フジテレビのCSR活動

2013年度活動報告

2013年度活動報告TOP
TOPICS
社会貢献活動
環境
災害支援
番組
TOP2013年度社会貢献トピックステレビ局の美術ってこんなに楽しい!美術制作局がデザインフェスティバルを開催!
2013年度社会貢献トピックス

テレビ局の美術ってこんなに楽しい!美術制作局がデザインフェスティバルを開催!

[2014年3月18日更新分]


「もっとテレビ美術を知ってもらいたい。楽しんでもらいたい。もっといろいろな人達と交流して、より広がりのあるデザインをしたい。もっとテレビ美術を目指す若者が増えてほしい」
フジテレビデザインフェスティバルは2月14日~23日、フジテレビ1階にて展示・イベント・講演の三つの柱で行いました。昨年の好評をうけ、今年で第2回目となります。

展示は、フジテレビを代表する番組がいっぱい詰まった宝箱をイメージ!

今年の展示は、「テレビノヒミツ展」と題して、テレビデザインの裏側で、デザイナーたちが、何を考え、何を伝えようとしているのかを知ってもらう企画を心がけました。
さらに、メディアコープ(シンガポール)、MBC韓国文化放送(韓国)からも、展示に参加していただきました。

イベントでは、実際のスタジオセットを見学!

「フジテレビの番組の裏側を知ってもらいたい」テレビセットお楽しみツアーで、実際のセットをスタジオ見学し、担当したデザイナーが、直接、制作意図を解説したり、質問に答えたりしました。当日は、大雪にもかかわらず、たくさんの方が参加してくれました。

現在、月9で放映中、『失恋ショコラティエ』監督とデザイナーが講演!

2007年の『ライアーゲーム』以来、コンビを組んできた松山監督と坪田デザイナーによるスペシャル対談を企画。ライアーゲームのセット空間の出来上がる行程や最新の『失恋ショコラティエ』の舞台裏まで、ここでしか聞けない話で会場は大いに盛り上がりました。

今回は、週末の天候が悪かったにもかかわらず、たくさんの方に参加していただきました。少しずつ、認知度が上がってきたような気がします。
これからも、テレビ美術というニッチな世界をより広く知ってもらうとともに、フジテレビの番組に対して、新たな視点で、より親近感を持っていただけたらと思います。

文:平井秀樹(フジテレビ 美術制作センター)

Copyright © Fuji Television Network, Inc. All rights reserved.