フジテレビのCSR活動

2014年度活動報告

2014年度活動報告TOP
TOPICS
社会貢献活動
環境
災害支援
番組
TOP2014年度番組トピックスフジテレビ制作の番組・映画、6作品が「ニューヨーク・フェスティバル」で過去最多受賞の快挙!!
2014年度番組活動トピックス

フジテレビ制作の番組・映画、6作品が
「ニューヨーク・フェスティバル」で過去最多受賞の快挙!!

[2014年5月8日更新分]


テレビ制作の番組・映画、6作品が国際的なメディアコンクール「ニューヨーク・フェスティバル」で過去最多受賞の快挙を成し遂げました。東日本大震災ドキュメンタリーほか、社会/時事問題を深く追求した作品が国際的にも高く評価されたことになります。

【受賞作品】

金賞 『ザ・ノンフィクション 特殊清掃人の結婚~“孤独死”が教えてくれたこと』
銀賞 『わ・す・れ・な・い 伝え継ぐ映像記録2013』
銀賞 映画「遺体 明日への十日間」
銀賞 映画「ラーメンより大切なもの~東池袋大勝軒50年の秘密」
入選 ドラマ『最高の離婚』
入選 『ザ・ノンフィクション わすれない~明日の君に逢いたい 2013夏~』


1957年に発足した「ニューヨーク・フェスティバル」は、テレビ番組以外にも映画、ラジオ、広告、インターネットなどのあらゆるメディア表現を評価の対象としている国際的なメディアコンクールです。例年、世界50カ国から多数の作品のエントリーがあり、優秀作品に金賞・銀賞・銅賞などが授与されています。
今年はフジテレビの番組から金賞1作品、銀賞3作品を含む、6作品が入賞し、出品史上、最多受賞という快挙で、フジテレビコンテンツの質の高さを誇る結果となりました。授賞式は4月8日(火)夜、米・ラスベガスにて行われました。

【金賞】

<タイトル> 『ザ・ノンフィクション 特殊清掃人の結婚~“孤独死”が教えてくれたこと』
(2013年1月20日放送)
<内容>
日本では、誰にも看取られず一人死にゆく「孤独死」が急増し、社会問題になっている。そんな壮絶な死の現場で、故人の遺品を整理し、部屋にこびり付いた悪臭を取り除くのが「特殊清掃人」だ。これまで2000件以上の現場を経験してきた一人の特殊清掃人。彼はそんな都会の孤独に向き合い「自分の家族を作らない」ことを信条として生きてきた。しかし壮絶な死の現場から見えてくる人生の哀しみを垣間みるうちに、その人生観が変わっていく…。

チーフプロデューサー・味谷和哉氏(フジテレビ情報制作局)は、「この作品は、常に人の“死”と接している特殊清掃人が、“大切なもの”に気付いていくという物語です。そんなに派手ではない素材ですが評価していただき、あらためて人は国籍を超えて、どこかでつながっているのだという思いを強くしました。これからも見ていただく人に何らかの“気付き”を与え続けることのできるドキュメンタリーを目指したいと思います」と今後も現代社会の様々な問題をえぐり、視聴者に提起する心意気を語りました。

【銀賞】

<タイトル> 『わ・す・れ・な・い 伝え継ぐ映像記録2013』(2013年3月10日放送)
<内容>
東日本大震災から2年、“津波”の検証を続けてきた番組の第4弾。今作は最大の犠牲者を出すことになった宮城・石巻圏の映像と証言を精緻に検証し、これまでの放送で見えてきた“津波の姿”や最新の科学的知見も交えて、新たな教訓を導き出す。あの未曽有の災害を、忘れずに伝えていくために。

プロデューサー・大野高義氏(フジテレビ情報制作局)は「『わ・す・れ・な・い』は、東日本震災を決して忘れないという思いで、制作を続けているシリーズです。この番組が、こうした賞を受賞したことをとても光栄に思います。今回の受賞をきっかけに、あの震災を忘れないという思いを世界中の方々にも共有していただければと思っています」と、引き続き震災関連に寄り添うコメントを出しました。

【銀賞】

<タイトル> 映画「遺体 明日への十日間」(2013年2月23日公開)
<内容>
東日本大震災により発生した津波が岩手県釜石市を襲った。遺体安置所に次から次へと運ばれる仲間たちの「遺体」に呆然とする市民たち。しかし、一人の男の「遺体には生きている人と同じように接しなさい」と語る言動に、絶望の中にあった人々の気持ちに変化が。終わりの見えない震災に向き合った生存被災者たちの勇敢な記録。

エグゼクティブプロデューサー・種田義彦氏(フジテレビ映画事業局)は、「この作品は“忘れない”ための記録です。 テレビ局の映画部門でありながら、報道という形とは違う“劇映画”ならではの表現方法で、そこにある“真実”を残したいと考えました。この映画が未来にわたって全世界の人々に語り継がれることを願っています。 “忘れない”ために」とテレビではない分野で、メッセージを発信できた喜びを語りました。

その他にも下記の作品が受賞・入賞に至りました。

【銀賞】 映画「ラーメンより大切なもの~東池袋大勝軒50年の秘密」
【入選】 ドラマ『最高の離婚』
【入選】 『ザ・ノンフィクション わすれない~明日の君に逢いたい 2013夏~』

東日本大震災から3年経っても、フジテレビは継続的に震災で学んだ教訓を発信し続け視聴者に寄り添っています。また、震災だけではなく、現代社会が抱える問題についても視聴者に問題提起し続けていく番組を手掛けて参ります。
世界的に権威のある海外賞にこうした番組をどんどん出品していくことで国内にとどまらず世界にそのメッセージを発信して行くことに、これからも貪欲に挑戦して行きたいと考えています。

文:原 礼子(フジテレビ 国際局)

Copyright © Fuji Television Network, Inc. All rights reserved.