フジテレビのCSR活動

復興支援 Support for Pisaster affected Areas

申し込み受付中

TOP2017年度 復興支援 トピックス「東北・みやぎ復興マラソン」をサザエさん一家が応援
復興支援 トピックス

「東北・みやぎ復興マラソン」をサザエさん一家が応援

[2017年10月30日更新分]

2011年3月11日14時46分。決して忘れることのできない「東日本大震災」。
あれから6年半の月日が流れました。

宮城県内で津波など大きな被害を受けた地域のひとつである沿岸部の名取市・岩沼市・亘理町にまたがるエリアを会場として、FNS系列でありフジ・メディア・ホールディングスグループの一員でもある仙台放送が主催する「東北・みやぎ復興マラソン」が開催されました。そのアンバサダーを務めるサザエさんをはじめ、波平さん、フネさん、マスオさんのサザエさん一家が応援に駆けつけ、CSRメンバーはその運営をサポートしました。

2017年9月30日、土曜日。朝からの強い日差しの中、2kmの車いすジョギングがスタート。
力いっぱい走る方も、サポートの方と一緒にマイペースで走る方も、青空の下、とても気持ち良さそうな汗を流していました。ゴールではサザエさん一家が完走メダルを持ってお出迎え。参加されたみなさんの笑顔が印象的でした。

車いすジョギング 完走メダルにはサザエさんの顔が!

続いては、親子ペアラン。サザエさん一家に負けない仲良し親子が元気に走り抜けました。ゴール後は、サザエさんたちにハイタッチ!サザエさん一家はどの世代にも大人気ということを再認識しました。

初!サザエさんがランニング姿で親子ランに参加 サザエさんとハイタッチ!

スタート・ゴール地点のある会場では、「復興マルシェ2017」として宮城県の各自治体と被災地応援の岩手県、福島県、熊本県が誇る、自慢の逸品が勢ぞろい!ご当地鍋から牛たんや麺類まで30以上ものご当地グルメに、ランナーも応援の方も大満足。この日は、併設のステージでサザエさんたちが登場。子どもたちとサザエさんの歌を元気に歌い、じゃんけん大会で盛り上がりました。

10月1日、日曜日。この日も10月とは思えないまるで夏日。昨日の日焼けで真っ赤になったスタッフが、朝から準備に走り回っていました。そしていよいよフルマラソンのスタート。ファンランを含む約12,000人の復興応援ランナーたちが、あの日津波によって全てを失い、そして再び復興に向けて整備が進むコースを走り抜けていきました。

マラソンのスターターは星野仙一さん(一番右)  

遠くに折り返したランナーが見渡されるこのコースも、数年後、大会を重ねるごとに街並みの中を走り抜ける大会に変わっていくのだと思います。インフラ面では、かさ上げ道路や防潮堤などが整備されました。そして、そこに暮らす方々が元気と笑顔を取り戻せるよう、心の復興を願うこの大会を、フジテレビも応援し続けていきたいと思っています。

文:稲垣康明(フジテレビ 総務部)

Copyright © Fuji Television Network, Inc. All rights reserved.