フジテレビのCSR活動

2015年度活動報告

2015年度活動報告TOP
TOPICS
社会のために
環境のために
復興支援
番組との連動
TOP2015年度 復興支援 トピックス水害を受けた茨城・常総市でクリスマスイベント!
復興支援 2015年度 トピックス

水害を受けた茨城・常総市でクリスマスイベント!

[2016年1月6日更新分]

12月15日、茨城県常総市で復興支援クリスマスイベントを行いました。常総市と言えば9月に大雨で鬼怒川が決壊するなどし、広い範囲で床上浸水する甚大な被害を受けた所です。12月現在でも80人が自宅に戻れず避難生活を続けています。

常総市石毛地区 2015年12月15日


新美有加アナウンサーとラフくん
まず訪れたのは小貝保育園。窓の大きな明るい保育室が印象的でした。クリスマス会の準備をしていると待ちきれない子どもたちが廊下から顔をのぞかせます。
きょうの担当はサンタ衣装の新美有加アナウンサーとサンタの帽子をかぶったラフくん。



ラフくんの提案でみんなで「あわてんぼうのサンタクロース」を歌うことに。なんと歌詞を5番まで全部知っている子もいましたよ。得意な歌でテンションが上がってきた子どもたちと今度は体を動かすことに。ちびまる子ちゃんの「ピーヒャラダンス」とフジテレビ食育出前授業でお馴染みの「どっこくん体操」を踊るうちにすっかり仲良くなれた気がします。


豊田幼稚園。手前が仮設の園舎
次に向かったのは豊田幼稚園。床上浸水で園舎の使えなくなった近くの玉幼稚園と御城幼稚園の園児と先生も、間借りする形で合同保育が行われていました。園児の数は100人以上と元の3倍以上にもなり、プレハブの職員室や園舎を建て増ししてありましたが、やはりちょっと手狭な様子でした。ただうれしいことに2016年3月には2つの園とも復旧して、年長組は元の園で卒園式を迎えることになったそうです。

こちらの幼稚園からはフジテレビの24時間ニュースチャンネル「ホウドウキョク」で生中継でリポートもしました。ここでも歌やダンスをするうち、どんどん子どもたちのテンションが上がってくるのがわかり、最後は子どもたちとハイタッチして園を後にしました。

「ホウドウキョク」の中継


ラフくんと筆者
一番被害の大きかった玉幼稚園の園長先生の話では、通っている子どもたちの家もほとんどが床上浸水したそうで、水害の後は子どもたちのショックも大きく、園に来るとき泣いていたり、お母さんから離れられなかったりしたこともあったそうです。今回はみんな笑顔でクリスマス会を楽しんでくれたようで本当にうれしかったです。

※常総市クリスマスイベント中継の様子はこちら

文:丸山雅史(フジテレビ 報道局)

フジテレビ 新美有加アナウンサーからのメッセージ

いつもの『ハロー!どっこくん』のイベントとちょっと違い、クリスマス会ということで私もラフくんもサンタさんの格好で行ってきました。ちょっと恥ずかしかったのですが、みんなが私たちを見つけると顔がぱーっと明るくなるのでなんだか嬉しくなりました!

いよいよクリスマス会が始まると、みんなのわくわくがこちらまで伝わってくるほど本当にキラキラとした笑顔で元気よくお返事してくれました。

クリスマスの歌を歌って盛り上がったところで、ちびまる子ちゃんでおなじみ「ピーヒャラダンス」を皆で踊りました。「知っている人―!」と呼びかけると、大きな声で「はーい!」と返してくれて、音楽が鳴ると好きなように元気よく踊ってくれました。


玄関までバイバイしにきてくれた子どもたち
そして最後は、「どっこくん体操」! 嫌いな食べ物はやっぱり誰にでもあるんですよね。嫌いな食べ物を聞くと、いろんなものを言ってくれました。ただ、そんな好き嫌いもなく色んな食べ物を食べて、よく体を動かすと、かっこいい「どっこくん」とお友達になれるんだよーとお話をするとふむふむと聞いてくれました。これからも練習するよー!と約束してくれたのが印象的でした。


今回お邪魔した茨城県常総市といえば、豪雨の影響で床上浸水の被害を受けた地域です。車が通れるようになっているところもありましたが、保育園に行くまでに、まだ工事を進めている箇所や、流れ着いたと思われる様々なものが未だ残っているエリアがありました。

被害は目に見えるものだけではありません。浸水の恐怖から親御さんと離れて幼稚園に通うのが怖いという子どもたちもいるとお話を伺いました。環境の変化などで、まだまだ私たちが感じている以上に、不安なことも沢山あるのかもしれません。ただ今回お会いした子どもたちや先生方、皆さんは本当に明るくて、パワフルでした。

  子どもたちから特製靴下のプレゼント

最後になりましたが、小貝保育園のみんなが「クリスマスの大きな靴下」を作ってくれました!豊田幼稚園のみんな、ピーヒャラダンスの最後の決めポーズ、自分で好きなもの決めていいよー!というと、思い思いのかわいい・かっこいいポーズを決めてくれました!
みんなと最後にしたハイタッチ。かわいくて、力強くてかえって私が元気をもらいました!クリスマス会に参加してくださった皆さん、ありがとうございました。

子どもたち、そして先生方が今後も思い出して下さるような楽しい思い出になっていたなら嬉しいと思います。またみんなと会えるといいなあ。

文:新美有加(フジテレビ アナウンサー)

Copyright © Fuji Television Network, Inc. All rights reserved.