番組・イベント最新情報 「とれたてフジテレビ」

一覧へ戻る

「三谷幸喜×アガサ・クリスティー」夢のコラボレーションが実現!
三谷幸喜版『オリエント急行殺人事件』2夜放送決定!

更新日:2014/8/19

フジテレビ開局55周年特別企画『オリエント急行殺人事件』

フジテレビ開局55周年の目玉・三谷幸喜版『オリエント急行殺人事件』2夜放送決定!
民放ドラマ初主演・フジテレビドラマ初出演の野村萬斎が、名探偵・ポアロを演じる!
三谷幸喜が「古畑任三郎」以来フジテレビでは、約15年ぶりに満を持して送り出すミステリー作品ここに三谷幸喜最高傑作が誕生する。

オフィシャルサイト

2015年 新春放送

 フジテレビ開局55周年特別企画の目玉ともいえる、今までにない大型スペシャルドラマが、来年2015年新春に放送されることが決まった。タイトルは『オリエント急行殺人事件アガサ・クリスティーが1934年に発表したミステリー最高峰の永遠の名作を日本で初めてテレビドラマ化する。そして今回脚本を担当するのは、舞台・映画・テレビドラマと数々の名作を世に送り出し、その作品の持つ魅力で、毎回日本中を虜にしている、三谷幸喜。彼が長年憧れ続け、イギリスのクリスティー社へのラブコールをし続けた結果、今回「オリエント急行殺人事件」の念願のドラマ化が決定し、アガサ・クリスティー×三谷幸喜の夢のコラボレーションが実現したのだ。ここに三谷幸喜最高傑作が誕生する。
 三谷自身も「“オリエント急行”が日本でテレビドラマになるとは!しかも脚本を僕が書くとは!こんなにすごいことがあるんだろうかと、書き終えた今でも、まだ驚いています」と喜びを語っている。また、三谷にとっては、『古畑任三郎』(1994年第1シリーズ、1996年第2シリーズ、1999年第3シリーズ放送・フジテレビ)以来、フジテレビでは約15年ぶりのテレビでのミステリー作品である。まさに新春にふさわしい大注目作といえよう。 

 原作「オリエント急行殺人事件」は、真冬の欧州を走る超豪華列車“オリエント急行”の中で、一人の乗客が何者かに殺害される。犯人は、列車に乗り合わせた、国籍も身分も違う乗客の中にいるはずではないか?と、偶然乗り合わせた名探偵エルキュール・ポアロが捜査に乗り出す…というストーリーだが、今回三谷は、舞台を昭和初期の日本、昭和モダンが花開いた時代に移し、新たな挑戦もプラスし、今までに誰も見たことがない『オリエント急行殺人事件』を作り出す。
 さらに、この大作を2夜にわたり放送することも明らかになった。第1夜は、原作に忠実に。第2夜は、犯人側の視点から描くという三谷オリジナルの新たな挑戦がちりばめられた構成となる。

 そして、この物語の主人公・名探偵ポアロを演じるのは、民放のテレビドラマでは初主演、フジテレビドラマ初出演となる狂言師・野村萬斎。“狂言”という伝統芸能を守り、継承しながらも、俳優として独特の世界観を放っている野村。人気・実力、そして唯一無二の存在感をもつ彼が、名探偵・ポアロならぬ、名探偵勝呂武尊(すぐろたける)を演じるのだ。三谷幸喜をして「彼をおいて和製ポアロを演じられる人はいない!」と言わしめるキャスティング。三谷幸喜と野村萬斎は、2011年の舞台「ベッジ・パードン」で演出家と主演として初タッグしたのみ。テレビドラマでは初タッグとなる。天才脚本家と天才的表現者が生み出す、今まで誰も見たことがない極上のエンターテインメントの誕生である。
 クランクインは、9月初旬予定。超豪華共演者も後日発表予定だ。三谷幸喜が魅せる『オリエント急行殺人事件』是非今から、心待ちにしていただきたい。

コメント

脚本:三谷幸喜

「小学校の時、初めて原作を読み、中学で映画版を観て夢中になった、あのアガサ・クリスティーの「オリエント急行殺人事件」が、日本でテレビドラマになるとは!しかもその脚本を僕が書くとは!今回は、設定を昭和初期の日本に移し、また、舞台となるオリエント急行を、架空の豪華寝台列車「特急東洋」に置き換えました。名探偵エルキュール・ポアロに代わって事件を解決するのは、名探偵勝呂武尊(すぐろたける)。演じるのは、野村萬斎さん。彼をおいて和製ポアロを演じられる人はいない!狂言で鍛えた身のこなしで、頭脳明晰、お洒落で気障な「ポアロ」を演じてくれるはずです。そして容疑者の皆さんも絢爛豪華。これだけオールスターキャストの容疑者がそろったミステリードラマは、今までなかったんじゃないでしょうか?原作を知らない人が、キャストの名前だけで犯人を当てようと思っても、まず無理。もう誰が犯人でもおかしくない!さらに今回は2夜にわたり放送。第1夜は、可能な限り原作に忠実に脚色。そして第2夜では、事件を今度は犯人側の視点から描くという、ほぼ、僕のオリジナル台本になっております。「オリエント急行殺人事件」ファンの方も、初めて見る方も必ず楽しんでいただけるはず。もちろんクリスティー財団の許可も貰っているので、バッタもんではありません。まったく新しい「オリエント急行殺人事件」、ぜひ、楽しみに待っていてくださいね」

主演:野村萬斎

「初めてのフジテレビ、初めての三谷映像作品への出演、分厚い台本に度胆を抜かれましたが、今からわくわくしています!」

重岡由美子プロデューサー(フジテレビドラマ制作センター)

「フジテレビ55周年の目玉企画「オリエント急行殺人事件」を新春お送りします。2010年放送の50周年企画、三谷さんの「わが家の歴史」は、放送とともに視聴者の方々からとてもあたたかい反響をいただきました。そしてその直後、三谷さんに再びの周年企画、55周年も書いていただくべく、スタートを切りました。「わが家の歴史」は、昭和のある一家を主人公とした“家族の物語”ホームドラマでしたが、55周年は敢えてそのジャンルに囚われることなく、純粋に三谷さんが作りたい物語、描きたい世界を書いていただきました。それが、ミステリーでした。原作となる「オリエント急行殺人事件」はアガサ・クリスティーの傑作ミステリー。発表されたのは80年前ですが、ミステリーの世界にいまだ大きな影響を与え、40年前にはシドニー・ルメット監督が当時のオールスターキャストによって映画化、アカデミー賞にも輝いています。今回の三谷版「オリエント急行殺人事件」は二夜形式。原作に即した第一夜。そして、第二夜は殺された男と容疑者たちの背景となる物語。この第二夜は、三谷さんのオリジナル、世界の誰もまだ見たことのない物語です。さらに、主人公である名探偵ポアロ、日本に置き換えて勝呂武尊に扮するのはなんと野村萬斎さん。今回、原作のドラマ化権を交渉するに当り、ロンドンのクリスティー社からしばしば聞かれたのは“誰がポアロを演じるのか?”ということでした。こちらの第一希望である萬斎さんを提示したところ“素晴らしい!”と手放しに喜んでくれました。キザで自信家、超人的推理力を持ち浮世離れしたポアロ、アガサ・クリスティーが生んだ最高のキャラクターを演じるのにベストなキャスティングと、意見が一致しました。ところで、「わが家の歴史」放送の直後、映画界の方々から、このスケール・超豪華キャストの作品を映画として作って欲しかったというお声をいただきました。今回もそういうご意見をいただけるに違いないと思っています。しかし、敢えて新春のドラマとしてお送りします。テレビの底力をお見せできることと思います。ハリウッドではリドリー・スコットが「オリエント急行殺人事件」を製作中と聞きます。しかし、こちらが負ける気はしていません。なぜなら、本の面白さ、主役の魅力に加え、とても心強いキャストに集結していただけることになったからです。空前の超豪華キャストは後日発表させていただきます。企画の立ち上がりから来年の放送まで足かけ6年。フジテレビが最大の自信をもってお送りする「オリエント急行殺人事件」是非お楽しみになさって下さい!!」

※『わが家の歴史』

フジテレビ50周年企画トリを飾ったドラマ。2010年4月9日~11日 3夜連続で放送。激動の昭和を舞台に、底抜けの明るさとバイタリティーで生き抜いた一家の物語。出演:柴咲コウ、佐藤浩市、松本潤など。実在の著名人を交えて描くことで、日本の戦後史を描いた。3夜8時間の平均視聴率は20.3%。“ドラマの低迷を三谷が破った”と言われた。国際ドラマフェスティバルグランプリ受賞。

※「オリエント急行殺人事件」

1974年シドニー・ルメットにより映画化。その後、アメリカ・イギリスなどで何度かドラマ化されたが、日本でのドラマ化は、今回が初めてとなる。因みに、ミステリー界の女王アガサ・クリスティーは、「全世界10億部以上出版されている史上最高のベストセラー作家(ギネス認定)」「再考頻度で翻訳された著者(ユネスコ認定)」「聖書とシェイクスピアの次に読まれている小説家」(一説に)とも言われている。クリスティーは没後38年になるが、ロンドンのクリスティー社は、現在孫のマシュー・プリチャード氏が代表を務める。

番組概要

タイトル

『オリエント急行殺人事件』

放送日時

2015年 新春放送予定(2夜にわたり放送)

スタッフ

原作
アガサ・クリスティー(英1890~1976)「オリエント急行の殺人」
脚本
三谷幸喜『古畑任三郎』(第1シリーズ・1995年、第2シリーズ・1996年、第3シリーズ・1999年)『王様のレストラン』(1995年)フジテレビ開局50周年特別企画『わが家の歴史』(2010年)
映画「THE有頂天ホテル」(2006年)「ザ・マジックアワー」(2008年)「ステキな金縛り」(2011年)「清須会議」(2013年)ほか
制作
大多亮 石原隆
プロデューサー
重岡由美子 映画「THE有頂天ホテル」「ザ・マジックアワー」『わが家の歴史』ほか
橋本芙美『メイちゃんの執事』『マルモのおきて』『フリーター、家を買う。』ほか
音楽
住友紀人『やまとなでしこ』(2000年)「沈まぬ太陽」(2009年)「テルマエ・ロマエ」(2012年,2014年)
演出
河野圭太(『古畑任三郎』『わが家の歴史』『マルモのおきて』『フリーター、家を買う。』)ほか
制作著作
フジテレビ
制作協力
共同テレビ

2014年8月19日 フジテレビ広報部 ※掲載情報は発行時のものです。放送日時や出演者等変更になる場合がありますので当日の番組表でご確認ください。