番組・イベント最新情報 「とれたてフジテレビ」

一覧へ戻る

香取慎吾がドーナツ片手に難事件に挑む民間の科捜研技官を熱演!
『SMOKING GUN~決定的証拠~』

更新日:2014/2/19

『SMOKING GUN~決定的証拠~』

弱者の味方!
香取慎吾がドーナツ片手に難事件に挑む民間の科捜研技官を熱演!
失った過去、信頼、名誉、そして命…隠された真実に光を当てる
サイエンスヒューマンミステリー!

オフィシャルサイト

4月スタート毎週(水)22時~22時54分

 香取慎吾が、フジテレビ系の4月期スタートの水曜22時枠の連続ドラマ『SMOKING GUN~決定的証拠~』の主演を務めることが決定した。今回香取が演じるのは弱者の味方である民間の科学捜査研究所の調査員役。共演は、今注目の若手女優・西内まりや中山優馬鈴木保奈美谷原章介ら豪華キャスト陣。

 このドラマは、グランドジャンプにて2012年より連載がスタートした「Smoking Gun 民間科捜研調査員 流田縁」が原作で、法にも警察にも助けてもらえないささいな身の回りの事件まで手がける民間の科学捜査研究所を舞台にしたサイエンスヒューマンミステリー。泣き寝入りさせない!弱者の味方!もじゃもじゃ頭がトレードマーク!大好物のドーナツ片手に敏腕鑑定人・流田縁<ながれた えにし>(香取慎吾)が、DNA鑑定、画像分析、筆跡鑑定、指紋照合など科学技術を駆使し、保険金問題や痴漢の潔白証明、ストーカー被害など、さまざまな難事件に挑み、縁の決めセリフでもある“スモーキングガン”(=決定的証拠)をあぶり出す!

 流田縁は、普段は超グータラで超ズボラでいつもひょうひょうとしている。整理整頓も苦手でデスクは散らかり放題。でも科捜研技官としての腕はピカイチ!かつては科捜研に在籍しエースと呼ばれた男だったが、あることから現在は民間の科捜研に所属する。演じる香取は、「今まではとにかく個性の強いキャラクター役が多かったのですが、今回はスーツを着て見た目はビシッとしてカッコいいんだけど、ちょっと笑える部分があったりと色々な顔を持ち合わせている役どころなのですごく新鮮です。(科捜研の面々は)素晴らしいメンバーが集結して、このチーム感が心地よいです!みなさんカッコよくて、とにかく豪華なので撮影中見とれています。チームとしてすごく手応えをすごく感じています。このドラマは、痛快なところもあったり、そして謎めいたところもあるので、毎週ワクワクして見ていただけたらと思います。自分でも演じていてワクワクドキドキしています。縁の決めセリフを待ちながら最後まで見てください!」とコメント。

 一方、デパートのエレベーター内で痴漢に遭ったことで縁と出会い、科捜研調査員としての縁の実力を目の当たりにした石巻桜子<いしのまき さくらこ>役を西内まりやが熱演。桜子は、痴漢事件解決後、謎の死を遂げた父の死の真相究明を縁に依頼することに。1話から重要な役どころを演じる。

 その他、縁の所属する千代田科学捜査研究所の豪快な姉御肌でチームをまとめる所長・千代田真紀<ちよだ まき>役を鈴木保奈美が、8人兄弟の長男で千代田科捜研で学生アルバイトとして働く松井丈太朗<まつい じょうたろう>役を中山優馬が演じ、彼らがチームとなり難事件に挑む。また、警視庁捜査一課の刑事で、しばしば千代田科捜研に鑑定を持ち込む柏木夏生<かしわぎ なつき>役を谷原章介が、縁の元恋人で警察の科捜研研究員・永友エミリ<ながとも えみり>役を倉科カナが演じる。

 ドラマの撮影は既にスタートしており、主演の香取を中心にヒロインの西内、中山、鈴木、谷原ら共演者との息もピッタリ!ぜひ、4月スタートの『SMOKING GUN~決定的証拠~』にご注目いただきたい。

コメント

西内まりや

Q・台本を読まれて、いかがでしたか?

「私が演じる桜子は、どこにでもいそうな女性で、素直にありのままに演じれば良い雰囲気なので、桜子はもしかしたら視聴者のみなさんの目線に代わる存在になるのかもしれない…と、思いました。その上に桜子の哀しみ、苦しさなどの感情も表現しなくてはいけないので、プレッシャーも感じています」

Q・縁を演じる香取さんは?

「もう、ほんっっっとにすてきな方です!クランクインの時から気さくに話しかけてくださいました。すごく優しくて、楽しい方です」

Q・見どころは

「人それぞれに、生きている限りは何かしらの悩みを抱えていると思います。笑顔や幸福そうな人にも、裏ではつらいことがあったり…。そんな感情を『SMOKING GUN』は事件の真相に迫りながら描いていきます。縁や桜子、科捜研のメンバーを通して“感情の流れ”にみなさんも入っていただけると思います。そこから、命のありがたさ、家族や友人の大切さなどのメッセージを少しでも感じていただければうれしいです」

鈴木保奈美

Q・今回演じられる真紀は、どのようなキャラクターでしょうか

「言いたいことは遠慮せずに言う。やりたいことも遠慮せずにやる。勝手に強引にやっているように見えるんですけど、それでいて、実は千代田科学捜査研究所のメンバーをなんとなくまとめてしまっている所長です(笑)。研究所のメンバーとは、欠点や長所もお互いに分かり合っていて、信頼関係がきちんとあることを見せていきたいと思っています」

Q・真紀の役作りで考えられたことは?

「真紀の外見のイメージは、先に衣装から合わせたんです。その雰囲気ならば、髪を切ってみたほうが似合うかもしれない…と、切ってみました」

Q・香取さんとは『僕が僕であるために』(1997年)以来の共演ですね?

「そうなんです。SMAPのみなさんのドラマで、それぞれに恋人やパートナーがいるという設定でした。その中で、私は香取さんとご一緒して…それ以来ですので、本当にお久しぶりです。落ち着いた方で、今回も安心してお芝居をさせていただいています」

Q・見どころは

「1話ごとに解決する事件と、回を追うごとに少しづつ表に出てくる事件があります。その少しづつ出てくる事件がスリリング。とは言っても、私もまだそちらがどう展開するのかはよくわかっていないのですが(笑)。また、研究所のメンバーそれぞれも、孤独感や悩みなどを見せずに集まっているんですけど…。そんなメンバーに疑似家族のようなつながりもできてくると思うので、その関係性が面白くなっていけば良いと思います」

谷原章介

Q・役づくりに関して

「流田縁と“対”になるように意識して演じていこうと思っています。相反するキャラクターの2人が作れればと思います」

Q・香取慎吾さんの印象は

「何度もご一緒させていただいているんですけど、すごい底が深い役者さんですよね。今回みたいに少しクセのあるキャラクターを演じさせたらすごいと思います」

Q・見どころ

「毎話起きる事件を公の組織のように分業制ではなく、全て自分たちで捜査や裏付けをとる民間の科捜研が解決していかないといけないので、被害者に対しての思い入れが強く出てくると思うんです。それが今回のドラマの見どころの一つかなと思います」

プロデューサー・森安彩(共同テレビ)

Q・見どころは

「原作を読み、すぐにドラマ化したいと思いました。痛快なお仕事ものとしての面白さはもちろん、縦軸のスリリングなサスペンス、そして何よりも深い人間ドラマが魅力の作品。人間には誰しも傷や闇はある。しかし、それがあるからこそ他人の痛みがわかり、優しくなれる。人間は自らに不幸があるから破綻するのではなく、そこから希望を見いだそうともがくからこそ強く、人間的にも成長できる。今の時代にこそ必要なメッセージだと思います」

Q・キャスト起用理由

「若いころから大活躍し、様々な個性的な役を演じてきた香取さんだからこそ、等身大の大人の男性の役どころをお願いしたいと思っていました。そんな時、“Smoking Gun”と出会い、これだ!と思いました。科学のルールにとらわれることなく、柔軟な思考や発想力を持つ、優秀な鑑定人である縁。自ら過去に傷がありながら、依頼人のために真実を貪欲に追求する真っすぐさを持つ男である。しかし、その反面、キャラクターは偏屈で、愛想も悪い。その上、物を片付けられない。スーパーヒーローではなく、一人の不器用な人間として物語を牽引していくこの主人公を香取さんが演じたら……、そう考えたらとにかくワクワクしました。香取さんは圧倒的な存在感と繊細で豊かな感受性を兼ね備えた稀有な俳優さん。そんな香取さんが演じる“喜怒哀楽”は、縁のキャラクターにリアリティと説得力を持たせてくれると確信しています。
同世代の女優の中でも、最近特にめまぐるしい成長を見せている西内まりやさん。彼女の魅力は“親しみやすさ”と“清潔感”。まじめで、裏表がなく、いつも一生懸命な桜子は、誠実に、熱心に、ひたむきに、作品ひとつひとつと向き合っている西内さんと似ていると思い、桜子役には西内さんしかいない、と思いオファーしました。西内さんの持つ親しみやすい温かさ、素直さはこの作品に必須だと思います。
復帰されてからも大活躍の鈴木保奈美さん。年齢を重ねてきたからこそできるチャレンジを、積極的にされている鈴木さんは、バイタリティに溢れ、信念に基づき生きる“カッコイイ女性”の代表格である真紀役にぴったりだと思いました。鈴木さん演じる真紀の、豪快で強引だけど、しっかり筋が通ったキップのよさは、女性視聴者の共感を得ると思います。
コミカルからシリアスまで、どんな役にも自然に染まり、空気感を持って演じきる谷原章介さんに、原作では女性である柏木を、あえてドラマでは男性に変えてオファーしました。縁と対立する役どころだからこそ、芯の強さを感じさせる谷原さんに柏木をお願いしたいと思いました。香取さんとの大人の男性同士ならではの対峙が見どころのひとつですが、谷原さんならキャラクターにさらに深みを足してくださると思っています」

番組概要

タイトル

『SMOKING GUN~決定的証拠~』

放送日時

4月スタート毎週(水)22時~22時54分

キャスト

香取慎吾
西内まりや
中山優馬
安藤玉恵
濱田ここね
 ●
鈴木保奈美
 ●
倉科カナ
イッセー尾形
 ●
谷原章介 他

スタッフ

原作
横幕智裕、竹谷州史
「Smoking Gun 民間科捜研調査員 流田縁」(集英社「グランドジャンプ」連載)
脚本
酒井雅秋
編成企画
加藤達也
プロデュース
森安彩
伊賀宣子
演出
村上正典
佐藤源太
制作
フジテレビ
制作著作
共同テレビ

原作情報

原作「Smoking Gun 民間科捜研調査員 流田縁」は、グランドジャンプ(集英社)にて2012年より連載がスタートし、特に30、40代の男性を中心に高い支持を受ける人気作。単行本の最新作5、6巻は今春に発売予定。

2014年2月19日「パブペパNo.14-051」 フジテレビ広報部 ※掲載情報は発行時のものです。放送日時や出演者等変更になる場合がありますので当日の番組表でご確認ください。