本展について

Introduction
ルーヴルが欲しがった9番目の芸術、「漫画」。

古代文明から19世紀中頃までの膨大な作品を所蔵する、世界最大級かつ最高峰の美術の殿堂「ルーヴル美術館」――1793年の開館以来、200年以上の長い歴史を持つルーヴル美術館が、「漫画」でルーヴル美術館を表現するという、かつて無い新たな試みとして「ルーヴル美術館BDプロジェクト」を立ち上げました。

日本の「まんが」、アメリカの「コミックス」のように、フランス、ベルギーなどのフランス語圏には古くから独自に発展してきた「バンド・デシネ(BD)」という漫画文化があります。「バンド・デシネ(BD)」には、大衆的な作品がある一方で、まるで絵画のような複雑で技巧に富んだ作品も多く、子どもから大人まで幅広い年代の人たちに楽しまれています。そうした特徴から、フランスにおいてBD(=漫画)は「第9の芸術」(※)と位置づけられるほどです。

「ルーヴル美術館BDプロジェクト」は、「漫画」という表現方法を通して、より多くの人々にルーヴル美術館の魅力を伝えるために企画されました。漫画家たちに、ルーヴル美術館をテーマに自由に作品を描いてもらう、という前代未聞の企画には、日本の漫画家を含むフランス内外の著名な漫画家が多数参加しており、すでに12作品が出版され、プロジェクトは現在も進行中です。

ついに、漫画の国ニッポンへ。

そしてこの度ついに、フランスと同様、独自の漫画文化を発展させてきた、漫画の国ニッポンで、本プロジェクトが展覧会として上陸。新たに4名の日本人漫画家たちの参加も決定、本展のために新作を描き下ろします。約300点の原画や資料、そして映像を、エキサイティングな演出と共に展観し、日本ならではの、エンターテインメント性の高い、ダイナミックな展覧会が誕生いたします。

総勢16人の漫画家が描く、16通りのルーヴル。
ルーヴル美術館と漫画家たちの華麗なるコラボレーションを、どうぞご堪能ください。

※フランスにおける芸術の序列。第1から8までは順に「建築」「彫刻」「絵画」「音楽」「文学(詩)」「演劇」「映画」「メディア芸術」とされる(諸説あり)。

ルーヴルからのメッセージ

© Didier Boucheron / I.M. Pei / Musée du Louvre

ご挨拶

まだ見ぬ日本の皆様、一刻も早く皆様にお目にかかり、私がルーヴル美術館で行った仕事の一部をご紹介したくてなりません。

私は2003年からルーヴル美術館で漫画(=バンドデシネ”bande dessinée”:フランス語圏の漫画のこと)の叢書を作るというプロジェクトに関わってまいりました。美術館はこのプロジェクトを承認してくれました。なぜならフランスにおいて、漫画は現代アートの一種とみなされているからです。コンセプトは、ルーヴルにアーティストを招聘し、好きなように作品を描いてもらおうというものです。条件は、作品でも展示室でもルーヴル宮殿そのものでも、作家がルーヴルの好きなものを選び、それを物語の脚本に盛り込むことです。

今や作品数は12作品にも及んでいます。作者はフランス語圏のバンド・デシネの巨匠に日本の漫画の巨匠たち!私たちは美術館と漫画の間に架け橋を渡すことに成功しました。ルーヴル美術館の来場者たちには漫画の世界に現代の偉大な画家がいることを示す一方で、漫画の読者たちには作中に登場する芸術作品を美術館で直に見てみたいと思ってもうらことができたのです。

そして、このプロジェクトがこのたび、ルーヴル美術館特別展「ルーヴルNo.9 ~漫画、9番目の芸術~」という展覧会に発展を遂げることになりました!詳細をお知らせするのは、まだ少し先になりますが、各作家の世界はクリエイティブな展示演出によってさらなる飛躍を遂げ、本展覧会の展示室にて、ルーヴルと漫画とが共存する想像力豊かな世界へと姿を変えます。この展覧会を通じて、皆様が驚異の世界にワープして、心躍る芸術的世界を目の当たりにされることを、そして絵(漫画)という魔法の力を借りて、新しいルーヴルを訪れてくださることを、願っています。

また、今回の日本での本展覧会では特別に、さらに新たに数名の才能あふれる日本の漫画家の方々に参加いただきます。きっと独創的かつ芸術的なルーヴル像を提示してくださることでしょう!

日本でこの展覧会を開催できることをうれしく思います。日本在住のルーヴル美術館ファンの皆様、漫画/バンドデシネファンの皆様、2016年7月の展覧会開幕時に、森アーツセンターギャラリーでお会いしましょう。
本展覧会は東京を皮切りに、その後、日本の大都市を巡回いたします。
そして、最終的にはパリのルーヴル美術館に凱旋してこの巡回展を締めくくることができることを願いつつ!

ルーヴル美術館
文化制作局 出版部副部長
ファブリス・ドゥアール