フジテレビのCSR活動

社会のために For Society

申し込み受付中

TOP2017年度 社会のために トピックス愛知県扶桑町・尾張旭市で食育出前授業『ハロー!どっこくん』を開催
社会のために トピックス

愛知県扶桑町・尾張旭市で食育出前授業『ハロー!どっこくん』を開催

[2017年9月6日更新分]

ハロー!どっこくん 2017年7月5日 愛知県扶桑町・尾張旭市で食育イベントを実施しました!


7月5日愛知県の扶桑町にある柏森南保育園と尾張旭市にある西部保育園で食育出前授業『ハロー!どっこくん』を開催しました。
今回の先生はフジテレビの海老原優香アナウンサー
東海テレビの庄野俊哉アナウンサー。
東海テレビの「わんだほ」も参加しました。

フジテレビ 海老原優香アナウンサーからのメッセージ

あんなにも大勢の小さな園児の前で紙芝居を読んだり、体操のお姉さんのような役割を任せていただくのは、初めての経験でした。
最初は緊張していて、どれくらいのテンションで、どうやって伝えたらいいのかと、
とても考えていましたが、いざ保育園につくと、ベテラン庄野アナのサポートをはじめ、こちらの疲れも吹き飛ぶような明るく元気な笑顔で迎え入れてくれる園児と先生方のおかげで、私も楽しい時間を過ごせました。

食育のすべてを伝えることはできないけれど、後々にフジテレビから来たお姉さんがいたなあと少しでも楽しい思い出として、何かを知るきっかけ作りに結びついたらいいなという思いで取り組みました。


最後には「エビィ~!!」と園児がハイタッチをしに来て、みんなで「ありがとうございました!」と声をそろえてお礼までしてくれて、とてもうれしかったです。

どんな相手に対しても「伝える」ことを意識して、
必要な「間」も相手が理解するため十分な時間を取るなど、
もっと工夫できるよう頑張ります。

文:海老原優香(フジテレビ アナウンサー)

東海テレビ 庄野俊哉アナウンサーからのメッセージ

今回のどっこくんin愛知は、扶桑町の柏森南保育園から。
相手を務めて下さるのは、新人の海老原優香アナウンサーです。
配属されて3週間との事。
私も過去数々、東海地方でどっこアナデビューを見守ってきましたが、
最も“経験浅”の海老原さん。片や51歳“経験深”過ぎて、踊れない私・・・
で、子どもたちに何と呼んでもらうか話し合い
「エビー」「おっちゃん」と相成りました!
これが、元気MAXの園児たちに急速浸透し、 プログラム修了後、移動の車を待つ間も「エビー」「おっちゃん」と声を掛けられ、 名残りは尽きぬ1園目となりました。


2園目の尾張旭市西部保育園までは約25キロ、車で1時間以上掛かります。
従ってスタートは、園児たちの昼寝が終わった14時。

園についたら、まだ昼寝の真っ最中。起こしても床に張り付いて動かない子どももいて、何やら可愛い・・・と思ったら、子どものパワーは昼寝で猛烈チャージ!

またも元気MAX、1歳~年長まで100人を超える園児に、エビーもおっちゃんも「わんだほ」もたじたじとなるのでした。

新人海老原さんの台本を見ると、蛍光ペンや書き込みがぎっしり。真摯に取り組むエビーの姿勢は、子どもたちにも伝わったと思います。

そして西部保育園の父母から、子どもがその日の夕食の席で「オクラはよくかんで食べなきゃいけないんだよ」と楽しげに話してくれたと聞きました。
51歳の「おっちゃん」疲れたけど、やって良かったと、しみじみ思う瞬間でした!

文:庄野俊哉(東海テレビ アナウンサー)

『ハロー!どっこくん。』HPはこちら!

食育出前授業『ハロー!どっこくん。』過去の活動はこちら!

Copyright © Fuji Television Network, Inc. All rights reserved.