特別展「昆虫」

【会期】
2018年7月13日(金)~10月8日(月・祝)

【会場】国立科学博物館(東京・上野公園)
東京都台東区上野公園7-20

『昆虫が私たちに教えてくれる事。』

昆虫の種類は、判明しているだけでも約100万種類にのぼり、地球上に生息するすべての生き物の中で半分以上をしめると言われています。これは昆虫が他の生物に比べ著しく極端な多様化をとげたことを示すだけでなく、いかに新しい環境に巧みに対応してきたのかを物語っています。

本展では、日本のみならず世界で収集された多数の標本や映像・展示演出で、昆虫の驚くべき世界を紹介します。会場には、日本最大の甲虫「ヤンバルテナガコガネ」の新種の基準となる非常に貴重な標本をはじめ、宝石のように鮮やかな色や輝きをもつ昆虫や、想像を絶する珍しい姿の昆虫、琥珀の中に閉じ込められた太古の昆虫など、数万点に及ぶ標本を一堂に展示します。また、昆虫標本を特殊な撮影技術で3D化しスクリーンに投影したり、全長約2メートルの巨大模型により昆虫の身体のしくみを紹介したりと、多様な手法での展示も見どころです。

【監修】野村周平、神保宇嗣、井手竜也(国立科学博物館動物研究部)

展覧会の情報は
公式ホームページ http://www.konchuten.jp 
Twitter @konchuten をご覧ください。