フジテレビのCSR活動

2016年度活動報告

2016年度活動報告TOP
TOPICS
社会のために
環境のために
復興支援
番組との連動
TOP2016年度 社会のために トピックス1月31日 千葉市立轟町小学校で出前授業「あなせん」を実施
社会のために 2016年度 トピックス

1月31日 千葉市立轟町小学校で出前授業「あなせん」を実施

[2017年2月23日更新分]

【2017年1月31日】【今回の先生:梅津弥英子アナウンサー】【千葉市立轟町小学校 6年生 インタビュー講座】

あなせん日記

フジテレビ 梅津弥英子アナウンサーのリポート


今回のあなせんには、密かな楽しみがありました。悪いインタビュー例の実践を社員でCSRメンバーの吉川さんにお願いしたのです。態度、興味の持ち方、聞く内容も聞き方もダメ~なメインタビュアーを演じてもらった後、実は・・・と吉川さんの“正体”を子どもたちに伝えました。

(私)「実は、ダメダメだった吉川さんは、インタビューの達人です!!
    こんな人にもインタビューをしたことがあるんですよ!」
(子どもたち)「おぉぉぉ~」


左から 秘書室 吉川裕介さん
梅津弥英子アナウンサー
実は吉川さん、報道担当で小渕、森、小泉三代の首相を取材した超ベテラン政治記者なのです。記者時代に歴代総理大臣たちと一緒に写っている写真に、どよめきが起きました。(小泉元総理よりも、五輪関係で最近たびたびニュースに出てくる森元総理に反応が大きかったのが、小学6年生ならでは?!)
政治部記者ならではのインタビューのコツの話は、私や子どもたちだけでなく、先生方も聞き入っていました。


好きなことを聞いていいよ!とインタビューの実践の時間を設けました。好きなユーチューバ―についてなど、時代だなぁ~!と感じ入った私。(いや、その前にそのユーチューバ―を知らなかった!!時代についてゆくべき、精進します。笑)

元気いっぱいの子どもたちには、休み時間に好きなアイドルなどについて質問攻めにされました。やっぱり興味を持って聞くインタビューに勝るものはない!!ですね。

ぜひこれからもキラキラした瞳を失わずに、色んなことに興味を持って欲しいと思いました。

文:梅津弥英子(フジテレビ アナウンサー)

秘書室 吉川裕介より


ダメダメインタビューアーを演出中
今回の役割は、ダメダメインタビュアー。ポケットに手を入れて、うつむき加減にインタビューを始めると、「態度がダメ―!」とさっそく子どもたちからダメ出し。答える内容を決めつけて、「確かこうでしたよね~!」と質問すると、「決めつけているところがダメ―!」とまた鋭い指摘。相手の答えをさえぎってしゃべり始めると、「さえぎったらダメ―!」と大きな声。
素直な子どもたちと接することができて、こちらもたくさんの元気をもらいました。

文:吉川裕介(フジテレビ 秘書室)

「あなせん」プロジェクトは第5回経済産業省キャリア教育アワード・奨励賞に選ばれました!

Copyright © Fuji Television Network, Inc. All rights reserved.