行い、特訓中の長谷川とのやりとりについて、「ぜひちかげと俊平のやりとりにご注目ください!そのためにも頑張ります!」と語り、初めて行くというN.Y.へ期待と不安を膨らませているようだった。

 また、今回、一目でちかげの気持ちをなえさせてしまう、美貌と若さを兼ねそろえた七海役に選ばれたのが菜々緒である。最近ではフジテレビの土ドラ『FIRST CLASS』で川島レミ絵というヒール役を好演したばかり。今回も、一瞬にしてアラフォー女性たちを敵にまわす役どころとなるため、若さ、美貌と存在感が役に大きな説得力を与えることとなるはず。

 そして今回、主役のちかげの人生を狂わせる罪な男、成瀬には谷原章介。日本を代表する俳優陣の中でこれほどまでにスタイリッシュかつクールな印象を一切ぶれることなく視聴者に提供し続ける男性がいるだろうか。今回もN.Y.を舞台に大人の男性ならではのソフィストケイトされた魅力を画面いっぱいに披露してくれることとなるはず。プロデューサーの古屋は、谷原章介、菜々緒の起用の理由についても「お二人の出演の仕方、楽しみにしてほしいと思います。印象的にバーン、と登場します。とてもぜいたくなキャスティングができたと、お二人にも感謝しています。当世一流の美男美女にしかお願いできない役柄です」と語っている。

 このように、まさに今回のドラマでは北川悦吏子が描きだす脚本の世界からそのまま飛び出してきたかのような、これ以上ないベストなキャスティングが実現した。北川が紡ぎ出すセリフの数々が、これら魅力的なキャスト陣の口を通すことによって、さらに輝きを放つに違いない。

 ニューヨークでのロケは9月上旬から開始する予定で、今から楽しみにしている様子。多忙な出演者たちのスケジュールを縫うようにして、約1週間ほどの時間制限の中で集中力も求められることになりそう。

 ニューヨークでは、ティファニー本店でのロケを中心に、ニューヨーク五番街など、これぞN.Y.と誰もが思い描く場所をはじめ、今、話題の最新注目スポットでの収録など、視聴者の目と心を大いに楽しませる映像の連続となる。

 またその模様は「DRESS」本誌でも紹介予定。
ドラマで着用されたティファニーの新作ジュエリー紹介も楽しみ。

 恋に悩む大人の男女にお贈りする話題作の誕生となりそうだ。

ストーリー

 ちかげは、今、世界一、見苦しい女。
 5年つきあっていて、将来も誓い合った(と思っていた)彼氏にふられた。彼は、ここへ来て若い女に寝返った。電撃的に恋に落ち、さらには電撃的に結婚してしまった。アラフォーのちかげは、人生の土壇場で奈落の底に突き落とされた。
 ちかげは、ショックのあまり半分ストーカーまがいな状況に陥り、ついに新婚旅行先のニューヨークまで好きだった成瀬を追いかけて来てしまった。そこでひょんなことから、ニューヨーク在住の若い日本人の男、俊平と出会う。
 そこから、俊平は人の新婚旅行を追っかけて来たちかげの珍道中につきあう羽目に。ちかげは復讐してやろうかと新婚旅行先にまでやって来たのに、いざとなるとどうしてよいかわからない。ニューヨークの各所を歩いたり、自転車に乗ったりしながら、会話を繰り広げる。
 そんな二人が、ニューヨークの五番街を歩きながら、ティファニーに入る。
 ちかげは言う、「私、一生懸命働いて、お金稼いで、洋服やら靴やらアクセサリーやら、いろいろ買ったけど。ひとつだけ、自分で買わなかったものがある。ティファニーのジュエリー。“これは、好きになった男の人に買ってもらうものだろうな”と決めていて。せめて、ファーストティファニーは。だから、ここのジュエリー、ひとつも持ってない」。
 「成瀬さんに買ってもらわなかったんですか?」と俊平。
 「(すごく、「買って」と言いたかったけど)言えなかった…」とちかげ。
 ちかげに、俊平は、かわいらしさを感じる。
 そう、俊平は、一緒にいるうちに、だんだん、ちかげのかわいさに気がついていく。そして、ここまで成瀬を追って来たのも、こわいといえばこわいが、いちずの証とも言える。俊平はこのとんでもないちかげに、振り回されながらも、次第に、二人の距離は近づいて行くのだった。
 距離は近づいていくが、タイムリミットは迫って来る。ちかげは、明日には、日本に帰る。果たして二人の関係はどのように発展していくのか。

番組概要

番組タイトル

『ティファニードラマスペシャル 夏の終わりに、恋をした。』

放送日

9月26日(金)23時~23時58分

撮影時期

9月上旬

キャスト

安藤ちかげ … 長谷川京子

アラフォー女子。ちょっと仕事に行き詰まりを感じている、スタイリスト。5年つきあって将来も誓い合った(と思っていた)成瀬にフラれた。ちょっと復讐をしてやろうと、成瀬の新婚旅行先のニューヨークまで追いかけてきた。そこでひょんなことから若い日本人の男・俊平と出会う。そこから二人の珍道中がはじまり…。

小塚俊平 … 工藤阿須加

ニューヨーク在住の若い日本人の男。ひょんなことでちかげと出会う。ニューヨークで、貧乏生活しながら映画監督になる夢に向かって頑張っている。N.Y.で流行のラーメン屋でバイトしている。

竹内七海 … 菜々緒

若くて美貌を兼ねそろえた女性。成瀬の結婚相手。ちかげの人生を揺るがすきっかけとなる。

成瀬友則 … 谷原章介

ちかげの元カレ。若い女・七海に寝返り、電撃的に結婚。新婚旅行でニューヨークまでやって来た。

スタッフ

脚本
北川悦吏子(『ロングバケーション』『あすなろ白書』)
協力プロデュース
小泉守(トータルメディアコミュニケーション)
プロデュース
古屋建自(『ラストホープ』『海の上の診療所』)
演出
永山耕三(『ロングバケーション』『東京ラブストーリー』)
制作協力
トータルメディアコミュニケーション
制作
フジテレビドラマ制作センター

2014年8月31日 フジテレビ広報部 ※掲載情報は発行時のものです。放送日時や出演者等変更になる場合がありますので当日の番組表でご確認ください。