番組・イベント最新情報 「とれたてフジテレビ」

一覧へ戻る

史上初、アニメ化、ドラマ化、映画化を同時発表!ドラマ、映画の主演は、小栗旬!!フジテレビ開局55周年プロジェクト 『信長協奏曲』

更新日:2014/5/8

フジテレビ開局55周年プロジェクト 『信長協奏曲』

オフィシャルサイト

アニメ:7月スタート、ドラマ:10月スタート、映画:公開未定

「フジテレビ開局55周年プロジェクト」として始動するのは、月刊漫画雑誌「ゲッサン」(小学館)で2009年から好評連載中の大人気漫画『信長協奏曲』(のぶながコンツェルト/石井あゆみ著)の映像化。しかも、7月から「テレビアニメ」、10月から「連続ドラマ(実写)」、さらにはその後、「劇場映画(実写)」として展開していく超大型プロジェクト。これまで「フジテレビ開局55周年記念番組」や「フジテレビ開局55周年特別番組」という冠のついた番組はあるものの、“プロジェクト”として立ち上げるのは初めて。

 また、過去には人気原作漫画が、アニメ化、実写ドラマ化、実写映画化されたケースはあるが、いずれもアニメのヒットを受けた実写ドラマ化や、実写ドラマのヒットを受けての実写映画化などという形で、今回のフジテレビ開局55周年プロジェクト『信長協奏曲』のように、アニメ化、実写ドラマ化、実写映画化が同時に発表されるのは史上初となる。

『信長協奏曲』は、「マンガ大賞2012」、「このマンガがすごい!2012」、「全国書店員が選んだおすすめコミック2012」など、数多くの賞にノミネートされる人気作で、5月12日(月)には最新コミックス第10弾が発売される。勉強が苦手で歴史についても無知という、どこにでもいそうな高校生のサブローが、突然、戦国時代(1549年)にタイムスリップしてしまい、そこで出会った自分の顔とそっくりな本物の織田信長に、「病弱な自分に代わって、織田信長として生きてほしい」と頼まれ、天下統一を目指すという物語。10月から放送される「連続ドラマ(実写)」(放送枠未定)、そして「連続ドラマ(実写)」放送後の「劇場映画(実写)」(公開時期未定)に主人公・サブローとして主演を果たすのは、ドラマ、映画、CMなどで目を見張る活躍を続け、まさにエンターテインメント界を牽引しているトップランナーの小栗旬。なお、小栗は、主人公・サブローだけではなく、サブローが出会う本物の織田信長も演じ、一人二役となる。また、彼にとっては、これまでの役者人生の中で初の織田信長役。さらに小栗は、「連続ドラマ(実写)」、「劇場映画(実写)」の主演を果たすだけでなく、7月から放送されるテレビアニメの『信長協奏曲』において、ナレーションを務めることが決まっており、フジテレビ開局55周年プロジェクト『信長協奏曲』のまさに根幹を成す存在となっている。

 10月から放送される「連続ドラマ(実写)」に先駆けて、7月から放送される「テレビアニメ」にも、今回の超大型プロジェクトにふさわしい豪華声優陣がずらりとそろった。織田信長として生きることになった高校生サブローには、アニメ「DEATH NOTE」、映画「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」など、数多くの作品で主役を務め声優として活躍を続ける一方で、歌手としても単独で日本武道館ライブを成功させるなど、声優界でトップクラスの人気を誇る宮野真守。病弱ゆえにその座をサブローに譲る本物の織田信長には、アニメ「進撃の巨人」で主人公のエレン・イェーガー役を務め、今年3月には「第8回声優アワード」で主演男優賞を受賞した梶裕貴という「夢の信長Wキャスト」が実現。麗しい信長の妻・帰蝶に水樹奈々、後の豊臣秀吉となる忍者・伝二郎(木下藤吉郎)に中村悠一、そのほか悠木碧(お市)、興津和幸(池田恒興)、内山昂輝(織田信行)、浅沼晋太郎(前田利家)、小山力也(柴田勝家)、福山潤(徳川家康)、木村良平(浅井長政)、杉田智和(足利義昭)、櫻井孝宏(竹中半兵衛)といった豪華声優陣が、戦国の世を渡る若きヒーロー、ヒロインたちを彩る。

 7月から放送されるテレビアニメの『信長協奏曲』は、今回の「フジテレビ開局55周年プロジェクト」のためだけに新設される新たなアニメ枠で放送される。また、アニメ制作は、過去にドラマ、バラエティ、スポーツなど、さまざまな番組のCGなどを担当してきた、フジテレビ・CG事業部が総力をあげて行う。なお、アニメ制作は、アニメーション制作プロダクションが担当するのが一般的で、今回のようにテレビ局が単独でシリーズ全話の制作を行うのは、史上初となる。テレビアニメの監督は、映画「踊る大捜査線THE FINAL 新たなる希望」のタイトルバックや、『不毛地帯』など数々の作品のCGを手がけてきたフジテレビのエースCGクリエイターの冨士川祐輔。映像は、実際に役者が演じた実写映像をトレースするロトスコープ技法と、最新のCG技術を融合させた新感覚のアニメーションとなっている。これまで、さまざまな番組を制作することによって蓄積してきたCG技術の粋を結集して制作されるテレビアニメ『信長協奏曲』が、今回の超大型プロジェクトの先陣を切り、プロジェクトの成功に花を添える。

 10月から放送される「連続ドラマ(実写)」、さらにその後に公開される「劇場映画(実写)」は、誰もが知っている織田信長が、現代からタイムスリップした普通の高校生だったという斬新な設定のもと、弱小大名にすぎなかった織田家の若武者たちが、未来から来たサブローの力によって「天下統一」という途方もない夢に向かってこぎ出し、やがてその夢を勝ち取る寸前までたどり着く姿を、戦国時代を舞台にした青春群像として描き出していく。また、サブローが成り変わる織田信長をはじめ、良妻として名高い信長の妻・帰蝶、信長と兄弟同然に育った池田恒興、さらには柴田勝家、羽柴秀吉、竹中半兵衛、徳川家康など、名だたる歴史上の人物たちが、戦国の世を舞台に痛快かつ濃密な人間ドラマを展開するなか、「典型的な現代人」であるサブローと、戦国の世ならではの「武士道精神」に染まりきった武将たちの間に生じる、絶妙な“かみ合わなさ”も見どころのひとつ。人を殺した経験などない現代人のサブローにとって、お家のためなら命を捨てることもいとわない戦国武将の生き方はとうてい理解できない。一方、家臣たちにとっても同じことが言え、彼らにはサブローに代わってからの信長の行動が全く理解できなくなってしまう。そんな、かみ合わない彼らの間の「時空を超えたジェネレーションギャップ」が、時に笑いを引き起こすことも…。

 アニメ化、実写ドラマ化、実写映画化を、“史上初めて”同時発表、さらには“史上初めて”テレビ局がテレビアニメ制作など、「史上初」づくしとなる今回の超大型企画『信長協奏曲』。「フジテレビ開局55周年プロジェクト」として、フジテレビ社内のアニメ開発部、CG事業部(共にテレビアニメ制作を担当)、ドラマ制作部(連続ドラマ制作を担当)、映画制作部(劇場映画制作を担当)、編成部(プロジェクト全体統括)などが、横断的に協力体制を構築し社内一丸となって取り組み、数多くいる若手俳優の中で、人気、実力共にトップと言い切って過言ではない小栗旬を主演に迎え、「織田信長」という日本史上最大にして最強の英雄の謎をひもといていく“斬新な戦国エンターテインメント”『信長協奏曲』に乞うご期待!

コメント

小栗旬

原作について

「オファーをいただく前から、原作を読ませていただいていました。きっかけは、書店で見かけた際に、原作に“あだち充、絶賛”という帯が巻かれていたことです。僕自身が大好きで、全作品を読んでいるあだち充さんが絶賛している作品ならば…と思い購入させていただきました。裏面の帯を見たら、“高橋留美子も絶賛”と書かれていて…。子どもの頃から、“週刊少年サンデー”を読んで育ったので、あだち充さんと高橋留美子さんのお二人が絶賛している作品は、絶対に外さないだろうと(笑)。実際に読んでみたら、作品の中にあだち充さんや高橋留美子さんのテイストも感じられて面白かったです。読み進めていくうちに、この物語の核になる設定は“すごいな”と感心していたところに、オファーをいただいたのでうれしいかったです。以前から、“死ぬまでに一度でいいから、織田信長を演じてみたい”と思っていたので、『信長協奏曲』の織田信長は、自分が思い描いていた織田信長とは少し違いますが、人生で一度でも織田信長を名乗れるのであれば、やらない理由はないです。僕の父親がとてつもなく歴史好きで、織田信長に関する本は、いろいろな角度から膨大な量を読んでいるのですが、そんな父親に“面白いから読んでみて”と、この原作を渡したところ、父親も“すごく面白かった”と言っていました。歴史が好きな人をも納得させられる話なのに、少し荒唐無稽なところもあるのが魅力的で、ドラマ化してもその魅力が伝わるんじゃないかと思っています」

織田信長について

「諸説いろいろとあって、実態はつかめないですし、信長がどんな人物であったかということについては、また最近になって分からなくなってきているとは思うんですが、自分の中では、信長がもっと長く生きていたら日本はどのように変わっていたんだろうという点に一番興味があります。個人的には、もっと多国籍な国になっていたような気がしていて、もしかしたら日本人が平気で英語を話す文化になっていたかもしれませんし、戦争の形も違っていたのかもしれません。結局、信長が亡くなって、今の日本が形作られているんですが、そういうことを考えてみると面白いですね」

演じる高校生のサブローについて

「その設定が、今のところ一番危険なんです(笑)。原作でも、最初の7ページくらいでタイムスリップするので、ドラマでも最初の10分くらいでどうにかなるんじゃないかと(笑)。もし、学校のシーンがある場合は、自分と同世代の方々をキャスティングしてもらえると(笑)。今、10代の高校生の横に僕が並んだら、確実に劣化していることがバレてしまうので(笑)」

原作 石井あゆみ

「『信長協奏曲』が映像化されることになりまして、今まで以上にいろいろなジャンルのたくさんの人たちが、自分の作品に関わるのかと思うと不思議でなりません。こんな風に大きく取り上げられることは、光栄でもあり不安でもありますが、とにかくアニメもドラマも映画も、それぞれに楽しい作品になることを期待しています」

プロデュース 村瀬健(フジテレビ ドラマ制作部)

「『現代に生きる普通の若者が戦国時代にタイムスリップし、織田信長として生きることになってしまう』。その設定のもとに始まる原作を読んだ瞬間、映像化したら間違いなく面白くなると思いました。その思いが実現したことをうれしく思います。しかも、信長の一生にあたる50年近くの歳月を描く壮大な物語を映像化するにあたり、フジテレビではアニメ・ドラマ・映画という3つのメディアを股にかけた巨大プロジェクトを始動します。これは史上初の試みです。今から500年近くも前に、幾多の“史上初”を敢行した風雲児・織田信長を描くこの作品には打ってつけだと思っています。そして、その信長を、ドラマと映画では、小栗旬さんに演じていただけることになりました。『本当は偽者なのに、結果として私たちが知っている“織田信長”となる現代人』という難しい主人公を演じてもらいます。平和な時代に生き、人を斬った経験などあるわけもない現代人ならではの“優しさ”と、血で血を洗う戦国時代で頂点まで上り詰めた織田信長ならではの“強さ”という正反対ともいえる二面を併せ持ち、かつ、その両方を芝居として表現できる確かな演技力を持っている小栗さんにしかこの役は演じられないと思います。誰も見たことのない“現代からやって来た織田信長”という新しいヒーローを小栗さんがどのように演じてくれるのか、僕自身も楽しみにしています」

『信長協奏曲』あらすじ

主人公・サブローは運動神経が良く、身のこなしが軽やかな高校生。眼光は鋭く、不良に絡まれても“にらみ”を利かし、相手を威圧する迫力の持ち主。しかし、勉強ができず、日本史に一切の興味がない。織田信長についても「天下統一した人」くらいしか知らず、信長の生涯も、死の原因も知らない…。サブローは、自分の人生に日本の歴史なんてこれっぽっちも関係ないと思っていた……。
しかしある日、サブローは高い塀から足を滑らせ転落したことをきっかけに、戦国時代(1549年)へとタイムスリップしてしまう。そして、そこで一人の青白い顔をした病弱な若殿と出会う。その若殿は、サブローと顔も、声も、体格も、全てがうり二つ…。驚くサブローに若殿は、「そなた、わしの身代わりになれ」と言う。若殿は安息を求め、城を飛び出し追っ手に追われていたのだった。「わしは織田家の嫡男、織田信長じゃ」。その病弱な若殿こそ、織田信長であった。信長はサブローに身代わりを頼み、家来と共に去ってしまう。そして、取り残されたサブローは追っ手の家臣に信長と勘違いされ、訳の分からないまま城へと連れ戻される。
その日以来、織田信長として生きることになったサブローだったが、信長と顔こそ同じだが、中身は正反対。品行方正で聡明な信長に対して、サブローはガサツで頭が悪い…。はかまを脱ぎ去り、子供たちと相撲を取るなど、自由気ままに暮らしてしまうサブロー。そんなサブローを見て、周囲の家臣たちは「若殿は、うつけになった」とウワサを立て、やがて家臣たちの心は離れて行ってしまう。
そんな状況の中、信長の弟・織田信行は、兄を始末しようと策略を立てる。そして、サブローは信行の刺客である家臣に命を狙われる。しかし、運動神経の高さと、すさまじい迫力により家臣を一蹴するサブロー。「信長が殺されたら歴史が変わっちまうんだぞ?――信長は、天下をとる男だぞ」と言い放つ。家臣はサブローのその言葉を聞き、「若殿はうつけのフリをして、心中で大きな野望を抱いていたのだ!」と勘違い。
そしてサブローは、歴史を変えないために、信長として天下統一を目指すことに…。

TVアニメ概要

タイトル

『信長協奏曲』

放送

7月スタート

声の出演

サブロー : 宮野真守
織田信長 : 梶裕貴
帰蝶   : 水樹奈々
木下藤吉郎: 中村悠一
お市   : 悠木碧

池田恒興 : 興津和幸
柴田勝家 : 小山力也
前田利家 : 浅沼晋太郎
佐々成政 : 三宅健太
丹羽長秀 : 高橋伸也
沢彦   : 緒方賢一
徳川家康 : 福山潤
竹中半兵衛: 櫻井孝宏
浅井長政 : 木村良平
森可成  : 杉崎亮
森長可  : 吉野裕行
森蘭丸  : 村瀬歩
足利義昭 : 杉田智和
松永久秀 : 黒田崇矢
織田信行 : 内山昂輝
平手政秀 : 清川元夢
斉藤道三 : 秋元羊介

ナレーション : 小栗旬

スタッフ

プロデュース
尾崎紀子(『四畳半神話大系』、『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』など)
監督
冨士川祐輔(映画「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」タイトルバックディレクター、『オデッサの階段』総合演出)
脚本
高橋ナツコ(『もやしもん(アニメ・実写)』シリーズ、ドラマ『サザエさん』、『一休さん』)
音楽
横山克(『荒川アンダーザブリッジ(アニメ)』シリーズ、ドラマ『福家警部補の挨拶』)

連続ドラマ(実写)概要

タイトル

『信長協奏曲』

放送

10月スタート

主演

小栗旬

スタッフ

プロデュース
村瀬健(『BOSS』シリーズ、『女信長』、『SUMMER NUDE』など)
増本淳(『コードブルー』シリーズ、『リッチマン、プアウーマン』など)
演出
松山博昭(『ライアーゲーム』シリーズ、『鍵のかかった部屋』、『失恋ショコラティエ』など)
脚本
西田征史(『怪物くん』、『妖怪人間ベム』、映画「小野寺の弟・小野寺の姉」など)

劇場映画(実写)概要

タイトル

『信長協奏曲』

公開

公開時期未定

主演

小栗旬

スタッフ

監督
松山博昭(映画「LIAR GAMEザ・ファイナルステージ」、映画「LIAR GAME-再生-」など)

2014年5月8日 フジテレビ広報部 ※掲載情報は発行時のものです。放送日時や出演者等変更になる場合がありますので当日の番組表でご確認ください。